| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Volkswagen TARO】 ベルリンの壁を跨ぐハイラックス!?

久々の欧州トラックネタですが、今回はマニアックな所を攻めてみます。

2009年9月、ベルリンに5日間くらい滞在していた時に、カメラを持って恒例の早朝散歩をしていました。ベルリンといえば1989年にベルリンの壁が崩壊し、東西のドイツが一つになった象徴的な出来事があり、この日の私の散歩コースはベルリンの壁の跡を辿っていくコースをチョイス。

現在、取り壊されたベルリンの壁の跡地はレンガを敷き詰めて残されており、どこが西側だったか、東側だったのかが分かるようになっています。

レンガの上を歩いていると、路駐している邪魔なハイラックスがあるではないですか。

ハイラックス!? あれ?

VW_TARO_1.jpg
フロントグリルの中央には、トヨタのエンブレムではなく、フォルクスワーゲンのマークが付いている・・・

帰国後にこの車について調べてみると、初代ゴルフをピックアップにしたVWキャディに置き換わる形で、トヨタとの技術提携によって生まれたのが、この「Volkswagen TARO」だったのです。

TAROは1989年に登場したものの、販売台数が伸びずに1997年に生産を中止。
VWはその後、しばらくこのクラスのピックアップトラックを持つことはなかったのですが、2009年に南米を中心とした市場の開拓として「Volkswagen Amarok」を投入しています。

外観上では、欧州法規に合わせて灯火類、ワイパーの向き、ミラーなどが違っていますが、ハイラックスそのものなので、貴重な車とは言い難いのですが、物凄くレアな車に感じました。”TARO”というネーミングは、日本男児の名前を表す「太郎」からきているのですが、なんとなく残念な気分。

※車両の下のレンガがベルリンの壁の跡

VW_TARO_2.jpg
機動性の富むTAROは、サービス業、農業、造園業、建設業などに広く使われたそうで、画像のような特装車両はとても珍しく、ネット上でも見た事がありません。

高所作業車にも見えるのですが、高所ビルと地上とで荷物のやりとりをする車にも見えますね。キャビン後部には一応かわいらしいサイズのアウトリガーが取り付けられており、高所作業中の安定を図れるようになっています。

Hilux_TARO.jpg
参考として、日本で撮影した5代目トヨタ・ハイラックス(1988-1997)の画像です。
日本ではピックトラック市場が死んでいることもあって、最近では国産ピックアップを見るのも珍しくなってきております。 場所は茨城県の漁港町、小ぶりの冷凍庫、スピーカーが可愛いですね。
スポンサーサイト

| Volkswagen (GER) | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。