| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【タイ第2弾】 日産ディーゼル Cシリーズ

バンコクのネタ第2弾ということで、今回はバンコク市内を流れている 
「チャオプラヤー川(メナム川)」 に行った様子をレポートいたします。

Khlong_Toei_1.jpg
チャオプラヤー川(メナム川)はタイでという大きな川があり、稲作用の水資源であるとともに水上物流の重要な役割を果たしています。 

一方で2011年のモンスーン期起きた大洪水では、タイ国内で800名前後の命を奪った災害も記憶に新しいです。

高低差の少ない土地なので川の流れに勢いはなく、生活用水も垂れ流しなので水質は非常に悪く、異臭も気になります。

ためしに画像と同じタイプの渡し船に乗って対岸まで渡ってみましたが、船着き場で降り方よく分からず、一緒に乗っていた20歳代の女性に手を差し出されて助けてもらいました。

タイ仏教では「徳を積む」(タンブン)ことによって、”いい来世が得られる” と言われ、見返りを求めない慈悲が美徳とされているので、他のアジアに比べても凄く親切な方が多い印象です。

Khlong_Toei_2.jpg
レポートに話を戻し、チャオプラヤー川にはクローントゥーイ港(バンコク港)という物流用の港があり、コンテナ船やコンテナ運搬用のトラックが多く見られるエリアです。

2017_Thai_Isuzu_Forward.jpg
バンコクでは20フィートコンテナの取り扱いが多く、トラックは日本の中型車キャブを使った3軸車が多く見られます。

現役車の古参車種では、風のレンジャー、さわやかコンドル、初代ファイター、そして画像の840フォワード。

2017_Thai_UD_C-series_1.jpg
20フィートコンテナ運搬トラックといえば、10年前までは70年代製造の日産ディーゼル・Cシリーズが幅を利かせていたいましたが、現在ではマイノリティの存在ですね。 

また、同じ70年代製造の日野KF、三菱ふそうFU、いすゞニューパワーは昔から全く居なかったので、タイで見かけることは皆無です。

2017_Thai_UD_C-series_2.jpg
日産ディーゼル・Cシリーズといっても77年にマイナーチェンジを行った後期タイプばかりで、キャビンカラーは白が定番。

バンパーはオリジナルを装着している車体は少なく、未だに見たことがありません。

2017_Thai_UD_C-series_3.jpg
こちらのCシリーズは全身が真っ白でヘッドライト・ベゼルを赤にした車体。 
「歌舞伎メイクっぽいなぁ」 と思ったのは私だけでしょうか?

バンパーはクルージングレンジャー用をベースにスポイラーを2重装着していますが、バランス的にはいい感じですね。

2017_Thai_UD_C-series_4.jpg
タイの気候はスコールなどを特徴とする雨が多い地域ですが、キャビンの錆はあまり見かけません。 古い車体だとペンキを分厚く塗りたくった厚化粧によって錆から守っているんですね。

2017_Thai_UD_C-series_5.jpg
ルーフキャリアにビバンダム君を取り付けるのがブームみたいですが、

「う~ん 何かが違う」

ローカル色を強めるにはタイ版の仁王像を取り付けるしかないでしょう。

2017_Thai_Niou-buddha.jpg
こんなのとか。

2017_Thai_UD_C-series_6_20170305110547701.jpg
港周辺にはトラックの整備街もあり、一般路を使って整備している風景がみられます。
この日産ディーゼル・Cシリーズを整備していたお店では、食品を売っていたり食事も出来たりとある意味コンビニ以上のサービスを提供していました。

2015_Indonesia_UD_C-series.jpg
最後の画像は、2015年にインドネシアで撮影した日産ディーゼル・Cシリーズです。
オリジナルパーツも欠損していて、かなりくたびれた様子ですが、轟音を響かせて走行していました。

フロントグリルとヘッドライト周辺は前期型に似ていますが、おそらくインドネシアで多く使われている黄金キャンターのグリルを移植しているものと推測します。

日本の公道では日産ディーゼル・Cシリーズをまず見かけませんが、アジアの一部の国では今でも現役で活躍しているシーンを見ることができます。 環境の事を考えると排ガスや騒音規制も大事なことですが、経済発展に貢献してきた古いトラックたちを強制的に排除する法律ができないように遠い地から祈ります。
スポンサーサイト

| Nissan diesel / UD | 11:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Nissan Diesel CV】 在りし日の姿

UDトラックス(旧ニッサンディーゼル)は国内トラック4メーカーの中で古いトラックの残存数が低いと言われており、発売から20年が経過した車両を見つけるのは非常に難しいです。

原因はいろいろとあると思うのですが、アフターパーツやサービスの面で弱いとか、海外に輸出され易いとか、商品ラインナップに偏りがあるのか、何かしらの原因があると思いますが、ここでは追求するのをやめておきます。

Nissan_Diesel_CV-series_1.jpg
過去に目撃したニッサンディーゼルの大型トラックの中で、特に印象に残っているのは気仙沼のCV型(6×2)です。 車体は鉄工所?の駐車場に置かれた状態で、荷台の幌にはブルーシートなど何重も重ねている点などから、資材などを保管していた様子が伺えます。

撮影したのは2009年4月のことですが、翌年あたりにキャブだけが抜き取られてシャシと荷台だけの姿になり、2011年3月に東日本大震災による津波でこの辺り一面が被害に遭い、更地になってしまいました。

Nissan_Diesel_CV-series_2.jpg
前2軸、後1軸の6×2駆動のCV型ということで、現役時代は長距離高速輸送に使われていたのでしょうか? このC系トラックは深緑のイメージが強く、昭和時代に多く見かけた幌ボディと上手く馴染んでいます。 ルーフ上に取り付けられた小ぶりなシートキャリアには、アンドンが取り付けられていたようです。

【Nissan diesel CV(後期型)】
推定年式 1977-1979年頃


1971年7月、サングレイトシリーズからモデルチェンジされ、全車4サイクルディーゼルエンジンを搭載した”ニューキャブシリーズ(Cシリーズ)”を発売。余裕のあるパワーと経済性を謳い、それに伴うミッションやアクスル、デフの強化などとともに、居住空間が改良され、見やすく居心地の良いものにしている。フロントウインドウも一枚の曲面ガラスになった。
1977年、は大型グリルを採用されたモデルにマイナーチェンジ。
1979年、昭和54年排出ガス規制を機に後継車(通称レゾナ)に切り替えられた。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★☆☆
状態  撤去済み
撮影地 宮城県 気仙沼市
撮影日 2009年4月

| Nissan diesel / UD | 10:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日産ディーゼル コンドルワイド】 キャブ幅段差規制で誕生

昭和55年(1980)12月、「キャブ幅段差規制」が施行され、中型トラック市場にちょとしたトレンドが生まれました。

「キャブ幅段差規制」とは、キャブ本体幅と荷台幅の段差を片側100mm以内としたもので、これまでの小型・中型車のワイド仕様は、標準型のキャブをベースにワイドボディを搭載させる手法を採用していました。この当時「トラックの左折時の内輪差による巻き込み事故」の悲惨なニュースが多く取り上げられ、巻き込み事故防止の一つとして規制されることになったのでした。 ほかには中型車以上の助手席側の窓下に安全窓の追加、バックミラーをスクエア化し大型タイプにするなどの変更がありました。

中型トラックを生産している各社の対応はバラバラで、いすゞフォワードと三菱FKはキャビンを左右にストレッチしたワイドキャブ車を発売。 日野レンジャーはベッド窓付近を大きく膨らませて全幅確保。

そして日産ディーゼルは何と”大型トラック(C系)”のキャブを中型トラックシャシーに搭載し、コンドルワイドとして1980年10月に発売したのでした。1983年5月に新しいキャブとなる2代目コンドルが発売されているので、約2年半という発売期間の短さと、ワイドキャブという派生仕様という条件も重なり、珍しいトラックの一台です。

UD_Condor_wide_11.jpg
2012年の夏に北海道を旅している途中、こちらに向かって走ってくるコンドルワイドを発見。 正面から見るスタイルはキャブ幅に対してトレッド幅少なく、フロントタイヤが内側へ入り込んでしまい、バランスが悪く感じます。 ターボパワーでしょうか、いいペースで走り抜けていきました。

UD_Condor_wide_12.jpg
数十分後、先程のコンドルワイドがホームセンターの駐車場に駐車していたので、じっくりと観察させて頂きました。

中型シャシに大型のキャブを搭載していますが、キャブ搭載位置は大型車よりも低め。 大型車の場合はヘッドライトの下にフォグが埋め込まれたガーニッシュが付くのですが、コンドルワイドではバンパー側にフォグライトを埋め込んだ仕様となります。

フロントウインドに小型のバイザー、ワイパー横に手すりが追加されている以外はノーマル姿を保っていて、年式を考えると綺麗な車体ですね。 とってもいいですよ。

UD_Condor_wide_13.jpg
フロントグリル周りは大型トラックC系の前期型を流用していますが、後期型のグリルを流用していない理由はキャブ搭載位置関係で問題があったのかもしれませんね。

NISSAN DIESELと書かれたガーニッシュの取り付け部とミラーステーまでつなげるステーがちょっと強引ですね、左側ミラーの振動を抑えるためでしょうか。

UD_Condor_wide_14.jpg
左側のドアには大型トラックにはなかった安全窓が追加されています。
架装した荷台は北海道ではよく見かけるタイプで、アルミブロックを2段重ねにしてアオリ高を稼いでいます。 サイドマーカーが無いようだけど、任意取り付けだっけ?


【Nissan diesel Condor Wide】
推定製造期間 1980-1983年頃

1980年10月、コンドル・ワイド(4.25t積)を発売した。
1983年に2代目コンドルが登場するまで、大型キャブを搭載したコンドル・ワイドはその短い生涯を終えたのでした。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

| Nissan diesel / UD | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日産ディーゼル Cシリーズ】 ダルマの8トンクラス散水車

私の目撃経験上、古いトラックの生存率が高い架装種類といえば、「重機運搬車」「消防車」「除雪車」などを思い浮かべますが、”散水車”もかなりの確率で古い車両を見かけることができます。これらの車両は年間走行距離の短さ、車庫保管、などが共通するポイントとして挙げられ、クルマへの負担が軽い事が長生きの理由だと言われています。

大規模な工事現場などに置かれた散水車を見ると3.5トン~4トン車クラスが主流のようで、8トン車クラス以上の大型散水車はあまり見かけないように感じますが、私の住んでいる地域だけでしょうか。

UD_CK20_1.jpg
2012年夏、北海道の地でブラブラしていると、土砂輸送関係の会社敷地内に70年代の日産ディーゼル Cシリーズと遭遇。洗車作業中の関係者に撮影の事を話して、近くで見せて頂くことになりました。

'60年代までの日産ディーゼル大型車といえば、2サイクルUDディーゼルが大きな特徴であったものの、昭和44年(1969)3月に、2サイクルUDエンジンに代わる4サイクル・ディーゼルエンジンが登場しています。4サイクル化の切り替え理由は、排気・騒音規制のクリアと、燃費性能を良くすることによるものだったそうです。

8トン車用として開発された4サイクル直接噴射式エンジンは日産ディーゼルPD6型で、高負荷高速連続運転に対する信頼性を重視した排気量 10,308cc、185馬力でした。このエンジンを画像のトラックの前世代のサングレイト型(TC系)に搭載された後、昭和46年(1971)7月に行われる大型トラックのモデルチェンジで新しいキャブとなり、”ニューキャブシリーズ”のCシリーズとして発売が開始されたのです。

UD_CK20_2.jpg
この車両を所有している会社から想像すると、土砂で汚れた道路の清掃と砂埃の発生を抑えるために散水するのが任務だと思われ、大事に扱われているおかげで、他で見るCシリーズよりは程度が良く保たれています。

青い塗装は最近塗装されたのだろうか、発色もよくて艶々していました。
ノーマル状態を保たれて良い感じですが、残念なのはフロントグリルの”NISSAN DIESEL”プレートが欠損している点ですね。

UD_CK20_3.jpg
前世代のサングレイト型との違いは一枚フロントウインド、3連ワイパー、ベッドエリアの確保など、大きくデザインが進化し、視界や快適性が大きく向上されています。また丸みを帯びたデザインのためか若干やわらかな表情にはなったものの、他社の大型車に比べるとまだまだ怖さというか厳つさが残っています。

また、このCシリーズはトミカ等のミニカーやプラモデルでは製品化されていないため、子供の心に馴染みの薄い存在でしたね。
(絵本や図鑑には多少掲載されたようですが・・・)

それとドア下のステップが無いので、乗車の際はフロントホイールのステップリングに足を掛けて乗り込まないと厳しいですね。

UD_CK20_4.jpg
法規で1992年から「7トン以上は車体後部に大型反射板の取り付け」と定められたので、リアバンパー上部には反射板が後付されていますが、'70年代車の丸テールは健在でした。

タンクには最大容量7,200ℓ 物品名 ”水” と書かれています。
リアバンパー付近に散水用のノズルが見えていますね。


【Nissan diesel CK20(後期型)】
推定年式 1977-1979年頃


1971年7月、サングレイトシリーズからモデルチェンジされ、全車4サイクルディーゼルエンジンを搭載した”ニューキャブシリーズ(Cシリーズ)”を発売。余裕のあるパワーと経済性を謳い、それに伴うミッションやアクスル、デフの強化などとともに、居住空間が改良され、見やすく居心地の良いものにしている。フロントウインドウも一枚の曲面ガラスになった。
1977年、は大型グリルを採用されたモデルにマイナーチェンジ。
1979年、昭和54年排出ガス規制を機に後継車(通称レゾナ)に切り替えられた。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  現役
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

| Nissan diesel / UD | 11:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日産ディーゼル TW51LM】現役のボンネットミキサー

私が生まれた1970年代の大型トラック市場は、すでにボンネット型からキャブオーバー型に移行が進み、馬力競争をしている時代でした。当時の国内大型トラックメーカー4社は新型キャブオーバー型の発表や新型エンジンの開発に力を入れる一方、旧態化したボンネット型は従来のモデルにエンジンを載せ買えたり、フェイスリフト等を行う程度で、1980年前後まで延命販売を続けたのです。

私はキャブオーバー型とボンネット型を見て育った世代ですが、ボンネット型トラックが徐々に消えていく状況に全く気にも留めていませんでした。

早速本題に入ると、先日の北海道の旅で偶然「日産ディーゼル TW50型」の現役のボンネットミキサーを目撃しました。

TW50型といえば、日本ではすでに現役を退いて久しく、ナンバー付きの車体としてはダンプやレッカー車など何台か存在しますが、その多くは所有者の思い入れがある車両のためか、華飾を加えている車両が多い気がします。
また、トミカやトミカダンディでモデル化されていることもあって、古いトラック好きな方の間でも人気の高く、比較的知名度のあるトラックではないでしょうか。

UD_TW50_Mixer_1.jpg
TW50型ミキサーを見た瞬間、驚きと興奮でいっぱいになったのは言うまでもなく、
さっそく関係者に許可を頂き撮影モードに突入。

いや~ぁカッコいいですわ!

関係者にTW50型トラックを使っている理由を聞くと「ちゃんと動くので今でも使っているだけ」とのこと。この周辺では他にボンネットトラックは居ないとのことで、この辺りでは有名なミキサーなのかもしれません。

UD_TW50_Mixer_2.jpg
6TW13型からモデルチェンジされたTW50は、FRP製のティルトボンネットを採用することにより、斬新で力強さのあるデザインが表現できると同時に、軽くて整備性が一段と向上されています。(錆の心配もありません)

キャビン部は日産ディーゼルのボンネット型と共用化されているのですが、曲面総一枚ガラスの採用と3連ワイパーの採用によって視界は一段と向上しています。

UD_TW50_Mixer_2.jpg
グリルはBMWのようなキドニーグリルを採用、このボクシーなフロント周りが特にカッコいいですね。ボンネット内部に収まるのV8エンジンはRD8型4サイクル直噴ディーゼルで、TW50型は280ps、TW51型は300psを発生。6×4やツーデフと呼ばれる後輪2軸駆動を採用しているので、傾斜地や泥濘では抜群の動力性能を誇ります。

フェンダーサイドにリフレクターが付いていることを考えると、TW50LM型をマイナーモデルチェンジしたTW51LM型だと推測。


【Nissan diesel TW51LM】
推定製造期間 1972-1984年頃

6TW13型をモデルチェンジし、1972年9月にTW50型の発売を開始。
RD8型 V8 4サイクル直噴ディーゼルエンジンを搭載(280ps)

1977年頃にマイナーチェンジが行われ、RD8型エンジンは300psとなる。
ミッションは5速から6速に変更され、フェンダーサイドにリフレクターが付く。

1984年頃に製造中止とともに、ボンネット型トラックの生産を終了する。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月


UD_TW50_Mixer_5.jpg
トミカダンディ(絶版)では、TW50LMのミニカーをラインアップ。
画像はリサイクルショップで1.500円で入手したものですが、造形の良さはもちろんのこと、ボンネットは開閉可能だし、ミキサー部は自動回転をするし、なかなか良い出来栄えです。

| Nissan diesel / UD | 23:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。