| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Mitsubishi FUSO FV】 北のダンプ2連発

このところ雨天ばかりの天気で、友達とツーリングの約束をしてもお流れになり、
せっかく過ごしやすい季節なのに損している気分です。

季節の変わり目なので仕方のないことですが、「雨天で喜ぶ業界の人って誰だろう?」 
って考えると、タクシー業、ショッピングモール、映画館などを思い浮かべるけど、 
自然を相手にする職種の人にとっては困ったものですね。

そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすため、
今回は、過去に撮影した 「お宝トラック」 をご紹介いたします!

Fuso_FV_Dump_Hokkaido_1.jpg
まずは北海道のある農場で撮影した 「三菱ふそうFVダンプ」 です。
大型トラックのFシリーズよく見かけた赤茶カラーは経年劣化によって肌荒れしていますが、
牧場で使われているトラックに比べるとキャビンもしっかりしている様子です。

日本には 「侘び寂び」という美意識があり、まさにこのトラックは古びた美しさがとても魅力的です。

Fuso_FV_Dump_Hokkaido_2.jpg
数年後に再会したFVダンプはベッセルを上げた状態で駐車していたんだけど、
修理/整備している様子で、少し寂しげな表情に感じられました。

Fuso_FV_Dump_Hokkaido_3.jpg
グリル中央のMマークとグリルサイドのリフレクターがあるので、1977年からブラックマスクに切り替わる1979年までのモデルのようです。

Fuso_FV_Dump_Hokkaido_5.jpg
こちらのFVダンプも1977年から1979年頃のモデルですが、メッキバンパーやメッキグリル、それと小ぶりのフロントバイザーでいい雰囲気にメイクアップされています。

本来だとターンシグナルは全体的にアンバー色なのですが、ポジションランプの部分がクリアになったブラックマスクのものが取り付けられていて、バンパーの下にはアンダーガードが取り付けられていて、冷却系を保護していました。

Fuso_FV_Dump_Hokkaido_7.jpg
ゲートは嵩上げの改修を施しており、テールゲートは外されていました。


【Mitsubishi FUSO FV (前期型)】
推定製造期間 1977-1979


絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 北海道


1973年12月、それまでのTシリーズからFシリーズにフルモデルチェンジ。
搭載するV8ディーゼル エンジンはTシリーズのDC型を受け継ぐものの、石油ショック以後の低燃費のニーズに応えて予燃焼室式から直接噴射式に変更。8DC4型(265ps)と8DC8型(305ps)の燃費とパワーを両立するエンジンを搭載しました。外観はクリスタルカットと呼ばれるシャープなキャブデザインが特徴で、室内は操作性と快適性を向上させている。

1979年、Fシリーズの大幅モデルチェンジを実施。
主に昭和54年排出ガス規制に適合するエンジンとともに、内外装のグレードアップも図られた。フロント周りでは"ブラックマスク"と呼ばれるグリルを装着し、ミラーステーやポジションランプのクリア化が行われ、ワイパーは黒塗装になる。

1983年、大型トラックシリーズのフルモデルチェンジ。
従来のFシリーズから、ザ・クレートシリーズに切り替わった。
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 13:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【81式自走架柱橋】 災害に備えて・・・

毎日毎日夕方になると、雷と共に豪雨に襲われております。
梅雨とはいえ、尋常じゃない降水量によって大きな水害が発生しないことを祈ります。

水害といえば、ちょっと日を遡って5月17日に「第63回利根川水系連合水防演習」が宇都宮市の利根川河川敷で行われました。

水防演習とは消防団の士気高揚や水防技術の練磨、水防の重要性や市民の水防に対する理解・協力を目的としているもので、国土交通省、陸上自衛隊、県警本部、日本赤十字社、消防本部などが参加しています。

普段は見る機会が無い特殊車両も多数演習に参加するため、変な乗り物目当てに会場を覗いてみることに。

Type81_self_propelled_bridge_1.jpg
この日一番注目したのは 81式自走架柱橋 です。

河川など車両が通行できないような箇所に迅速に橋を設置し、車両等の行き来が出来るように処置するのが主な任務で、6両1編成として1両あたり10m、最大60mの橋を架ける事が可能です。 

この日は3両が水防訓練に参加しており、2両の自走架柱橋は水防訓練が始まる前に橋を架けていました。

Type81_self_propelled_bridge_2.jpg
関係者や一般客が見守る中、残りの1両が橋を架けるために走り出しました!

キャブは1983年に登場した三菱ふそう「ザ・グレート」を採用していますが、全輪駆動ということでハイキャブ+バンパーライト化されているし、三菱マークやFUSOのエンブレムもありません。 

Type81_self_propelled_bridge_3.jpg
すでに架けてあった橋に上り、バックしながら慎重に進みます。

Type81_self_propelled_bridge_4.jpg
ホイールベース中央と後方の4箇所にアウトリガーを降ろして踏ん張りやすくすると、背負っている橋げたをセットする動作に入りました。

Type81_self_propelled_bridge_5.jpg
はい、対岸に橋を架け完了!

Type81_self_propelled_bridge_6.jpg
と思ったら、人の手によって固定作業およびスロープの取り付けが残っていました。

Type81_self_propelled_bridge_7.jpg
一仕事を終えた81式自走架柱橋が軽快に走り去って行きます!

最新の設備や装備を揃えていても、使う人の技量が備わっていないと災害は拡大するので、いざという時には普段からこのような訓練が必要だと実感しました。 

| Mitsubishi / FUSO | 01:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Fuso FV】 驚愕!現役ダンプが2台も!!

この春、北海道に出かけたときの最大のミッションは「ある地域で現役三菱ふそうFVダンプが稼働中」という情報を得て、その情報の確からしさを検証すること。
現役といっても、牧場や農場で第2の人生を送っているという車体ではなく、土建業者が使っているらしいのだ。

情報は目撃地名と小さく写った車両の画像のみ。
まずは目撃地近辺で聞き込みを開始するものの 「分からん」 と全く手がかりになる情報は得られず、作戦を変えて大型車の整備工場に飛び込んでみました。
(ここの整備工場も超大物トラクタを所有していた)

「あぁ この辺で見かける、会社は何処だっけ?」 とか
「去年、走っている所を見たから、まだ使っているんじゃないの」 とか

整備工場関係者のご協力によって、やっとFVダンプの塒(ネグラ)が分かりました。
(関係者様:その節は大変お世話になり、ありがとうございました)

14_Fuso_FV_1.jpg
数キロ先にある塒は幹線道路沿いにあるものの見つけ難く、車で付近を往復するものの分からず、近くに車を停めて徒歩で探索することに。

歩き出してしばらくするとダンプのタイヤ跡が奥まった敷地に向かっていたので、タイヤ跡に沿って歩いているとFVダンプが姿を現しました!

撮影許可をもらうために事業主様に撮影したい経緯と名刺を渡すと、懇切丁寧に事業と車両について説明して頂きました。 ダンプは火山灰、残土、砂利を運ぶのに使われており、冬は重機を複数持っている事もあり、市の要請で除雪された雪を河川敷の雪捨て場まで運ぶのに使われているそうです。

事業主様は業界を引っ張ってきた実績と、地域の発展に大変貢献されたことを誇りにされており、良き相棒であるこのFVダンプには信頼と愛着を持って接しているようでした。

14_Fuso_FV_2.jpg
裏手にはもう一台のFVダンプがあり、今では2台のFVダンプを所有しているものの、昔は10台程のダンプを所有していたとか。

車両の方に目を移すと、2台とも第一次デコトラブームを彷彿させる飾りがとても素敵で、派手すぎず主張している所がツボです。 足元はSTD(スタンダード)ホイールキャップに乗車時の足かけに便利なステップリングを装着。 バンパー、グリル、フェンダーはメッキを施し、グリルにはマーカーランプが6個取り付けられています。

今となっては小ぶりなフロントバイザーと、山形アンドンに沿って造られた山形シートキャリア、ヤンキーホーンなど、70年代の流行アイテムがそのまま残ったままというのも大変素晴らしいです。 赤シャシーやダンプの裏底が赤いのもポイントが高いですね。

一般の人からしてみると 「単なる古いダンプじゃん」 と思うのですが、
知る人からすると 「70年代デコトラブームの生き証人」 と言えるダンプなのです。

14_Fuso_FV_3.jpg
塗装は新車購入時のままで、FUSOの切り文字やバスマークは色褪せてます。
何でも、今のトラックは電子化されていて、故障があるとユニットごと交換するから修理代が嵩むが、この時代のトラックはシンプルなので修理代が安くつくらしい。 

14_Fuso_FV_4.jpg
事業主さんがダンプ架装のフェンダー付近を指さし 「ここの錆びが酷くてねぇ」

全体的には状態が良いとはいえないものの、トラブルを未然に防ぐように細かな所まで車の状態を把握しているようでした。

14_Fuso_FV_5.jpg
最後にキャビン内を見せて頂きました。
使い込まれた室内は男の仕事場という雰囲気で、新車だった頃は内装のチンチラ貼りが眩しかったものと思わせます。 中央にセットされたダルマヒーターも良いですね。

事業主様の 「このダンプが実際働いている所を見せてあげたかった」 という言葉がとても嬉しかったです。 

お休みの所にいろいろと親切にして頂きまして、ありがとうございました。


【Mitsubishi FUSO FV (前期型)】
推定製造期間 1973-1979


絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2014年4月


1973年12月、それまでのTシリーズからFシリーズにフルモデルチェンジ。
搭載するV8ディーゼル エンジンはTシリーズのDC型を受け継ぐものの、石油ショック以後の低燃費のニーズに応えて予燃焼室式から直接噴射式に変更。8DC4型(265ps)と8DC8型(305ps)の燃費とパワーを両立するエンジンを搭載しました。外観はクリスタルカットと呼ばれるシャープなキャブデザインが特徴で、室内は操作性と快適性を向上させている。

1979年、Fシリーズの大幅モデルチェンジを実施。
主に昭和54年排出ガス規制に適合するエンジンとともに、内外装のグレードアップも図られた。フロント周りでは"ブラックマスク"と呼ばれるグリルを装着し、ミラーステーやポジションランプのクリア化が行われ、ワイパーは黒塗装になる。

1983年、大型トラックシリーズのフルモデルチェンジ。
従来のFシリーズから、ザ・クレートシリーズに切り替わった。

| Mitsubishi / FUSO | 10:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Fuso T652】高所作業中の40年物

5月連休中、北海道のある町内を走行していると、前方に怪しげな高所作業車のゴンドラを発見。 木々の隙間より全体のフォルムが見えると、丸みを帯びた独特のデザインですぐにあの車種だと分かり、寄り道をしてしまいました。

Fuso_T652_Kou_1.jpg
ジャジャーン! ”三菱ふそう T652 高所作業車” でございます!

穴掘建柱車や高所作業車で有名な愛知車輌(現:(株)アイチコーポレーション)製のスカイマスターを架装し、大きく育った庭木の剪定作業を行っていました。

ここまで大きな木になると、脚立(8尺)での個人作業は無理ですよね。 

Fuso_T652_Kou_2.jpg
テンポ良く剪定作業が進む中に失礼し、撮影をスタート。
約40年前の車輛ではあるものの、周囲の景色が映りこむ程のツヤツヤで、淑女も羨むほどの美肌を披露していました。

ふそうT65系はエンジンの馬力によって車名を変えており、125psで経済的なT652、135psでイキイキした走りのT653、145psで余裕の走りのT654、160ps直噴で最高性能を誇るT656に分類された”実力シリーズ”で構成されています。

この高所作業車はT652なので、経済性を重視して選ばれたのでしょうね。
またT652は荷室長が4.5mと5.2mの2車種しかラインナップを持っておらず、5.7m以上の長尺ボディやダンプボディは存在しません。

キャブカラーは鮮やかなオレンジ色にボディの稜線(プレスライン)に合せてブルーの帯が巻かれているのが新鮮でした。

Fuso_T652_Kou_3.jpg
ゴンドラを降ろした姿です。
ゴンドラが運転手の上方視界を塞いでいるので、信号機の確認がしづらいだろうな・・・

作業用の機械と相まって、デコられたトラックとは違ったカッコよさと男らしさを感じ、毎度ながらこうした作業車に心惹かれるのであります。

Fuso_T652_Kou_4.jpg
車輛移動のためアウトリガーを一旦戻しているところで、燃料タンク後方のレバーを操作しつつ安全確認も行っています。

作業着には電気工事の会社名があり、電気工事以外にこうした作業も幅広く行っているんですね。

Fuso_T652_Kou_5.jpg
室内の方もとてもきれいにされており、いいコンディションを維持していました。
(メーター読みが正しいのであれば4万km強の走行距離)

当時のカタログには「機能とゆとりのドライビング空間」と謳われていますが、今時のトラックを基準にするとちょっと狭さを感じますね。 この時代よりインパネ周りは樹脂カバーで覆われて安全で快適な室内へと変化していきました。

※関係者さま
この度はお忙しい所お邪魔し、いろいろと教えて頂きましてありがとうございました。

【Mitsubishi FUSO T652】
推定製造期間 1975-1976年

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役
撮影地 北海道
撮影日 2014年4月



1970年11月、大ヒットしたT620をフルモデルチェンジし、T650型(4t積)とT651型(4.5t積)を発売。
T650型には120psにパワーアップした6DS1型エンジンを搭載、T651型には130psを発生する6DS5型エンジンが搭載されていた。

1971年4月、T650型/T651型のバリエーション車として特装車5車種を発売。(トラッククレーン、ミキサー、タンクローリー、簡易クレーン付き車)

1972年8月、排気量アップと出力アップを図った新エンジンを搭載するとともにラジエーターグリル周りを変更。
このとき発売されたのは、6DS3型(5,103cc、125ps)エンジンを搭載したT652型(4t積)と6DS7型(5,430cc、135ps)エンジンを搭載したT653型(4.5トン積)

1974年2月、新開発エンジン6D10型(予燃焼室式5,974cc、145ps)を搭載したT654シリーズ(4~4.5t積)を発売。

1973年1月、中型トラックのキャブを改良し、視界、安全性、操縦性、居住性などの向上を図り、ドライバーの肉体的、心理的疲労の軽減を図ったデラックス仕様を設定。T650系のカスタムキャブとして発売した。

1975年6月、中型トラックでは当時国内最強パワーを誇る直列6気筒直噴ディーゼル6D14 型・160psを搭載したT656型を発売した。

1976年7月、中型トラックのT65系をフルモデルチェンジ。「FKシリーズ」として発売。

| Mitsubishi / FUSO | 13:17 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそうFV】 ロングシャシの特装ダンプ

新年 明けましておめでとうございます。
マイペースなブログ更新ではありますが、今年もどうぞ宜しくお願いします。

今回の年末年始は福岡の実家に帰省しており、暖かな気候にも恵まれのんびりとした年明けを迎えることができました。

実家帰省中、以前から情報を得ていた三菱ふそうFVダンプの様子を確認しに向かうと、途中には初代タイタン後期型やら、ふそうFK等の現役車を新規発見。 数は少なくなったとはいえ、昭和の旧型トラックもまだまだ元気に頑張っているようです。

Fuso_FV_Dump_Fukuoka_1.jpg
さて三菱ふそうFVダンプですが、事前に情報を得ていた山岳地帯を登り始めた土取場らしき場所に駐車していました。 ナンバーは取り付けられているものの、構内用として使われているようです。

仕事環境がハードなせいか、ルーフ上の速度表示灯&ベンチレーターの欠損、L側ウインカーの破損など、車体のダメージが目立っていますね。

Fuso_FV_Dump_Fukuoka_3.jpg
一般的なダンプと雰囲気が違っていると感じているのを皆さんもお気づきと思います。

ロングシャシに一般的なダンプ架装を施しているため、キャビン後方が大きく空いた状態になっています。 このような仕様は初めて見るので、どんな意図があってのものなのかは分かりません。 また、アップライトに取り付けられたフロントバンパー下にバラスト(重り)を取り付けてダブルバンパー化されていました。そのせいで若干純正バンパーの取り付け位置が高めになっていますね。

Fuso_FV_Dump_Fukuoka_2.jpg
バンパーサイドには小ぶりの旗棒がついていました。
この旗棒を見ると「安全第一」と書かれていたペナントのような旗を思い浮かべます。

Fuso_FV_Dump_Fukuoka_4.jpg
Googleのストリートビュー(2013年4月)の画像を確認してみると、簡易クレーンを搭載している姿が写っていました。
ダンプ+簡易クレーンの組み合わせは初めて見ました。


【Mitsubishi FUSO FP Tractor (前期型)】
推定製造期間 1977-1979

1973年12月、それまでのTシリーズからFシリーズにフルモデルチェンジ。
搭載するV8ディーゼル エンジンはTシリーズのDC型を受け継ぐものの、石油ショック以後の低燃費のニーズに応えて予燃焼室式から直接噴射式に変更。8DC4型(265ps)と8DC8型(305ps)の燃費とパワーを両立するエンジンを搭載しました。外観はクリスタルカットと呼ばれるシャープなキャブデザインが特徴で、室内は操作性と快適性を向上させている。

1979年、Fシリーズの大幅モデルチェンジを実施。
主に昭和54年排出ガス規制に適合するエンジンとともに、内外装のグレードアップも図られた。フロント周りでは"ブラックマスク"と呼ばれるグリルを装着し、ミラーステーやポジションランプのクリア化が行われ、ワイパーは黒塗装になる。

1983年、大型トラックシリーズのフルモデルチェンジ。
従来のFシリーズから、ザ・クレートシリーズに切り替わった。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  構内車
撮影地 福岡県
撮影日 2013年12月

| Mitsubishi / FUSO | 15:03 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。