| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Zero Fighiter】 未来への第一歩

今朝の「喝!」でおなじみの報道番組の酷さに呆れてものが言えません・・・

この記事を掲載しようかどうか悩んだんのですが、報道の公平さに欠けるマスコミの報道に対してちょっとだけ抵抗したくなりました。

「これ、おかしいな?」 「何でかな?」

と思ったら流される情報だけを鵜呑みにせずに、自分自身で調べて自分の価値基準で判断してもらいたいと思います。

Yasukuni.jpg
先日、甥が大学受験のために東京へ上京し、当日は試験会場まで私も同伴することに。

受験会場の近くには靖国神社があり、せっかくなのでちゃんと一度お参りをしたく神社に向かう事にしました。 靖国神社に訪れるのは7年ぶりの2度目で、機会があればじっくりとお参りをしたいと思っていたのです。(前回は時間がなくて駆け足だった)

参拝の理由は私の祖父(故人)は陸軍砲兵所属で戦死した訳ではありませんが、なにか祖父の魂がここにいるような感じがするし、欧米露のアジア全域植民地化に対して祖国を守ってくれた人々への感謝の気持ちがあったから。

魔法の動画

靖国神社ではいろんな驚きがあったので、いくつかご紹介します。
① 朝早い時間だというのに高齢者だけでなく、若い人、欧米外国人などが多かった事。
② 中国人観光客が一般観光地と同じように笑顔で記念写真を撮っていた事。
③ 子供にこの神社の意味を教えていたお母さん。
特に高齢のおばあさんが涙をおさえながら手を合わせていたのが印象的でした。

靖国神社への参拝は立場の違いによっていろんな意見があると思いますが、外交戦略が絡む以上、なかなか円満解決はないのでしょうね。

Yushukan_Zero-fighter_Type52_1.jpg
靖国神社内にある遊就館には零式艦上戦闘機五二型が展示されています。
通称「零戦」で有名ですが、名前の由来は軍事兵器の年式を表すのに皇紀(明治政府が定めた日本独自の紀元)を使用するので、2600年(昭和15年)の下二桁の「00」を「零式」と呼ぶのに由来しています。

五二型は昭和18年8月より生産を開始し、甲・乙・丙型を含めて終戦までに約6,000機が生産され、零戦の最多量産型になったそうです。

皇紀記号のトラックといえば、94式六輪自動貨車と97式自動貨車が有名ですね。

Yushukan_Zero-fighter_Type52_2.jpg
この機体は出力アップの為でしょうか、エンジン周囲を囲ったカウルからは排気管が出ており、実に星型エンジンらしい雰囲気でした。 また、カラーリングについてですが、上面部はジャングルを飛行中に上空から分かり難くするために深緑色にし、下面部は地上から見たときに上空に溶け込む色になっています。

Yushukan_Zero-fighter_Type52_3.jpg
零戦に乗り込み際には翼から乗り込む訳ですが、当時のパイロットたちはこの角度からの眺めをどんな気持ちでみていたのだろうか。

Tachiarai_Zero-fighter_Type32.jpg
こちらの零戦は福岡県の大刀洗平和記念館に置かれた”零式艦上戦闘機三二型”です。 高速性能アップを目指して翼端を角型にカットした初期型の同機は、343機製造された中の現存する1機だとか。

大刀洗(たちあらい)というのは福岡県にある町名で、戦時中は東洋一と謳われた大刀洗飛行場があった場所です。当時の飛行機は機体が軽かったので、飛行場といってもちゃんとした滑走路はなく、だだっ広い原っぱから飛び立ったそうで、ちゃんとした滑走路が出来たのが昭和19年から20年にかけてといわれています。

【最後に祖父の戦争体験について】
祖父は戦時中の事についてほとんど話してくれませんでしたが、終戦記念日に辛かった気持ちを教えてくれたことがありました。 まずは負傷者が多い場所で野営をしたときの経験で、トイレに行く際に死人を見るは怖くなかったけど、苦しんでいる人を見るのが辛かったこと。 2つ目は、暗闇で付近の池?までハンゴウに水を汲みに行き、炊事して出来上がったご飯が赤飯のようになっていたので、明るくなってその池の様子を見に行くと血の池だったという話。 最後に病気の心配もあったのでしょうが、敵味方関係なく戦死者を丁重に葬っていたこと。 晩年まで規律正しく真面目だった祖父らしい話で、そんな祖父も没後26年が経ちます。
スポンサーサイト

| Event report | 17:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2014 東京オートサロン】 分かる人に分かるモノ

年明け早々の自動車イベントといえばカスタムカーの祭典 ”東京オートサロン”
2014年1月10日(金)から12日(日)にかけて幕張メッセで開催されており、金曜日の特別招待券を頂いたので、早速現地に行ってみました。

2014_Tokyo_Auto_salon_1.jpg
金曜日の午前中は特別招待券を持っている業界関係者や出展関係者、ジャーナリストや報道関係者などが基本的に入場が出来て、ブースの決まり事として ”音楽を流してはダメ!”という決め事があるので、例年同様に静かな幕開けとなりました。

午後は一般来場者が入場できて、各展示ブースでは音楽やステージイベントも開催。 寒さを吹き飛ばす熱気へと様変わりしました!

2014_Tokyo_Auto_salon_2.jpg
さて、展示されているカスタムカーといえば、コンセプトカー、コンプリートモデル、スポーツ、ドレスアップ等いろんな種類が多いのですが、毎度のことながらセンス良くまとめた車が少なく感じます。 見た目の派手やウケを狙って、ベース車両の性能・パフォーマンスを悪くするといった考え方はどうかと思う。

そうした中で好印象だったのが(株)Blowさんが出展していた「スズキ・エブリイバン」

一般の人からすると単なる商用バンにしか見えないのですが、車に詳しい人が見ると「おおっ!」となる訳です。 フロントバンパー、サイドステップ、リアバンパーにエアロを装着していますが、原着塗装に見せかけた艶消し黒塗装を施していたり、足まわりはスチールホイール風デザインのスピードマスター製の15インチアルミホイールを装着。

また、クオーターウインドはスムージング化しているし、フェンダーアンテナをあえて付けている。 純正でありそうで無かったものを付けているのだ。

車のオーナー様に話を聞いた話をまとめると「取引先との関係で商用バンでないと出入りすることが出来ず、商用バンをベースにノーマルのイメージを壊さないようにカスタムしている」とか。 ちなみに室内にはウ-ファーを積んでおり、スピーカーに蓋をすると工具箱に見えるといった点も付け加えておく。

Reliant_Rialto_Estate_1.jpg
会場には珍車「Reliant Rialto(リライアント・リアルト)」が居ました!
Reliant Rialtoとは、英国リライアント·モーター·カンパニーが生産していた3輪マイクロカーで、Reliant Robinの後継として1981年から1998年まで生産されていました。 

何で3輪構造を採用したのか? と疑問が湧くと思いますが、当時イギリスでは3輪自動車はバイク免許で乗ることができ、税金の優遇措置などによって、低労働者階級の移動の足として人気があったのです。

んで、英国ドラマ「Mr.ビーン」にReliant Robinが登場してから日本や世界各国で「Reliant」という車が知名度を上げたのです。 ドラマではMr.ビーンがReliant Robinをバカにしてましたね。
Mr.Bean VS Reliant Robin
Mr.Bean ”Parking”
また、英国BBCの辛口自動車情報番組「TOP GEAR」でも弄られていましたね。
TOP GEAR

Reliant_Rialto_Estate_2.jpg
メカ好きな方が足周りを覗き込んでいたり内装を見ていたりと、珍車の造りを確認されていました。 ホディカウルはFRP製で、車両重量は490kgと現在の軽自動車の約半分の軽さ。 ボディタイプは画像のエステートの他、ハッチバックなど3種類ほどあるらしい。

エンジンは4気筒OHV 850cc(40ps)を搭載。

Reliant_Rialto_Estate_3.jpg
フロントサスは片持ち式で手前には操舵系ロッドが見える。 左側にはオイルパンがあるので、エンジンを整備するにはFRPのボディカウルを外して行うのかもしれません。

左上部にはタイダウンフックがあり、フレームに直結するにはこの位置はやむなしか。

2014_Tokyo_Auto_salon_3.jpg
トラック関係では2012年から出展を開始した日野自動車が熱い。
出展車両だけでみると日野デュトロ2台を出展しただけで地味な感じですが、ステージショーを待ちわびて60~80人程の行列ができていました。 過去にはポールダンスやシルエットだけを映した生着替えなどを行っており、今回も期待が大きいのです。

2014_Tokyo_Auto_salon_4.jpg
最初は日野デュトロのPRに始まり・・・

2014_Tokyo_Auto_salon_5.jpg
ビキニダンサーによるパフォーマンス!

2014_Tokyo_Auto_salon_6.jpg
最後は水兵さんのコスプレでフラッグダンスを披露。

相変わらず日野はブレていませんね!!

| Event report | 15:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2013 東京モーターショー】 古い商用車もあるよ!

Tokyo_Motor_show_2013_1.jpg
2年に一度の車の祭典「東京モーターショー」が11月20日より東京ビックサイトで開幕されました。 眠たい目をこすりながら朝7:30には国際展示場正門前に到着。

ながい なが~い一日の始まりです。

wolseley_cp_Truck_1.jpg
2007に初代エルフ、2011年にスミダM型バスを持ち込んだ「いすゞ自動車」は、
「ウーズレーCP型1.5t積トラック」を展示していました。

「ウーズレー?」「何それ!?」 と思われる方も多い事でしょう。

いすゞ自動車の前身である東京石川島造船所が、第一次世界大戦で大きな利益を得た資金を元に、英国ウーズレー社と提携して大正13年(1924)に国内生産したトラックのことです。 ”トラックの普及”と”いざと言う時に軍用車として使える”という目的で制定された「軍用保護自動車」で、購入や維持の費用の一部を軍が補助していました。

ウーズレーCP型トラックの生産規模は年間300台程度で、大正15年(1926)にウーズレー社との提携を解消した後も車名はウーズレーとしていたのですが、昭和3年(1928)には車名を「スミダ」と呼ぶようになった歴史があります。

wolseley_cp_Truck_2.jpg
1924年式のウーズレーCP型トラックはソリッドゴムのタイヤを装着しており、1926年製辺りでバルーンタイヤに変更されてたらしいので、この車両は1926年から1928年辺りの製造のようです。

荷台周りは全て木製で、1.5トン積の割にはゴツイ感じがしますね。
尾灯は一個でアポロ式方向指示器すらありません・・・

さすがにここまで古いと「懐かしい」という感情は湧いてこないですね・・・

wolseley_cp_Truck_4.jpg
ダッシュボートというかスカットルというか室内も木製。
ハンドル裏のイチジクのようなホーンからは「パフ」「パフ」と音が出るんだろうか?

wolseley_cp_Truck_3.jpg
正面のハンドルよりクランクを回してエンジンをかけるのですが、たしか寒い日はオイルパンの下を焚火で暖めないとエンジンが掛かりにくいと聞いたことがあります。

Canter_T90_1.jpg
続いて三菱ふそうブースへ

受付のお姉さんと、キャンターのチョロQを頂く見返りに 「ブログに三菱ふそうの記事を書くこと」 という約束をしたため、三菱ふそうの様子を紹介します。

1963年に初代モデルが誕生したキャンターは今年50周年を迎えており、これまで各所でキャンターブランドの訴求活動を行ってきており、今回の東京モーターショーでは、1968年から1970年に発売したキャンターT90系(T91AHか?)を出展していました。

このキャンターは「ふそう名車復元プロジェクト」によってレストアされた車両で、現在同プロジェクトではジュピターやボンネット型のT33型をレストアしているそうです。

Canter_T90_2.jpg
荷台に積んだダンポールには、当時カタログに描かれていたバリエーションを印刷していました。 (反対側は歴代キャンターの写真)

キャブのピラーに”G”というエンブレムがあるので、KE42型ガソリン4気筒1,995ccエンジン(90ps)が搭載されているものと思われます。

Canter_T90_3.jpg
ここ数年、リアのシングルタイヤ仕様がツボになっています。

Fuso_FI.jpg
最後にアジア・アフリカ向け戦略車として開発された車両総重量9~16tの中型トラック「FⅠ」の展示もありました。

「キャンター」のキャビンと「ファイター」の足まわりをベースにしているので、かっての「ファイターミニヨン」の立ち位置のトラックですね。

| Event report | 01:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【予告】お台場旧車天国(Old-timer )

今日、2013年10月6日(日)は東京お台場で”お台場旧車天国”という旧車を集めたイベントが開催されるが、子供の運動会とダブルブッキングしているじゃありませんか。
(なんてこった!)

いつも肝心な時に大事な用事と重なってしまう・・・

暇な週末もあるのになぜ・・・

IMG_A000.jpg
ということで午前中は子供の運動会に参加することに。
ここでは出来るだけ体力を温存しておきたいところが、カメラの場所取り、父母参加の綱引きに参加する羽目になって頑張りすぎたかも・・・

子供から応援されているのに恥ずかしいことできないからね。 

Toyota_KB_1.jpg
午後からは急いでお台場に向かったものの、会場入りしたのは14:30過ぎ。
今回は商用車のみにターゲットを決めて会場を回ってみたものの、時間が足りなさすぎたため、乗用車のレア車など沢山見逃していると思う。(断言できる)

画像はオーナーと共にTV出演を果たした1943年式 トヨタKB型。
前に見た時からナンバープレートの位置が変わっており、年式の時代背景を考えてなのか赤色回転灯を外していました。

Fuso_Canter_Kitsu.jpg
三菱ふそうからは、今年で誕生50年を迎えた小型トラック「キャンター」が特別に展示されていました。 1973年から78年まで生産された3代目のキャンターで、Vキャンという愛称でもお馴染みですね。

三菱ふそうでは過去の名車を次々とレストアされており、この車両もその中の一台で、新車よりも眩しいくらいの上質な仕上がりでした。 

今日は時間がないので予告レベルで失礼します。(次回にてレポートを掲載します)

| Event report | 22:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【みんしあまつりin夷隅】 みんしあのボンネットバス

2013年4月28日~29日にかけて「みんしあまつりin夷隅」が開催されるという情報を聞きつけ、本日様子をうかがいに千葉県いすみ市に行ってきました!

Isumi_201.jpg

イベントとしては、国吉駅周辺の街並みを利用した町おこしとして、古い車の展示、ボンネットバスの試乗会のほか、鉄道ファンにはムーミン列車でお馴染みの”いすみ鉄道”ともコラボしてイベントを盛り上げていました。

イベント会場の国吉駅はこの日ばかりは人で溢れ、地元の人が「こんなに人が集まることはない」と話しているのを聞くほどでした。

画像は国吉駅で撮影したいすみ鉄道の200系車両(201)で、1988年の車体を改良しながら使われているみたいです。動力は日産ディーゼル製PE6系ディーゼルエンジンの動力によって走行し、車体の下にはトラック用のようなプロペラシャフトもありました。

電車のスムーズな発進とは違って、頑張っている感がひしひしと伝わってきます。
鉄道は範囲外なので、ボロが出る前にこの辺で終了したいと思います。

Chiba_Delta.jpg
いすみ鉄道の発車時刻までに時間がたっぷりとあったので、駅周辺(国吉駅ではない)を探索してみると、いきなり2代目ダイハツデルタが目の前に現れました。

このデルタは前期型のグリルを装着しているので、1977年から1983年頃に製造されたと思われます。(2代目は1984年まで製造)

すでに製造されてから30年以上を経過しているし販売台数も多くなかったことから、街中で見かけることはあまりないですね。 また、メッキバンパー装着車はこの車以外に私は見た記憶がありません。

BXD30_U690.jpg
国吉駅を下車し、イベントのメイン会場を通り抜けると、ボンネットバスの試乗会及びポッポの丘まで送迎するバス乗り場があるのですが、老若男女の行列が出来るほどの人気で、用意された3台のボンネットバスはフル稼働でした。

さっそくボンネットバスの走行ルートでボンネットバスを待ち伏せすると、いすゞBXD30型と日産U690型のランデブー走行を目撃。

1965_Isuzu_BXD30.jpg
【1965年式 いすゞBXD30型ボンネットバス(前期顔)】

1959年にBX型バスのヘッドライトはフェンダーに埋め込まれ、ボンネットはアリゲーター式のモダンなスタイルに変身。同じ顔を持つTXD/TXGトラックは1962年にフロントウインドーが一枚ガラスになり近代化されたものの、バスの方はボディ架装業者(川崎航空機工業)が違うので分割式のままだったようですね。

BXD30型ボンネットバスは1964年には四灯式の後期型フロントマスクに変更されたと思ったのですが、公式には1965年式とあるし・・・レストアの過程で前期型に移植されたのかな?

ちなみに形式名のBXD30とは、Bがバス(Tがトラック)、Xは1930年代のX型エンジンを搭載したモデルの呼称だったもの(違うかも?)Dはディーゼル(Gがガソリン)30はホイールベース長で4.3mを意味しています。

1964_Nissan_U690.jpg
【1964年式 日産 U690型ボンネットバス】

1959年にボンネット型トラックがモデルチェンジし、680型トラックになったと同時に同じ顔を持つボンネット型バスも690型にモデルチェンジ。

680型トラックの方は日本初のパノラマウインドと国産初の縦4灯のヘッドライトから直線基調の力強さを感じさせるスタイルに変貌し、斬新なニュールックをまとって人気を博したモデルだったのに対し、ボンネット型バスの690型は印象が薄い感じです。

このバスは女の子のウケがよく「かわいい」という声を何度も聞きく程でした。

1968_Isuzu_TSD40.jpg
【1968年式 いすゞ TSD40改ボンネットバス】

最後はポッポの丘まで無料送迎をしていたバス。
3台のボンネットバスの中で一番古くみえるのですが、実は一番新しいモデルです。
このバスは4×4駆動の特殊なシャシーを持つボンネット型トラックのTSD型をベースにしており、山間部などの駆動力が必要な路線用に導入されたバスです。

フロントの車軸も駆動するため、腰高なスタイルになっています。
旧国鉄バスのカラーリングも意外と似合っていました。

| Event report | 00:29 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。