| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アメリカの夏休み

猛暑日が毎日つづきますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
お酒好きの方は 「生ビールが一層おいしく感じられる気候」 となりましたね。

Santa-Monica_3rd_Street_Promenade_1.jpg
今年はアメリカに滞在する機会に恵まれ、日本の酷暑から少しばかり回避しています。
現在のロサンゼルスは日中の日差しは強いけど、朝夕は快適にジョギング出来るくらい過ごしやすい毎日です。

Monica_3rd_Street_Promenade_2.jpg
こちらの学生はただ今夏休み期間中で、繁華街ではショッピングを楽しむ人、郊外ではアウトドアレジャーを楽しんでいる人など、普段よりもティーンの姿をよく見かけるようになりました。

ティーンエイジャーのファッションに注視すると、西海岸ではTシャツにデニム素材のショートパンツスタイルが一般的で、昔にくらべると極端に太った人はあまり見かけなくなった印象です。

Monica_3rd_Street_Promenade_3.jpg
男の子たちはTシャツ+丈パンツにリュックを背負うスタイルが一般的で、男女とも基本スタイルを統一しつつ、色や細かいディティールの部分で差別化を図っているようです。(画像の男の子は20代前半かも)

Festa_Beer_Truck_1.jpg
アメリカの夏も日本の夏と同じで、地方都市などで様々なフェスタやイベントが
週末に行われています。

一般的には中央の広場に音響設備の整ったステージを設営し、歩行者天国になった道路沿いにはフードトラックや屋台が立ち並び、ファストフードや雑貨類を売っているのが基本スタイル。

そこには家族連れや犬を連れたお父さん、仲間同士でおしゃべりしている若者の姿を見受けられます。(画像はノースカロライナ)

生ビールを思いっきり飲みたい人も安心してください。
特設ビール売り場もちゃんと準備されています。

Festa_Beer_Truck_2.jpg
ビール売り場のレジの裏には巨大なビールサーバーがあり、
いろんな種類のビールに対応すべく、10以上の蛇口が取り付けられていました。

Festa_Beer_Truck_3.jpg
実はこの巨大なビールサーバーの正体は 「トレーラー」 なんです。
トラックの種類を言い表すならば、「移動式ビールサーバー車」 と呼ぶのだろうか・・・
いかにもアメリカらしい光景です。

ちなみにトラクターの車種は 「International 4000 series」 
1989年から2001年頃に製造されたモデルで、今では後継機種のInternational Durastarに代替えされ、見かける機会が少なくなってきました。

Los-Angeles_110_Free_way_1.jpg
話は変わりますが、
ちょっと前の西海岸といえば、1970年代のアメ車やピックアップが結構街中を走っていたけど(ボロボロの車が)、最近ではあまり見かけなくなり残念です。

これまで低賃金で働くヒスパニック系労働者がボロ車を乗っていたんだけど、今は壊れなくて燃費のいい日本車のエントリーカーなどを普通に乗っていたりするし、Uber(自動車配車アプリでの配車サービス)が充実しているおかげで安価で送迎してもらえたりと、車の所有環境もどんどん変化しています。

画像のToyota Supraもアメリカではなかなか見かけませんね。

Los-Angeles_110_Free_way_Peterbilt_359.jpg
ハイウエイを走行する大型トラックも 「エアロフォルム系のボンネット型」 ばかりで
個性がなく、画像の 「Peterbilt 359」 など、各社の1970年代車は絶滅寸前の状況。

Los-Angeles_Mack_R.jpg
1990年頃まで生産されていたMack Rシリーズ(画像はRD)でも、すでに代替わりをしていてほとんど見掛けません・・・

車にしても消費者にしても、どんどん若い世代が台頭してくるようになるのは嬉しいのですが、古い世代が日常から消えてしまうのはいささか寂しいものですね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ご連絡

読者の皆様へ

私毎ではありますが、この度4月に転勤を命じられ、引越しや業務引き継ぎ等があったりと、なかなか落ち着く暇がありません。 

安定した生活に戻るまで、なかなかブログの更新が出来ませんが、何卒よろしくお願いします。

Fuso_canter_etc 1

| 未分類 | 19:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

群馬の旧車たち

先週は群馬県にキャベツ収穫の様子を見にいったのですが、目的地に着く前から雨が降り出し、肝心のキャベツ収穫シーンを見ることはできませんでした・・・

周辺を散策してみると、思いのほか懐かしい小型トラックやトラクターなどを見る事ができて、こちらの収穫は豊作といったところでしょうか。 

今回は車種別の紹介は省き、目撃した車種の一部をご紹介。

Toyota_Dyna_Gunma_1.jpg
【Toyota Dyna】1972年から1977年頃にかけて生産された3代目ダイナの幅広ロングで、キャベツの箱を沢山積めるように全高の高い幌荷台にしています。

草に覆われているせいで不動車のように見えますが、まだまだ現役のようですね。

Toyota_Dyna_Gunma_2.jpg
【Toyota Dyna】上のダイナがモデルチェンジを行い、近代的なキャブスタイルに変化したもので、1977年から1980年頃のダイナです。ボクシースタイルのキャブデザインのおかげで、あまり古臭く感じないですね。

風の強い日に運転するのは怖い気がします。

Toyota_Hiace_Gunma.jpg
【Toyota Hiace Truck】1985年にフルモデルチェンジされた3代目ハイエーストラックは、ダイナやトヨエースのキャブを流用して生産された車両で、1995年まで生産されていました。 特に珍しい訳ではありませんが、1トン積クラスの4WDトラックということで、 このエリアで生息している個体が多かったです。

Isuzu_ELF_Gunma_1.jpg
【Isuzu ELF】寅さんエルフで親しまれている3代目エルフの中期型ダンプで、1978年から1981年頃にかけて生産された車両です。関東地区ではこの型の現役車が少なくなってしまいました。

Mazda_Titan_Gunma_1.jpg
【Mazda Titan】1977年から1980年にかけて生産された初代タイタンの後期型ですが、上のエルフに比べるととても古臭いスタイルです(褒め言葉)。

三角窓やドアノブなど、レトロチックなディテールが70年代車の特徴を表しています。フェンダーやステップ周りの傷みが目立ちますね。荷台に積んでいるのは農薬散布用のタンクですかね。

Mazda_Titan_Gunma_2.jpg
【Mazda Titan】1980年から1984年に生産された2代目タイタンの初期モデル。こうして見ると、もう30年近く前のトラックになるんですね。ルーフキャリアと幌ボディはこの辺りでは定番の仕様です。

Canter_Gunma.jpg
【Mitsubishi Canter】1982年から1985年に生産された黄金キャンターと呼ばれる4代目キャンター後期型。黄金キャンターといえば魚の知識で有名な”さかなクン”の愛車(2トンダンプ)でもあります。さかなクンは魚に興味を持つ以前よりトラックに興味を持っていたようです。

このキャンターはワイドキャブのロング仕様ですね。
黄金キャンターも最近は目撃する頻度も少なくなりました。

Fiat_450_Gunma_1.jpg
【FIAT 450】70年代に生産されたと思われるFiat製トラクター。
昔は国産大型トラクターが無かったので、海外製トラクターが多く輸入されました。ユニークなヘッドライトが愛くるしいのですが、夜間の作業では物足りないためか、ボンネット上にライトが追加されていました。また、収穫したキャベツは箱に入れて、トラクター後部の場所に積み上げて運びます。

Hino_KL_Gunma_1.jpg
【Hino Ranger KL】近所の牧場地帯には日野レンジャーKLダンプの姿も。
ナンバーは外されており、キャビンには錆も出ていますが、現役で働いていました。

Hino_KL_Gunma_2.jpg
【Hino Ranger KL】最後に派手な日野レンジャーKLを。
車内にはお茶の入ったペットボトルが見えることから、今でも農機具を運ぶために使われているのだろうか・・・

バンパーとして取り付けているのはガードレールのようですね。

| 未分類 | 12:55 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【番外編】 24年前の伝説の走りが蘇る

古い商用車を取り扱う当ブログに関係のない記事ですが、
今、モータースポーツファンの間で話題のCM映像に衝撃と感動を覚えました。

1989年 Formula-1 日本GPの予選で、Mclaren Honda MP4/5を操るアイルトン・セナが鈴鹿サーキットのコースレコード(当時)を樹立するスーパーラップを叩き出し、2位のA.Prostに1.7秒の差をつけてポールポジションを獲得しました。

この時のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを元に、鈴鹿サーキット1周分のエンジン音を再現。エンジン音は動態保存されている実車より音を収録したほどのこだわりよう。さらに、実際の鈴鹿サーキットのコース上にスピーカーとLEDライトを設置し、アイルトン・セナの最速ラップをエンジン音と光の演出で再現した。

Sound of Honda - A.Senna 1989

一般的な発想であればCG動画で再現するところですが、本物の鈴鹿サーキットを使い、音と光で伝説の走りを再現するという発想と、プログラミング、機材の設置作業など、スケールの大きさにビックリ。

このCM映像は約1ヶ月の間に約170万の再生回数という多さで、特に海外からのアクセスが多いのも特徴です。

Mclaren_Honda_MP4-5.jpg
画像はツインリンクもてぎに展示されていた1989 Mclaren Honda MP4/5。
(カーナンバー1がA.Senna車で、2がA.Prost車)

1989年 日本GPの決勝では47周目のシケインで、トップを争うA.SennaとA.Prostが乗る2台のMclaren Honda MP4/5が交錯。しかしA.Sennaはレースを諦めず、オフシャルにマシンを押してもらいシケインをショートカットしてコースに復帰。

ピットインしてフロントカウル交換している間に順位を落とすものの、怒涛の追い上げにより1位でチェッカーフラッグを受けるのだが・・・

A.Sennaのレースリザルトは失格。

失格の原因はシケインのショートカットによるもの。また、同僚のA.Prostとはこの日を境に犬猿の仲となってしまうのでした。

Mclaren_1990.jpg
翌1990年、生でF1を見たかった私は鈴鹿サーキットに足を運んでいました。
しかし決勝レースではスタート直後の1コーナーでA.SennaとA.Prostが再び交錯しリタイヤ。A.Senna選手の走りは約8秒で終了となる大荒れのレースでした。(涙)

画像は決勝レース後のピット前の様子

A_Senna_1990.jpg
レース終了後、ピット裏でA.Senna選手と遭遇。”そっとしておいてくれ”というオーラがプンプンで、声をかける事も出来ず、写真を撮るのがやっとでした。

| 未分類 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【関口マグティラック】 とってもキュートな小特車

小型特殊自動車といえば農作業用の作業車をイメージするのだが、農薬噴霧車(スピードスプレヤー)などの個性的なスタイルをもった乗り物が多くて奥深いジャンルです。
しかし、このジャンルへの興味を持つ人は聞いたことがないし、情報量が豊かな現代においてもあまり詳しい記述がないのが現状。

以前、埼玉県でとってもキュートな小型特殊自動車を見かけたのですが、車名や製造メーカーなどの手がかりが無く、謎多き車両として画像庫に放り込んだままでした。

Magtiluck_1.jpg
最近になってやっと名称が分かったのですが、㈱関口フレーム製作所(当時)が製造した”関口マグティラック(型式名:関口MAG)”でした。

一人乗りのシート下にセル付きシバウラ製250cc・5馬力エンジンを搭載。リア駆動の2WD駆動方式を採用し、最高速度は15km/h弱らしいです。 この手の車両はバーハンドルが多いのですが、丸ハンドルを採用しているのをはじめ、ブレーキも油圧式でワイパーや保安灯火類も一応取り付けられています。ダンプ架装の荷台は最大積載量が500kgと軽自動車以上の積載量を誇っています。

乗用型農用運搬機なので車体制限や速度制限などがあるのですが、税金は軽自動車税で車検もないので、維持費の負担は軽いのが特徴。でも新車で買おうとすると軽トラック並みの値段がするのがネックなんですよね。

何といってもこのルックスがカワイイですね。
屋根とドアはかっての”バモスホンダ”を彷彿させるような幌?ビニール?製で脱着が可能。乗り込む際にはファスナーを開ける方式を採用。

Magtiluck_2.jpg
実は石川県でこの車両を発見した際に、シート下のプレートからこの車両の名前が分かったのです。この車体は一枚目の車両よりも古いようで、1970年代後半のハイゼットトラックのような合わせホイールを使用していました。本来ならば後輪はダブルタイヤ仕様ですが、外側のタイヤを外してシングルタイヤ仕様になっていました。またフロントパネルの中央は凹み形状となっているのも違っている点です。

私の実家にも1980年代にこの手の車両があり、ビニールハウス内の整地や牛糞等の肥料を撒くのに使っていました。

Magtiluck_3.jpg
製造会社である㈱関口フレーム製作所(旧名称)は昭和30年4月に群馬県で創業された会社で、農業用の小型運搬車両などを中心に製造・販売してきました。 ところが、国内の農産業の衰退と輸入製品の価格競争力に対抗できなくなったことなどから事業内容を変更し、2010年に複合型産業廃棄物加工施設に新しく生まれ変わり、社名も㈱関口フレームとなっております。

| 未分類 | 20:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。