| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Freightliner FLD120】 クラス8のベストセラー

アメリカのトラックは、GVWによるクラス区別を行っており、”クラス8”はGVWが33.000ポンド以上(15t以上)の大型トラックの指します。現在は専門メーカーも含めて10社程で激しいシェア争いを行っていますが、長年トップブランドとして君臨しているのがFreightlinerです。

私の小さい頃(80年~82年頃?)に映画「コンボイ」や「トランザム7000」がTV放映され、子供の間でもちょっとした「コンボイ・ブーム」が起きていて、アメリカントラックはさまざまな玩具に製品化されていました。
当時はKenworth,White-Freightliner,Mack,Peterbiltの知名度が高かったように思えます。

現地では”コンボイ”という名称は一般的ではなく、3軸 6X4のトラクターが牽引するトレーター全体の事を「ビッグ・リグ」と呼んでおり、世界中に多くのファンがいるそうです。

FLD120-1.jpg
ロサンゼルス郊外のトラックターミナルで目撃したFreightliner FLD120です。
FLDにはミディアム・コンベンショナルタイプのFLD112と、ロング・コンベンショナルのFLD120の2タイプがあり、数字3ケタはキャビンの大きさを示しています。
キャビン後部には大型のスリーパーボックス(寝床)とドラッグフォイラーを装着した長距離輸送タイプです。

クラス8のほとんどのメーカーが、エンジン、ミッション、ホイールベースなど、オーナー好みでオーダーして生産するシステムを採用しており、詳しい諸元などは写真から分からないのが辛いところです。

FLD120-2.jpg
1990年代になると、大型トラック各社は曲線を多用した空力ボディの新型車を投入しており、Freightliner FLDもフラッシュファーフェース化されたフェンダーやステップ周りのデザインを持ち込みました。
しかし保守的なアメリカ人が多いので、昔ながらの”力強さ”を象徴したクラシカルなデザインからの大幅な変更は冒険的であるので、古き良きテイストを残しながら空力を改善したモデルに見えます。

【Freightliner FLD120】
推定製造期間 1989-2003年頃
撮影地 アメリカ ロサンゼルス郊外
撮影日 2010年6月


FLD120-2.jpg
こちらもFreightliner FLD120 ではあるが、超大型のスリーパーを持つ”Raised sleeper cab”仕様です。
メキシコとアメリカを横断しているのでしょうか。数日間の航海であっても、これだけ大きなスリーパーキャブを備えているのであれば快適に仕事ができそうですね。

【Freightliner FLD120 Raised sleeper cab】
推定製造期間 1989-2003年頃
撮影地 メキシコ テキーラ地区
撮影日 2010年6月

スポンサーサイト

| Freightliner | 20:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。