| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【トヨタ コースター】 旧式のバス型キャンピングカー発見!

5、6年前より軽自動車を改造してキャンピングカーに仕立てた「軽キャンカー」がTV等のメディアで紹介され、維持費の安さから安定した販売が続いています。 また昨年はホンダからN BOX+という気軽に車中泊ができる軽自動車も発売され、市場の反応もまずまずの様子です。

こうした背景には、定年退職後のリタイヤ世代が夫婦二人で”時間に束縛されない気軽な旅をしたい”という気持ちによるもので、好きな温泉に入って、好きな地元メシを食べて、観光地には人が混む前に到着したりと、その日その時の気分で自由に旅を修正出来る事が最大の理由です。(もちろん宿泊費の節約もありますが・・・)

我が家でも妻や子供たちが「キャンピングカーっていいよね!」という話題になるのですが、私の理想では2代目エルフやVキャンなどのトラックのキャブ(運転席部分)を使用し、後部に居住部分を架装したキャンピングカーで旅をしてみたいです。

COASTER_Camper.jpg
前置きが長くなりましたが、北陸方面の温泉に向かう途中、コインランドリーや弁当屋、スーパーが立ち並ぶ駐車場の端に停められた初代コースターを発見!

初代コースターといえば、旅館、料亭、レンタカーで良く見かけたものですが、最近は綺麗な現役車の姿はほとんど見かけなくなってしまいました。 最終モデルでも30年以上が経過しており(製造終了が1982年)、さすがにお客様相手の商売には故障の不安が拭えません。

このコースターの扉上部にサイドオーニングが取り付けられ、ハイルーフのさらに上にはルーフエアコンのようなものが取り付けられていることから、マイクロバスをキャンピングカーに改造した”バスコン”と判明。

スペアタイヤがフロントバンパー下に取り付けられているのも独特の雰囲気ですね。
カラーリングから判断すると1981年頃のモデル末期のコースターのようです。

【Toyota Coaster High-roof (J-RB13)】
推定製造期間 1981-1982年頃

1969年2月3日、「ライトバス」をフルモデルチェンジして新たに「コースター」の名を冠して発売した。 コースターという名称は「沿岸貿易船」「巡航船」という意味である。 コースターは小型トラックの「ダイナ」をベースにホイールベースを270mm延長、フロア面を下げて居住性の大幅な向上を図った。 エンジンは5R型2ℓガソリン(93ps)と、J型2.5ℓディーゼル(70ps)の2機種を用意し、標準車の乗車定員は26名としている。

1970年2月10日、コースターに運転手の乗降に便利な運転席扉付車を追加した。

1970年10月19日、コースターに搭載されている5R型ガソリンエンジンの馬力を93psから98psに向上させたのと同時にアウトサイドミラーを可動式とした。

1972年2月10日、拡大するディーゼルエンジン車に対応するべく、J型ディーゼルエンジンに変えて新開発のB型エンジンを採用した。また、ラジエーターグリルの変更、フロントのベンチレーションホールの廃止などが行われた。

1977年、小型トラック「ダイナ」フルモデルチェンジに合せ型式がB10系に変更された。この変更によりホイールベースはさらに延長され、居住性を向上させたほか安全性を強化している。 また、外観が踏襲されているため従来型との判別は難しい。

1979年11月5日、昭和54年排出ガス規制・同騒音規制の対応と大型サイドミラーを採用するなどの変更を行った。 同時にコラムシフトからフロアシフトに変更し、操作性の向上を図っている。

1982年5月、2代目コースターの登場により販売を終了した。


絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 福井県
撮影日 2013年5月
スポンサーサイト

| Small-size Buses | 00:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【初代 日産エコー】 ゴージャスデザイン

2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博によって、中国では2005年以降に空前の建設ラッシュが起きたのですが、日本ではその弊害として金属価格が高騰し”鉄バブル”が起きました。

田畑等に放置された廃車たちはスクラップ業者に渡り、この頃は一気に草ヒロが消滅した悪夢の時期でした。

Echo-1.jpg
普段はあまり草ヒロ写真を撮っていないのですが、獲物が大物であれば話は別。
道路から50m程離れた場所に置かれたマイクロバスもすぐに「日産エコー」だと判断し、撮影に向かいました。

Echo-2.jpg
文句のつけようのないエコーですね。
この時代のエコーは実働車や博物館の保存車など聞いたことがなく、あったとしても朽ち果てた廃車体ばかりです。
雑草で見えませんが、車輪やフロントバンパーもしっかり残っています。欠品しているのはフロントウインドー中央上部のアンダーミラーくらいです。

Echo-3.jpg
特徴的なデザインは1950年代のアメ車を連想しますね。ヘッドライト周りのメッキモールやボディサイドの波板模様は、1958年頃のBuickのデザインに似ていると思います。

1900のエンブレムが確認できたので、H型ガソリンエンジン搭載車のようですね。

Echo-4.jpg
フロントに比べるとリヤはシンプルにまとめられています。リヤにエンジンが無いので非常用のドアは堂々と後部に設置されています。

この年代のマイクロバスは走っている姿すら見た事はありません・・・


【1th Nissan Echo (GC141) 】
推定製造期間 1963-1964年頃

1960年、C140型キャブオールトラックのシャシーをベースにバスボディを装着した「キャブオール マイクロバス」を発売。
1961年、日産キャブオール・エコーに名称変更。
1963年、マイナーチェンジによりフェイスリフトが行われた。
エンジンはH型 直4 1.883cc (85ps)ガソリンエンジンとSD22型 直4 2.164cc (65ps)ディーゼルエンジンを搭載。
1965年、グリルとバンパーのデザインが変更、フロントガラスは1枚ガラスになる。
1966年、キャブオールのモデルチェンジに伴い、エコーもモデルチェンジ。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  物置き
撮影地 群馬県
撮影日 2011年11月

| Small-size Buses | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2代目いすゞ ジャーニーM】 かわいい園児を運んでます

最近急に仕事が忙しくなり、都内や地方の出張が増えたり休みが変更になったりとドタバタしてました。
最近は暑い日が続いていますが、会社では節電によってエアコンの設定温度を高く設定されたので参っています・・・小型扇風機を持ち込んだ人もいるのですが、社内の監視役が「節電の意味がない」ということで「扇風機禁止」にしたり、仕事の効率が悪くなってるは体調が優れないわで大変です。

IMG_7807.jpg
長野県で旧車を撮影中に、偶然2代目ジャーニーMの幼児車が現れてビックリ。
比較的高地なのにこの日は気温が32℃の猛暑日で軽快に坂道を上っていましたが、車内は暑いせいか窓を開けたままになっていました。

前期型(丸目ライト)のジャーニーM/Lはこれまで料亭屋の送迎バスや移動図書館などで見たことがあるのですが、ここまで綺麗で純正カラーを保っている車両は貴重です!普段は車庫に入れて大切にされているようなグッドコンディションなので、まだまだ園児を運ぶために頑張ってもらいたいものです。

ちなみにもうすぐ4歳になる子供は毎日幼稚園に行くのが楽しみのようで、行きは元気に園児バスに乗ってますが、帰りはグッタリとなってバスの中で寝ていることが多いです。(寝てるのはうちの子だけ)

【Isuzu Journey-M 幼児車 (P-BL36)】
推定年式 1983-1987年

1973年に2代目いすゞジャーニーが登場。
標準ボディのジャーニーMはエルフ250ベースの26人乗りで、
ロングボディのジャーニーLはエルフ350べースの29人乗りとして発売された。
エンジンはエルフと同じ4BA1型 直列4気筒 2.8Lディーゼル(85ps)と4BB1型 3.6L直噴ディーゼル(100ps)を搭載。

1980年に昭和54年排出ガス規制対応でエンジンは4BC1型の3.3Lディーゼル(95ps)と4BD1型の3.9L直噴ディーゼル(110ps)に改良される。
エクステリアもウインカーの位置やインテークの個数が変更され、グリルやISUZUエンブレムも新しいデザインに変更れれた。

1983年に昭和58年排出ガス規制対応で3.3Lディーゼルを直噴化し4BC2型(100ps)となり、バックミラーはオーバル型からスクエア型に大型化された。

1987年には古さを隠し切れなくなったエクステリアをリファインし、規格型の4灯ライトを採用すると同時にグリルも変更され1993年まで製造される。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 長野県
撮影日 2011年7月


IMG_7807.jpg
参考までに北海道で見かけた初期型のモデル(1973-1980)をご紹介。
マイクロバスでありがちな倉庫の代役になっているようですが、レストアで復活できそうなレベルですね。
フロントには料亭名?の入った行燈が付いている以外はオリジナルで、ルーフ上の飛び出したマーカーランプが時代を感じさせます。

| Small-size Buses | 07:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【初代トヨタ コースター】 親子旅行でお世話になりました。

Coaster-1.jpg
私とマイクロバスの思い出は30年前にさかのぼり、1980年~1985年頃に毎年恒例になっていた親子旅行のイメージです。
当時はグループ旅行が流行っていて(私の地元だけかな?)近所の仲の良い家族の7組がレンタカーの「コースター」に乗って「別府 杉乃井パレス」に行く事を楽しみにしてました。
最前列の中央に座ってトンネルや滝を見たり、由布岳周辺の草原地帯を楽しんだりと未だにあの楽しさを忘れていません。

今回、長野県のスキー場を訪れた時に「初代コースター」を発見し、昔の記憶が昨日の事のように浮かんできました。今時見掛ける初代コースターといえば、廃車を利用した物置ばかりで、状態が良くて現役というのは久しぶりです。

この車両は途中から設定されたハイルーフ仕様で、フロントホイルのみデラックスホイールキャップが取り付けられています。


【1th Toyota Coaster High-roof (BB11/RB13)】
推定製造期間 1977-1982年頃

1969年2月3日、「ライトバス」をフルモデルチェンジして新たに「コースター」の名を冠して発売した。 コースターという名称は「沿岸貿易船」「巡航船」という意味である。 コースターは小型トラックの「ダイナ」をベースにホイールベースを270mm延長、フロア面を下げて居住性の大幅な向上を図った。 エンジンは5R型2ℓガソリン(93ps)と、J型2.5ℓディーゼル(70ps)の2機種を用意し、標準車の乗車定員は26名としている。

1970年2月10日、コースターに運転手の乗降に便利な運転席扉付車を追加した。

1970年10月19日、コースターに搭載されている5R型ガソリンエンジンの馬力を93psから98psに向上させたのと同時にアウトサイドミラーを可動式とした。

1972年2月10日、拡大するディーゼルエンジン車に対応するべく、J型ディーゼルエンジンに変えて新開発のB型エンジンを採用した。また、ラジエーターグリルの変更、フロントのベンチレーションホールの廃止などが行われた。

1977年、小型トラック「ダイナ」フルモデルチェンジに合せ型式がB10系に変更された。この変更によりホイールベースはさらに延長され、居住性を向上させたほか安全性を強化している。 また、外観が踏襲されているため従来型との判別は難しい。

1979年11月5日、昭和54年排出ガス規制・同騒音規制の対応と大型サイドミラーを採用するなどの変更を行った。 同時にコラムシフトからフロアシフトに変更し、操作性の向上を図っている。

1982年5月、2代目コースターの登場により販売を終了した。

絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 長野県
撮影日 2010年9月


Coaster-1.jpg
こちらの画像は、初期グリルとフロントパネルに4本のビード形状になっている事から、おそらく中期モデルと思われます。

【1th Toyota Coaster (RU19)】
推定製造期間 1972-1977年頃

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★☆☆☆
状態  廃車体
撮影地 栃木県
撮影日 2009年10月

| Small-size Buses | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。