| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Mercedes-Benz O303】 ベンツのベストセラーバス

先日、休日を利用して河口湖方面に出かけた際に、国内ではあまり見かけない観光バスを交差点で見かけ、進路を推理してシャッターチャンスを待ちました。

走ってきたのは独Mercedes-Benz社のO303。

腸管出血性大腸菌のO157を連想する名前であまりいいイメージではありませんが、70年代から80年代にかけてのベストセラーバスと言われるほど売れまくったそうです。

Benz 0303-1.jpg
(当時としては)一枚ガラスの巨大なウインドシールドを採用し、大型のワイパーで払拭させる方式なので、O303系の後期モデル(推測ではO303 RHD )と思われます。

”スケルトン構造の採用”と”エアコン標準化”によって実現できたカーブドガラスの固定窓は、華麗さと共に開放感があって視界がよさそうです。欧州は日照時間が短いこともあって、「少しでも日に当たりたい」という人のニーズを反映して、このような窓になったのではないでしょうか。(オープンカフェやガラス張りのビルが多い)

また’70年代末のベンツは、ハイデッカー車の導入が欧州他社メーカーよりの遅れをとっていたそうで、このO303が最初のハイデッカー車だと思われます。

Benz 0303-2.jpg
リヤ周りも特徴的で、乗用車のような凹凸のあるテールランプを低い位置にセットし、マフラーエンドが2本出しになってますね。側面中央部に見切りがあるのですが、乗降用の中央扉か非常用の扉ではないでしょうか。

【Mercedes-Benz O303 RHD】
推定製造期間 1982-1992年

1974年、O302シリーズの後継機種として登場。
1979年、ハイデッカータイプの登場。この前後より一枚式のフロントスクリーンを採用。
1982年、マイナーチェンジ
1992年、製造中止。後継機種はO404。

1985年にベンツの日本総代理店のウエスタン自動車が輸入し、ヤナセが販売・サービスを担当。
その後シュツットガルト・トラック・バス販売によって輸入され三菱ふそうがアフターサービスを行った。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 山梨県
撮影日 2011年10月


Benz 0303-3.jpg
こちらはドイツのベンツミュージアムに展示されている”Mercedes-Benz O 303 touring coach(1979年式)
当時としてはスタイリッシュで洗練されたデザインだったんでしょうね。バックミラーも小型でスマートだし。

Benz 0303-4.jpg
スポンサーサイト

| German Buses | 22:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Robur LO/LD 3000】 東の産業遺産!ロバーバス

ベルリンの壁が崩壊し、東ドイツ市民が西ドイツに一斉に流れ込んだのは1989年11月のこと。

当時はテレビを通して歴史的瞬間を見たのですが、ブランデンブルク門に大勢集まった市民が喜んでいる姿などが印象深く、東ドイツ製のトラバントに乗って西ドイツに入る人などの姿も記憶にあります。

東ドイツは西ドイツに比べると「酷く時代遅れ」であり、1961年にベルリンの壁が出来た頃のまま時間がストップしているような有様でした。
車は「ダンボールで出来た車」と揶揄されたトラバントや、レトロチックなSchwalbe製のバイクなどが思い浮かべ、映画「グッバイレーニン」では当時の様子をコミカルに描いていましたね。

2010年の3月にベルリンに訪れた際にパークイン ベルリンに宿泊したのですが、ホテルの正面玄関横に青くて丸っこい旧東ドイツ製のバスが停まっており、チェックインするのも忘れてバスまで擦り寄っていました。

Robur-1.jpg
最初は現役か?と思ったものの、ボディサイド部にバー&ラウンジ「Spagos」と書かれており、お酒を飲む隠れ家のような感じで使われていました。

トラックシャーシにバスボディを載せて作られ、ホイールは内側に入り込んでいるせいか不安定な印象です。
フロントのホイールアーチ部にステップを付けているのも珍しいですね。丸いボディとシンプルな灯火類の組み合わせで、非常に愛嬌のあるバスですねぇ。

Robur-2.jpg
ベルリンの若い人の間で「オスト」と呼ばれるブームがあり、オストの意味は懐古を意味する”Nostalgie”とドイツ語で東を意味する”Ost”を組み合わせた造語です。東ドイツ時代の古き良きモノが若い世代には新鮮であり、何か懐かしいということから注目されているそうです。

そういう理由もあり、この古いバスをお洒落な飲み場として提供しているのでしょうね。

Robur-3.jpg
運転席と客席の間にアクリルの壁があって入る事ができませんでしたが、様子を伺うとラジオは一応付いているもののまさに60年代の姿のまま!!ドアポケットも本当のポケットが付いています。

センター部は巨大なトンネルが造形され、LO2500/3000だと空冷ガソリンエンジン、LD2500/3000だとディーゼルエンジンが入っているはずです。

Robur-4.jpg
ベルリンの古いバス好きにとっては最高のスペースではないでしょうか。
最終日前日の夜にバスまで飲みに向かったのですが、先客のカップルがいい雰囲気になっていたので諦めました・・・


【Robur LO 3000 / LD 3000(後期型)】
推定製造期間 1967-1985年頃

詳しいデータが無いので参考程度に・・・
かって東ドイツのRobur社が製造したバスで、1957年頃にLOのシャシが完成されたのちバスボディを架装。
空冷ガソリン車のLOと、空冷ディーゼル車のLDの2つのパワーユニットと、フレーム違いによってモデル名称が異なります。
1967年頃にフェイスリフトされ1985年まで製造されたらしいのですが、出所も怪しく不明です。
1991年には車の製造を辞めて、今は自動車部品の製造をやっているとか。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  店舗改修
撮影地 ドイツ ベルリン
撮影日 2010年3月


Robur-5.jpg
Robur LOはトラックも含めて様々なバリエーションがモデル化されています。

| German Buses | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。