| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Garbage Truck】 アメリカ的なゴミ収集車

久しぶりに映画「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団(Smokey and the Bandit II)」のDVDを見ていると、クライマックスのコンボイ軍団がパトカーをやっつけるシーンで、Garbage Truck(ゴミ収集車)が登場していました。

xpeditor.jpg
【Autocar Xpeditor】 アメリカ ロサンゼルス
1897年に設立した”Autocar Company”は、1953年に”White”社に買収され、更にWhite社は1981年に”Volvo"社に買収され、1995年に100%Volvo社の傘下に収められた長い歴史のあるブランドです。

個人的に思い出すAutocarの代表と言えば「Garbage Truck」
画像の車はクラス8の塵芥車用フルキャブオーバータイプで、ロー・キャブ・フォワード(LCF)の標準的なキャブ搭載モデルで、4軸車ではありますが、軸重が軽い状態なので最後輪をリフトアップさせています。これは法規によって軸重(1軸あたりの重量)の限度を決めていたり、通行制限等による苦肉の策なんです。

White/GMC-1.jpg
【White/GMC Garbage】 アメリカ ロサンゼルス
この車両はWhite/GMC時代(1987-1995)の Front loader式 Garbage Truckで、ロー・キャブ・フォワード(LCF)の中でもキャブ搭載位置をフォワードにした低キャブモデル。

作業の手順は、まずゴミの台車下にフォークリフトのような爪を差し込み、台車を持ち上げる体制を整えます。

White/GMC-2.jpg
体制が整った所で、一気にリフトアップ! 

White/GMC-3.jpg
後ろの荷台に向かってゴミを排出し(前後に数回動かしながら)空になった台車は逆の手順で元に戻す。

多少乱暴に思える作業風景でしたが、作業者は車に乗ったまま一人で作業できるので効率はいいのかも。

この車両は夕方の住宅街で目撃したもので、一般住宅から出るゴミはとても多く、アメリカの大量消費社会の現実を実感できますね。

White/GMC.jpg
こちらが映画「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団(Smokey and the Bandit II)」の例のシーン。
パトカーを持ち上げる都合上、爪はえらく長いですね(笑)
1981年に日本公開になった映画だから、もう30年の月日が経つのか・・・
スポンサーサイト

| Mack / US Volvo | 19:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【マック Rシリーズ】 アメリカはスケールが違う!

テネシー州のナッシュビル郊外は、1964年の南北戦争の戦場として有名で湖でのマリンレジャーやシューティングが盛んな場所でもあります。今もアメリカの田舎町という雰囲気が残り、古き良きアメリカを体感出来ます。

ワインディングを走行中に前車のピックアップトラックが低速走行しており、荷台に乗った作業車がジェスチャーで指示をしてきました。

「端によけろ!」という感じで。

MACK R series-1.jpg
「WIDE LOAD」の幕を付けた車とすれ違うと、前車のピックアップたちはコースオフしだして停車したので、我々も道路から外れて停車しました。

「???」 

何がなんだか分からず待つ事1分あまり・・・

MACK R series-2.jpg
 
!!!!!! 
    
    ??????
   
        ええええええっ

MACK R series-3.jpg
なんと家をトラックに載せて移動させているではないですか!
家を丸ごと引越す話は噂は聞いていましたが、まさか目の前で見るとはなんてラッキーなんでしょう。
速度は20~30km/hくらいで、トラックの後方には酷い渋滞が出来ていました。

こんなに労力を使うのであれば新築した方が安上がりと思うのですが、所有者の思いいれが大きいのか、著名人の実家等なのか、アメリカ人の考える事は良く分かりません・・・

MACK R series-4.jpg
あっ、そうそう家ばかりに目が行って肝心のトラックの事を忘れていました。

牽引しているトラクタはMACK Rシリーズですね!
映画「コンボイ」で主人公のクリス・クリストファー演じる“ラバーダック”の愛車として有名で、近年では車両を復元したレプリカ車も製作されているそうです。

デザインではボンネット両端のスラントが特徴であり、個人的なにはMACKといえばこの形という程の有名なトラックだと思っています。

この車両にはキャビン後部にスリーパーボックスが付いておらず、近距離メインの仕事に従事しているようですね。


【Mack R series (RS600/RS700)】
推定製造期間 1966-1987?

1966年にBシリーズに替わって登場したRシリーズ。
車両総重量やフレーム構造の違いによって型式が細かく決まっており、見た目だけでは判断ができません。
又製造期間も型式によってバラバラ・・・
画像の車体は、ライトべゼル、グリル形状、MACKのエンブレムなど1970年代後半から1980年頃にかけての車体と推定していますが、ちょっと怪しいかも。
絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 アメリカ テネシー州 ナッシュビル
撮影日 2009年1月

| Mack / US Volvo | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。