| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Chevrolet LUV】 シェビーバッジ付いすゞファスター

北米市場で”コンパクトピックアップ”というカテゴリーを創出したのは、日産の輸出ブランドであるDATSUNによるもので、農場などの従事者からの評判が良く、小回り性と経済性が認められて販売が着実に伸びたのが発端となります。
その後トヨタも続きコンパクトピックアップを北米に投入し、1970年に入ると2度のオイルショックの影響により、経済的な日本製小型ピックアップは好調に販売を伸ばしました。

そうなると北米ビッグスリーとしては手をこまねいて見ているわけにはいかないず、市場参入の手っ取り早い方法として、当時資本提携をしていた日本メーカーから調達する手を使ったわけです。

CHEVROLET(GM)は”いすゞファスター”をLUVとして販売し、FORDは”マツダプロシード”をクーリエとし、DODGE(CHRYSLER)は三菱から調達し、その場しのぎで対応していたのですが、その後はより多く儲けたいビッグスリーは自社開発を行ってしまい、日本メーカーからの調達は僅かな期間のみとなってしまいました。

Chevy_LUV_1.jpg
画像はメキシコ第2の都市、グアダラハラで見かけたCHEVROLET LUVです。
LUVとはLight Utility Vehicleのスペルから取ったもので、呼び方は「ラヴ」になります。
ベースとなった”いすゞファスター”は、乗用車フローリアンの前半分を使ったピックアップ仕様として生まれたもので、1971年にいすゞとGMの提携後の最初のビジネスとして送りだされたクルマという歴史も持っているのです。

酷使されたと思われるこのLUVは、サイドシルが錆びて穴が開いていたり、ボディがボコボコだったり、フロントバンパーは他車の部品で代用されていたりと使い古されているのですが、日本で見る使用感のある古いトラックと違って、美しく感じないのは何ででしょう?

Chevy_LUV_2.jpg
こちらは静岡県で見かけたCHEVROLET LUVのレプリカになります。
日本仕様の右ハンドル車にシボレーバッジを付けてLUV風に仕立てています。また荷台にはFRP製のキャンパーシェルが載せてあったり、サンルーフ(改造か?)が付いていたりと、アメリカ的な改造が施されています。
スポンサーサイト

| Chevrolet / GMC | 02:45 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。