| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【トヨタ コースター】 旧式のバス型キャンピングカー発見!

5、6年前より軽自動車を改造してキャンピングカーに仕立てた「軽キャンカー」がTV等のメディアで紹介され、維持費の安さから安定した販売が続いています。 また昨年はホンダからN BOX+という気軽に車中泊ができる軽自動車も発売され、市場の反応もまずまずの様子です。

こうした背景には、定年退職後のリタイヤ世代が夫婦二人で”時間に束縛されない気軽な旅をしたい”という気持ちによるもので、好きな温泉に入って、好きな地元メシを食べて、観光地には人が混む前に到着したりと、その日その時の気分で自由に旅を修正出来る事が最大の理由です。(もちろん宿泊費の節約もありますが・・・)

我が家でも妻や子供たちが「キャンピングカーっていいよね!」という話題になるのですが、私の理想では2代目エルフやVキャンなどのトラックのキャブ(運転席部分)を使用し、後部に居住部分を架装したキャンピングカーで旅をしてみたいです。

COASTER_Camper.jpg
前置きが長くなりましたが、北陸方面の温泉に向かう途中、コインランドリーや弁当屋、スーパーが立ち並ぶ駐車場の端に停められた初代コースターを発見!

初代コースターといえば、旅館、料亭、レンタカーで良く見かけたものですが、最近は綺麗な現役車の姿はほとんど見かけなくなってしまいました。 最終モデルでも30年以上が経過しており(製造終了が1982年)、さすがにお客様相手の商売には故障の不安が拭えません。

このコースターの扉上部にサイドオーニングが取り付けられ、ハイルーフのさらに上にはルーフエアコンのようなものが取り付けられていることから、マイクロバスをキャンピングカーに改造した”バスコン”と判明。

スペアタイヤがフロントバンパー下に取り付けられているのも独特の雰囲気ですね。
カラーリングから判断すると1981年頃のモデル末期のコースターのようです。

【Toyota Coaster High-roof (J-RB13)】
推定製造期間 1981-1982年頃

1969年2月3日、「ライトバス」をフルモデルチェンジして新たに「コースター」の名を冠して発売した。 コースターという名称は「沿岸貿易船」「巡航船」という意味である。 コースターは小型トラックの「ダイナ」をベースにホイールベースを270mm延長、フロア面を下げて居住性の大幅な向上を図った。 エンジンは5R型2ℓガソリン(93ps)と、J型2.5ℓディーゼル(70ps)の2機種を用意し、標準車の乗車定員は26名としている。

1970年2月10日、コースターに運転手の乗降に便利な運転席扉付車を追加した。

1970年10月19日、コースターに搭載されている5R型ガソリンエンジンの馬力を93psから98psに向上させたのと同時にアウトサイドミラーを可動式とした。

1972年2月10日、拡大するディーゼルエンジン車に対応するべく、J型ディーゼルエンジンに変えて新開発のB型エンジンを採用した。また、ラジエーターグリルの変更、フロントのベンチレーションホールの廃止などが行われた。

1977年、小型トラック「ダイナ」フルモデルチェンジに合せ型式がB10系に変更された。この変更によりホイールベースはさらに延長され、居住性を向上させたほか安全性を強化している。 また、外観が踏襲されているため従来型との判別は難しい。

1979年11月5日、昭和54年排出ガス規制・同騒音規制の対応と大型サイドミラーを採用するなどの変更を行った。 同時にコラムシフトからフロアシフトに変更し、操作性の向上を図っている。

1982年5月、2代目コースターの登場により販売を終了した。


絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 福井県
撮影日 2013年5月
スポンサーサイト

| Small-size Buses | 00:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそう MK116F】 レジャー客輸送用のモノコックバス!

先日、紅葉しはじめた群馬県の山岳地域を走っていると、ある温泉地に駐車している自家用中型モノコックバスが居ました。

昨今、モノコックバスの生存は緑ナンバー営業車は絶滅しつつありますが、白ナンバーの自家用車はこうした温泉地などの送迎用としてたまに見かけることがあります。

Fuso_MK116F_1.jpg
ホディ形状から、以前栃木県で見かけたMK115Fかな?
三菱ふそうMK115Fと最初は思ったものの、MK115Fに対して昭和54年排出ガス規制(K-)適合したモデル、K-MK116F(1979-1981)のようです。(ボディ架装は呉羽)

MK115FとMK116Fの見分け方として、一番わかりやすいのがウインカー横のエアインテークの形状ではないでしょうか。MK115Fは弁当箱の蓋のようなものを開閉するのに対し、MK116Fはエアコンのルーバーのようなタイプになっています。

Fuso_MK116F_2.jpg
使用用途を書くと所在地が判明するので控えておきますが、自然を楽しむレジャースポットまでお客様を運ぶ目的で導入されているようです。ナンバーは3ケタ化された後に取得したようで、中古車を登録したようです。

小型のリヤテールランプは私の世代にとっては懐かしいです。
リヤに搭載されているエンジンは6D15型(直噴6気筒6.919cc、170ps)で、中型トラックの三菱ふそうFKにも一部グレードに同じエンジンが搭載されています。

Fuso_MK116F_3.jpg
呉羽製の中型バスボディとしては最後のモノコック構造。
古臭く感じたリベット処理も、今では”やさしい雰囲気もあって”いい感じです。

三菱ふそうバスマーク下には環境/自然保護をイメージしたマークが付いています。排ガス的には自然に対して良くないのかもしれませんが、モノを大切にする点としては立派な環境保護ですね。


【Mitsubishi FUSO MK116F】
推定製造期間 1979-1981年頃

B622B/B623Bの短尺ボディ車の後継として1976年にMKシリーズの2車種が登場。
1979年には昭和54年排ガス規制をクリアしたエンジンを搭載する”K-MK116系”にモデルチェンジし、1981年のキュービックスタイルのスケルトンボディが登場するまでこのスタイルを踏襲する車体でした。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 群馬県
撮影日 2012年11月

| Medium-size Buses | 14:12 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【スペースドリーム】 国産初の2階建てバスだが・・・

1980年代は高速道路網の発達と、折からの観光ブームによってバス旅行がますます盛んになった記憶があります。当時、私が小学生の頃には夏のイベントの一つとして”親子旅行”と呼ばれていたバス旅行がありました。

この親子旅行というのは、地域ごとに区切って行っていたわけですが、中型バス1台を貸切って各地の観光地まで日帰り旅行をしたもので、今は亡き熊本の”火の国ランド”、長崎の”オランダ村”、大分の”マリンパレス”など行った記憶があります。

バス車内ではバスガイドの話を聞いたり、みんなでゲームをしたり楽しんでいんたのですが、観光バスのデラックス化により、大人は「カラオケ」や「映画」を楽しみ、子供はゲームウォッチなどをやるように変化したように思います。

観光バスに対する事業者の要求はよりデラックス化を望み、次第に欧州バス的なスタイルや快適性を求め、昭和55年(1980)頃からは、ネオプラン、バンホール、MAN等の輸入車を観光バスに利用する動きも出てきており、競争がますます激しくなってきた頃に外国製の2階建てバスが出現したのです。

しかし、外国製バスは部品供給・サービスの対応等の面で不安があり、昭和58年(1983)のモーターショーには睦三菱ふそうエアロキング(1985年1月発表)、日野グランビュー(1985年1月発表)、日産ディーゼル・スペースドリーム(1984年11月発表)、といった国産2階建てバスが参考出品され、2階建てバスブームが訪れたのです。

しかし、当時の道路事情が大型2階建てバスが安全に運行できるとはいえなかった事と、日本では全高が3.8mに制限されていたので居住性が犠牲になり、観光バスとしては需要が一巡すると販売は伸び悩んだとか。

P_GA66T_1.jpg
画像は熊本県で余生を過ごしている日産ディーゼル・スペースドリーム。
ネット情報によると、1988年までに販売された台数は試作車を含め11台とのこと。

販売台数が少ない貴重な車両なので、出来れば公道復帰を期待したいのですが、いざレストアするにはかなりの労力が必要そうですね。

P_GA66T_1.jpg
国産初の2階建てバスとしてのインパクトもありますが、後軸が2軸化されている点も特別感がありカッコいいです。ネオプラン型のエアベローズに3角リンクを持つ独立懸架のサスペンションを採用し、シンプルな面構成で覆われたボディは富士重工業製のバスボディを架装しています。

【Nissan diesel Space dream (P-GA66T)】
推定製造期間 1984-1988年頃

1983年の東京モータショーでデビュー、1984年11月に発表。
RE10型 V10 370psエンジンを搭載。
全長11.96m 全幅2.49m 全高3.78m
乗車定員74名

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★☆☆☆
状態  不動車
撮影地 熊本県
撮影日 2011年12月

| Large-size Buses | 20:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Volvo B10M-富士重工】 ’85つくば万博の特注バス

韓国の麗水市では、海洋をテーマにした万博が開催されていますが、入場者数が予想の10%程という少なさだという。
F1韓国GPの開催も観客が集まらないので大赤字だというし、2018年の冬季オリンピックを韓国で開催するのはロケーションの面からも、集客の面からも前途多難の様相を呈しています。

これには中国が相次いでオリンピックや万博やF1を相次いで開催したことにより、韓国も負けじと経済規模に合わないイベントを無理やり開催した結果であり、ホテルや交通のインフラを整備する資金も無く、強行開催したのも理由の一つではないでしょうか。

万博の交通インフラといえば、私の知る限り1985年つくば万博での”連節バス”や1989年のアジア太平洋博覧会(よかトピア)での”ガイドウェイバス”、2005年の愛・地球博ではIMTS(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム)が運行され話題になりました。

VOLVO_B10M_FUJI_1.jpg
1985年つくば万博の”連節バス”は、入場者の大量輸送を目的に、スウェーデン・ボルボ製B10Mに富士重工業のボディを架装し、100台が導入されたそうです。

全長18m程の車体の同車は、日本で活躍できる路線が限られていたので、閉幕後には80台が海外に輸出され、残りの20台のうち19台が東京空港交通が都心と成田空港を結ぶ連絡路線バスとして第2の人生を歩むことになりました。

画像は子供向けの自動車図鑑に”れんせつバス”として掲載されていたもの。

VOLVO_B10M_FUJI_2.jpg
2012年現在、連接バスの現存車を3台程見かけております。

まず1台目はエアポートリムジンカラーのまま動態保存されている車両です。
バス愛好家の団体が所有されているそうで、不動車を引き取って整備されたと聞きます。
経年変化により若干お疲れの雰囲気ですが、輸送機器遺産というものがあればノミネートされてもよさそうですね。

VOLVO_B10M_FUJI_3.jpg
2台目も同じバス愛好家団体が所有する車両。
外側を見る限り、上の車両よりも保存状態は良さそうで、すぐにでも動き出しそうです。
右側は80年代のネオプラン社製の2階建てバスかな、こちらも希少なバスですね。

VOLVO_B10M_FUJI_4.jpg
3台目は上記愛好家団体の近くにある施設の事務所/物置として使われている車両です。
電線を引いており、TVアンテナやエアコンの室外機まで取り付けられているので、室内は快適に過ごせるようになっていますね。
上記2台に何かあった際には、ドナー車としての部品供給とかあると(勝手ながら)心温まる気持ちになります。

VOLVO_B10M_FUJI_5.jpg
前からこの車両の存在は知っていたものの、80年代車両ということで撮影はしておらず、ネットで連節バスの歴史を知り、貴重な存在と気付いたのはつい最近のことでした・・・


そういえば、つくば万博では”ポスト・カプセル”という来場者が21世紀の自分に宛てて手紙を書くというものがあり、妻は当時来場した際に手紙を書いた事を忘れていたそうです。 21世紀に入って20世紀の自分から届いた手紙が届いてビックリしたのは言うまでもありません。

| Large-size Buses | 20:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞ ハイデッカーⅣ】 縦目4灯顔の大型高速観光バス

福岡県で生まれ育った私にとって、昔から観光バスを利用する時は西鉄バスがお決まりでした。

西鉄バスが保有する車両は、日本国内の大型自動車メーカー4社が製造するバスシャシーに西日本車体工業(2010年に解散)がボディ架装を行う方式だったので、乗った経験のあるバスは一部のバスに限定されてます。

Isuzu_P-LV219S_1.jpg
上記の理由により「いすゞ ハイデッカーⅣ」は全く縁の無かったバスだったのですが、このたび北海道で見かける事ができました。

取り付けられたナンバーは3ケタだったので、1999年以降に登録された中古の車体だと思うのですが、写真を見てのとおりしばらく動いた気配がなく、モール類が脱落した姿になっています・・・

ハイデッカーⅣといえば縦目4灯ヘッドライトとその周りを取り囲むバンパーとメッキモールが個性的で、その後縦目4灯ヘッドライトはいすゞエルガに継承する形でいすゞのデザインアイデンティティになっていますね。

フロントに誇らしげなV10SSのエンブレムがあるとおり、
10PC1型 V10 OHC 直噴ディーゼル 15014cc 330ps の強力なエンジンを搭載。

Isuzu_P-LV219S_2.jpg
【Isuzu high-decker Ⅳ (P-LV219S)】
推定年式 1980-1986年頃

いすゞの大型観光バスシリーズで、V10 300ps級の2車種(P-LV219シリーズ)と全長9mのコンパクトハイデッカー(V8 240ps P-LV217シリーズ)の3車種からなる。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  ?
撮影地 北海道
撮影日 2011年9月

| Large-size Buses | 21:29 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。