| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Ural 375】 旧ソビエト連邦時代の6×6トラック

現在、ソチ冬季オリンピックが開催されていますが、連日のメダル獲得など日本人選手の頑張りに”パワー”を頂いております。 これまでの夏冬のオリンピックといえば、女性選手中心に話題になっていましたが、今回のソチでは男性陣の活躍が光っていますね。

さて、ソチといえばロシアの避暑地、ロシアと言えば旧ソビエト連邦、旧ソビエト連邦といえば冷戦時代には悪役のイメージ(教育環境の影響)が刷り込まれ、「寒い土地で娯楽も少なく人々は暗い」という印象を抱いていました。

ところが数年前にロシアの首都モスクワを訪れた経験等で、ロシアの印象が大きく変わったのです。分かりやすく表現すると「大雑把でテキトー」「強引で無神経」柔らかく表現すると「ダイナミック」かな。

モスクワ空港でタクシー手配してもらったら、カローラクラスの小型タクシーが現れたんですよ。トランクにはスーツケースが2つしか入るスペースがないのに、無理やりあと3個載せようとしてスーツケースが割れたことがありました。

また、そのタクシーが大渋滞にはまり、仕事会場に着いたのが夜の9時過ぎと大幅に遅れ、現地の女性スタッフ(美女)が「夜食を頼むからこのメニューから好きなものを選んで」と言ってきたので、好きなものを選んで30分近くお腹を空かして待っていると、その女性がやってきて「お店は9時で閉まっている」と悪びれる様子もなく言ってきたり…

Ural_375_1.jpg
さて、ロシア製トラックといえば「時代遅れで軍用関係で開発された車両」のイメージが強いですね。

第2次世界大戦辺りまではアメ車を参考にした自動車車開発を行っていましたが、冷戦時代に入り欧州等から車の輸入が制限されたため競争が無く、モデルチェンジのペースも遅くなり次第にロシアの自動車産業が時代遅れになってしまったのです。

画像はロシアで撮影したURAL自動車工場製の「Ural 375」全輪駆動トラックです。軍用車だけにへたに撮影すると捕まったり、撃たれそうなので遠方より撮影。

Ural_375_2.jpg
この2台の「Ural 375」はベルリンで撮影したもの。

ロシアは春になると雪が溶け出し、舗装されていない道路は泥濘になり、あちこちで川ができます。車体設計は古くてもそういう道路状況でもカンガン走れるような車体造りはさすがですね。「Ural 375」は軍用車だけでなく、木材運搬用として使用したり、スタックした車両を救助するためのレッカー用などロシアでは広範囲に使われています。

ボンネットの右側からキノコみたいなものが生えていますが、これは水没してもエンジンが空気を吸えるようにしたシュノーケルで、農業用トラクターのようなタイヤと合わせて、かなりスパルタンな印象を受けます。

Ural_375_4.jpg
指揮通信車や兵員輸送用として荷台にはプレハブのような箱型キャビンを乗せていているのですが、幌荷台だと寒い土地柄なので兵隊さんが凍死するのかな。

Ural_375_3.jpg
ホイルの中央(ハブ)からタイヤのバルブにかけて変なパイプが付いていますが、これは「タイヤ空気圧制御装置」というもので、悪路での走破性を高めるために全てのタイヤに取り付けられ、運転席からの操作で空気圧を調整するものです。

技術は戦争によって進歩するのが多いのですが、人間が競うオリンピックがあるのなら、技術を競うオリンピックも大々的にやらないのかな?と思います。 そうしたら日本勢は結構強いかも。


【Ural 375 4.5t積】
推定年式 1965-1976年

1965年、戦後世代の軍用トラックを近代化するため「Ural 375」トラックが開発された。
1969年、改良型(汎用型?)の「Ural 375D」を開発し、軍用/民間用として使われる。
1976年、Ural 375をベースに「Ural 4320 6t積」を開発。
4320は現在でも継続して生産が続けられているらしい。
スポンサーサイト

| Russian trucks | 23:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ボルボ F16】 80年代後半の旗艦トラック

高速道路のSAやPAなどで、国産大型トラックに混じって見かけることがある外国製の大型トラック。平成以降に日本で販売していた海外のトラックメーカーは「Mercedes-Benz」「Scania」「Volvo」といったところですが、Mercedes-Benzは現在、日本市場から撤退してしまいました。

Volvoの大型トラックといえばFH/FMですが、その前身であるF16をご紹介します。
1989年にいすゞとボルボトラックが輸入販売を締結。これによって1990年5月よりいすゞの販売店を通してホルボF16が発売されたのでした。
(販売終了は1994年頃だったかな?)

Volvo_F16_1.jpg
今ではほとんど見かけることが無くなったボルボF16(6×4)を北海道で発見。
だだっ広い駐車場に置かれていた重量物運搬車ですが、他に気になる車両があったために遠目から撮影したのみです。もうちょっと細部を見ておけばよかったと後悔。

このボルボF16は1987年に刷新された大型トラック。
最大出力400馬力以上クラスの欧州トラックメーカーに対抗するために、4バルブ直列6気筒インタークーラー付ターボのTD162Fエンジン(465馬力)日本仕様はTD162FJ(450馬力)と、最新の12速ギアボックスを採用。また、ABSなどの安全装備も搭載されていました。

キャビンは空力性能を突き詰めたというよりは室内空間の確保を優先にしたようで、スクエアなデザインとなっています。

Volvo_F16_2.jpg
同じく北海道で見かけたボルボF16(4×2)。
関東ではボルボF16を見かけないけど、北海道では少数が走っているようです。

上の写真のノーマル車もいいのですが、画像のF16はディティールアップによって更にカッコよくなっています。鏡面仕上げのフロントバンパー、ステップ、フェンダー周りは、塩害地のための錆対策かもしれませんね。

欧州トラックでは一般的な10穴スタッドにアルミホイール、更には煙突マフラー(Smoke Stack)が取り付けてあるせいでアメリカンC.O.Eのようにも見えますね。

Volvo_F16_3.jpg
こちらは三重県の運送会社の正門横に鎮座してあるボルボF16。
現役を退いてから数年が経過しているようですが、目立った痛みもないようです。

| Volvo (sweden) | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Volkswagen TARO】 ベルリンの壁を跨ぐハイラックス!?

久々の欧州トラックネタですが、今回はマニアックな所を攻めてみます。

2009年9月、ベルリンに5日間くらい滞在していた時に、カメラを持って恒例の早朝散歩をしていました。ベルリンといえば1989年にベルリンの壁が崩壊し、東西のドイツが一つになった象徴的な出来事があり、この日の私の散歩コースはベルリンの壁の跡を辿っていくコースをチョイス。

現在、取り壊されたベルリンの壁の跡地はレンガを敷き詰めて残されており、どこが西側だったか、東側だったのかが分かるようになっています。

レンガの上を歩いていると、路駐している邪魔なハイラックスがあるではないですか。

ハイラックス!? あれ?

VW_TARO_1.jpg
フロントグリルの中央には、トヨタのエンブレムではなく、フォルクスワーゲンのマークが付いている・・・

帰国後にこの車について調べてみると、初代ゴルフをピックアップにしたVWキャディに置き換わる形で、トヨタとの技術提携によって生まれたのが、この「Volkswagen TARO」だったのです。

TAROは1989年に登場したものの、販売台数が伸びずに1997年に生産を中止。
VWはその後、しばらくこのクラスのピックアップトラックを持つことはなかったのですが、2009年に南米を中心とした市場の開拓として「Volkswagen Amarok」を投入しています。

外観上では、欧州法規に合わせて灯火類、ワイパーの向き、ミラーなどが違っていますが、ハイラックスそのものなので、貴重な車とは言い難いのですが、物凄くレアな車に感じました。”TARO”というネーミングは、日本男児の名前を表す「太郎」からきているのですが、なんとなく残念な気分。

※車両の下のレンガがベルリンの壁の跡

VW_TARO_2.jpg
機動性の富むTAROは、サービス業、農業、造園業、建設業などに広く使われたそうで、画像のような特装車両はとても珍しく、ネット上でも見た事がありません。

高所作業車にも見えるのですが、高所ビルと地上とで荷物のやりとりをする車にも見えますね。キャビン後部には一応かわいらしいサイズのアウトリガーが取り付けられており、高所作業中の安定を図れるようになっています。

Hilux_TARO.jpg
参考として、日本で撮影した5代目トヨタ・ハイラックス(1988-1997)の画像です。
日本ではピックトラック市場が死んでいることもあって、最近では国産ピックアップを見るのも珍しくなってきております。 場所は茨城県の漁港町、小ぶりの冷凍庫、スピーカーが可愛いですね。

| Volkswagen (GER) | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Mega Truck】 フランス製の小粋なトラック

自動車業界は低炭素社会の実現に向けて、大手自動車会社も電気モーターを利用したEVの開発・販売をするまでに至りました。とはいってもEV自動車は100年以上も前に発売していたものの、内燃機関との競争に一度敗れた歴史があります。

いつかは石油枯渇による燃料費アップとEVインフラが整うことで、EV車の普及が一気に進むのは間違いないのですが、それがどのタイミングなのかは誰も予想できていません。

Mega_Truck_1.jpg
国産商用車においてのEV自動車は2011年末に”MINICAB-MiEV”が発売されましたが、海外に目を向けると私たちの知らないEV商用車があります。

その一台がこれ、「Mega Multi truck」

フランスに本拠を置くエクサム・メガ社(1983年創業)は、無免許で運転できるクワドリシクル(マイクロカー)の分野ではトップシェアを誇り、乗用車のエクサムと商用車のメガの2つのブランドを持つ企業です。マルチトラックはパワートレインをフロントに搭載し、EV、ディーゼル(クボタ製)、ガソリン等が選べ、パネルバン、ピックアップ、ダンプなど様々なボディを用意しているのが特徴です。

ドイツ シュトゥットガルトで撮影したMega パネルバンは、BIONADEというオーガニック清涼飲料水を運搬するボトルカーとして使われている車両のようですが、同行していたドイツ人にMegaについて尋ねると、「知らない・・・」と素っ気ない返事。

Mega_Truck_2.jpg
クワドシクルの車両規格によって、エンジン車は400cc以下、最高速度45km/hまでという縛りがあり、普通車との混合交通の中では邪魔な存在かもしれませんが、EVと低排気量ディーゼルを搭載しているので”環境アピール”には好都合なのでしょうね。

各機能部品毎のモジュールを部品メーカーから調達し、組み上げたような構造を採用し、車体はアルミ製ラダー・フレームに、樹脂製のボディが搭載されています。(着色されたボディはウレタン樹脂製のようです)

日本でも2011より、正規日本代理店であるエクサム・メガ・オートモビル・ジャパンから日本の軽規格に合わせてMegaを発売しているようですが、未だに一台も見たことがありません。

日本での車両価格(価格は発表当時)
EV車(シャーシ・キャブ)リチウムイオン電池仕様(助成金対象)485万円~
EV車(シャーシ・キャブ)鉛電池仕様(助成金対象外) 285万円~
ガソリン車(シャーシ・キャブ)189万円~

軽トラックであれば60万円から買えるので、価格的に大きなハンデがありますね。
それとEV車の問題点はヒーターによる暖房が不得意なので、キャンピングカーで使っているような”べバスト・ヒーター”のようなものを付けないと冬場は辛そうです。

| Other European | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【KAMAZ】 見た目は古いが・・・

その昔、乗用車領域はレースで培った技術を市販車にフィードバックしながら進化しましたが、トラックの場合は軍用車で培った技術により走破性や耐久性を高めました。

今回取り上げる KAMAZ は、元々ロシアで軍用車を作る国営企業のような存在で、米ソ冷戦時代(1945-1989)には相当の需要と開発資金が流れていたと想像できます。ところがソ連崩壊(ロシア誕生)とともに軍・国営/公営企業等からの有効需要が激減したこともあり、中・大型トラックの需要が著しく落ち込んだそうです。

「KAMAZなんて聞いたことが無い」と思う人が大多数と思いますが、過酷なラリーで有名な「パリダカ」では常勝軍団として君臨しているのです。軍用トラックの製造技術で得た高い走破性を生かし、デザートや大きな段差をいとも簡単に走破する姿は圧巻です。

Kamaz-1.jpg
画像はKAMAZを代表する大型トラックの4/5シリーズ。
(Kamaz 53212と推定 / 2005年6月 ロシア)

日本のバンよりも全長が短く、キャブ後方にはハイマウントされたエアクリーナーが印象的です。キャブスタイルは直線基調でポン付けされたベッドスペースは暫定的なもの。さすがに古臭く感く感じますね。

ロシア郊外は道路網が発達していないため、ちょっとでも雨が降ると泥濘になるし、冬になると凍結した路面を走行するのが当たり前になります。また軍事的な理由なのか橋が少ないので、時には川にトラックのまま飛び込み横断する必要もあります。このような現地事情によりトラックには走破性と耐久性とエアクリーナー位置(水没しても動ける)が重要な設計要件になっているのです。

幹線道路であれば欧州からやってきたトレーラーを見かけることもあります。

Kamaz-2.jpg
こちらは Kamaz 55111 6X4 Dump (2007年8月 ロシア)
痛んだ路面を削り取り新しく舗装をしているのですが、春になるとこうした工事がいたる所で見かけます。というのはロシアは今でもスパイクタイヤを装着しているので、アスファルトを痛めやすいのです。

アーミー色のダンプをよく見かけますが、いざという時に軍用車両としても使うつもりなのかな?

Kamaz-2.jpg
Kamaz 55111 6X4 Dump (2005年6月 ロシア) 
こちらのダンプ荷台は左右にもダンプできる「三転ダンプ」でしょうかね。


【Kamaz Series 4/5】
推定製造期間 1976-1994年頃

1976年、トラック、バス、軍用車両等を生産するKAMAZ(カマ自動車工場)を成立。
組立ラインから最初に送り出したモデルと言われている。
搭載するエンジン例としてV型8気筒ターボディーゼル10.85 L(240ps)等があるがその他の詳細は不明。


Kamaz-2.jpg
どことなく”三菱ふそうザ・グレート”に似ているので、顔面をスワップさせてみました・・・

| Russian trucks | 12:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。