| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Toyota Kijang】インドネシアの多目的車 「初代キジャン」

昨年(2015年)の12月、インドネシアのジャワ島を訪問する機会がありました。

こちらの車事情は現代の車と混じって、1970年代の日本車を中心に40年選手が普通に走っているし、黄金キャンター(現地名Colt diesel)は写真を撮るのも面倒なくらいにウジャウジャ見かけます。 旧型商用車ファンにとっては夢のような世界ですね。

さて、インドネシアでは長年見てみたかった多目的車 「初代トヨタ・キジャン」 を獲得するのが最大のミッション。

貴重な初代キジャンをGetするため、暇をみてはいろんな場所を歩きまわったものの、大都市のジャカルタやスラバヤではキジャンの獲得ならず・・・
(2代目だったら見かけたが)
「都市部には居ない」と悟った私は、中部ジャワエリアの田舎地域で探索してみると、

そこには・・・

Toyota_1st_Kijang_1.jpg
いた!いた!いた!いた!

朝市近くの屋台が並んだ場所で初代トヨタキ・ジャンが居ました! 
でも駐車位置の関係でフロント側の写真撮影が今一つ。
近くにボーッと椅子に座っている人に、「この車のオーナーは誰?」 と聞いてみると、
その人は屋台に居る人を指差して教えてくれた。

早速キジャンオーナーに写真撮影の件で話しかけてみると、

キジャンオーナー  ( ゚д゚ ) 「????」 

何で俺の車を撮る必要があるのか? みたいな表情をしていたので、
チップを少量渡すと、キジャンオーナーは無言で車の方向へ歩き出しました。

Toyota_1st_Kijang_2.jpg
青のノースリーブ ジャケットを着ている人はフリー誘導員で、キジャンオーナーを教えてくれたのもこの人。 車をバックさせる時に誘導し、その見返りにチップをもらうことで収入を得ているらしい。

写真を数枚撮った後、キジャンはすぐに走り出したため、細かい部分は観察できなくて残念でしたが、かなりオリジナルを保っている車体でした。 
(理想をいうと、窓はガラスじゃなくて幌タイプを見たかった)

Toyota_1st_Kijang_3.jpg
こちらも中部ジャワの地方都市で見かけた初代キジャン。

初代キジャンは1977年6月に発売された多機能車で、この初期モデルは「必要最低限の機能」と「過酷な使用環境にも耐えうる性能」、そして汎用性に豊んだ低価格車」というコンセプトに基づき、ノックダウン(CKDタイプ)された車両で、インンドネシアのほかフィリピンやマレーシアなどでも現地名で発売された。
(残念ながら日本での販売はされていない)

初代、2代目キジャンは折り紙細工のようなボディが特徴ですが、これにはインドネシアでノックダウン生産をする条件に、ボディ部品を現地で調達する必要性があったが、現地の技術で設備投資を少なくすることを考慮した結果、直線の折り曲げを行うベンドを中心にした結果だったから。

Toyota_1st_Kijang_4.jpg
続いて中部ジャワのガソリンスタンドで見かけたピンクの初代キジャン。
ちなみに給油口は助手席側のドアノブ後方にあります。

オーナーが若いだけに、足回りを中心にカスタムされていました。 フロントバンパーは2代目キジャンからの流用らしく、フロントグリルのオーナメントは宗教的なものが取り付けてありました。

Toyota_1st_Kijang_5.jpg
キジャンといえば、カロセリという町の自動車工場レベルのボディ架装メーカーとの繋がりが強く、カロセリ業者はバスボディやトラックの架装を手掛けてきた経験を生かし、初代キジャンも各地のカロセリの手によって様々なボディが製造されたそうだ。
(カロセリとはイタリア語のカロッツェリアの発音からきているのだとか) 

画像のバスボディもそうしたカロセリ業者の一つが制作したものだと思われます。
(フロントフェンダーも違っていますね)
オーナーのリクエストに応じて架装してくれるため、ニーズに合った車が素早く手に入る一方で、雨漏りとかのトラブルも多かったのだとか。

Toyota_1st_Kijang_6.jpg
カロセリの技術ではスライドドアやテールゲートを制作するのは厳しかったようで、ヒンジ式の2列目ドアやRRエンジン搭載車に見られたような、エンジンメンテリッドのようなリヤハッチが見受けられます。

Toyota_1st_Kijang_7.jpg
インパネ周りは本当に必要最低限のものしか付いていませんでした。 エアコンも無いので当然HVAC(エイチバック)も必要ないし、ラジオや時計すらありません。
今の時代だと逆にシンプルな運転席も新鮮に感じるし、楽しそうなイメージがある。
不思議なものですね。


【Toyota Kijang】
製造期間 1977-1980年

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 インドネシア 中部ジャワ地域
撮影日 2015年12月



【1976年12月】
トヨタは新たに開発した多目的用途車BUV(basic utility vehicle)をまずフィリピンに導入し、今後状況に応じて他の国々にも導入することを発表した。
(フィリピンではタマラオという名前で発売)

【1977年6月】
多目的用途車BUVをインドネシアで発売することとなり、トヨタ車の輸入・販売代理店である「トヨタ・アストラ・モーター社」を通じて販売された。
インドネシアでの車名は「Kijan:キジャン」とし、現地で鹿を表す言葉を使用した。

キジャンはインドネシアの工業化政策と多様化する輸送ニーズに対応するために投入されたもので、キジャンの組み立てはインドネシアのトヨタ車の組み立て会社である「マルチ・アストラ社」が担当するが、エンジン、トランスミッション、シャシー等は日本から供給し、キャブ、デッキ、フレーム等は現地のトヨタ・モビランド社が生産を行った。

搭載エンジンは 水冷直列4気筒OHV 1200cc のガソリンエンジンに4速フロアMTが組み合わされる。 ローサイドピックアップの最大積載量は855kgとなっており、当初の月販台数は200台であった。

初代キジャンはいろんな制約の中、台数も多く売れたとはいえないけども、国の発展に尽力を尽くした車であり、今もなお現役で使われているという現実に、敬意を表したい。
スポンサーサイト

| Toyota | 14:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【3代目トヨエース】 国民車からデラックスへ進化

1955年5月に通商産業省重工業局自動車課が打ち出した「国民車構想」により、1958年には軽乗用車の「スバル360」が発売されて爆発的なヒットとなった事は知られた話ですが、「トラックの国民車」というキャッチフレーズで売れに売れた大衆トラックがありました。 その名は「トヨエース」
1955_Toyopet_SKB型
1954年にトヨペット・ライトトラックSKB型(工場渡58万円)という名前でデビューしたこの車種は、大量生産を前提にしたユニークはセミキャブオーバースタイルと低価格によって話題になってはいたが、1956年に賞金20万円でライトトラックSKB型の愛称を募集しペットネームの「トヨエース」が決定。

更に価格を7万円も引き下げて工場渡51万円という更なる低価格化によって、3輪トラックの源泉を獲得して大ヒットし、名実ともにトヨエースがトラックの国民車になりました。 また、1959年には2代目トヨエースSK20型が登場し、従来の面影を残しながら構造の合理化と単純化を追求したデザインでその地位を不動にしました。

1971年に発売された3代目トヨエースはというと、機能性に加えて現代性をプラスしたフルモデルチェンジが行われ、室内は乗用車ムードの客室とし、安全性も向上させた方向へ進化したものでした。

Toyoace_2014_1.jpg
こちらは今年の5月にみかけた3代目トヨエースの後期型で、荷台の後部にはパワーゲートが付いた仕様になっていました。 トヨエース・パワーゲート付車(リフター容量前期型450kg/後期型500kg、リフトアップ時間7秒)は1972年4月に大衆トラッククラスでは初採用され、電気製品、家具、ピアノ、プロパンガスなどの重量物を扱う小売店等に向けて発売されました。

この頃のトヨタは総合物流システム(TECS:トヨタ イージー キャリイ システム)の一環で物流の合理化、省力化、スピード化を図った商用車戦略を構築していて、続々と特装車が開発されていきました。

このパワーゲート付車は農場で使われているものですが、廃車になるものを現オーナー様がタダで譲り受け、コツコツと修理しながら現役で使えるようにしたそうです。 (前にも同じトヨエースを乗られていたとか)

Toyoace_2014_2.jpg
自宅と現場を行き来するのがメインで、年間走行距離は100㎞程。
オドメーターは6万キロ強を表示していました。

外観は年式相応の経年変化は見られますが、ボディカラーは当時のままの綺麗なキャビンで、4輪とも割れやすいホイールキャップも残っています。 レストア車とは違って生きた証みたいなものが感じられ、深みある渋味がなにか惹かれます。

Toyoace_2014_3.jpg
インパネ周りから突起物や金属パネルを極力廃し、乗用車ムードで仕立ててありました。メーター右側の蓋はブレーキオイルの点検口で、スイッチ類は絵文字で表しているところが面白いです。

この車はDELUX仕様なので、スタンダード車に対して5局プッシュ式ラジオ、シガーライター、サンバイザー、アシストグリップが標準装備となっています。

Toyoace_2014_4.jpg
前期型のボディカラーはアイリッシュホワイト、サロニカオリーブ、ピレウスグリーンの3種でしたが、後期型ではアイリッシュホワイトとロイヤルブルーとハワイアンブルーになっています。

Toyoace_2014_5.jpg
ボディーカラーといえば、この場所からすぐ近くにも同じ型のトヨエースがあると教えて頂き見に行ってみたのですが、そこには「スノーブランド」のコーポレートカラーをまとっていました。 残念ながらこの車両は近々廃棄されるとのことで、見納め記念に最後の姿を収めさせて頂きました。

Toyoace_2014_6.jpg
北海道エリアでも3代目トヨエースの姿を目撃する機会は少なくなってきており、ちょっと寂しい気分です。


【Toyota Toyoace(後期型)】
推定年式 1976-1979年

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2014年5月



1971年8月30日、小型キャブオーバー型トラックの「トヨエース」をモデルチェンジした。 トヨエースは1954年年の発売以来、これまでの累計販売台数は57万台を超え、1t積キャブオーバー型トラック市場をリードしてきた。
3代目となる新型トヨエースは、初代から継承するセミキャブオーバー型を採用しつつスタイルを一新し、機能性に現代性をプラスした。 バリエーションは1.25t積車と1.5t積車の2種でスタートし、1.5t積が12R型4気筒OHV 1587cc(83ps)、1.25t積は3P型1345cc(70ps)とどちらもガソリンエンジンを搭載している。 キャビンは室内長の拡大、フロントウインドのカーブドガラスを採用、三角窓の廃止など、居住性と視認性の向上を測っている。

1972年7月10日、貨物輸送量の増加と小型トラックのディーゼル化に対応し、トヨエースに1.5t積ロングボディ車、2t積ディーゼル車(7/22発売)を追加した。 ロングボディ車は従来の1.5t積をベースに荷台を200mm延長。 2t積ディーゼル車は2J型2,481cc(75ps)エンジンを搭載。

1972年11月13日、トヨエースのバリエーション拡大として木製デッキ高床三方開車6車種を追加した。 木製デッキは耐久性並びに荷傷みが少ない特性を生かして機械・鋼材などの金属製重量物等の運搬に適している。

1975年1月20日、1.5t積ディーゼル車3車種とパワーリフト車4車種を追加した。 従来2t積車に搭載していた2J型2.5ℓディーゼルエンジンに改良を加え、馬力とトルクを向上させながらディーゼル排出ガス規制に適応している。 また、パワーリフトは(英)ラットクリフ社とトヨタ車体の技術提携により開発された。

1976年11月19日、小型トラックのトヨエースをマイナーチェンジ(後期型)した。 主な改良点は居住性の向上、積載性の向上、若干の意匠変更、デラックス車の追加等である。 フロントグリルデザインは2分割グリルとなり、従来のスペシャル車を廃止し、デラックス車を設定した。

1977年8月18日、トヨエースに「ジャストロー」およびダブルキャブロングデッキ車を追加した。 ジャストローは後輪に小径ダブルタイヤを用いた低い荷台(荷台高705mm)と、広く平らな荷台と3方開きゲートを持ち、積み降ろしが容易で重心が低くなることで走行安定性を高めている。

1978年2月1日、高速道路整備に伴う長距離走行に対応し、燃費、高速性能、騒音に優れた5段ミッション車を追加した。(従来車は4段)

1979年3月7日、「昭和54年排出ガス・騒音規制」をクリアした4代目トヨエースが登場し生産を終了した。

| Toyota | 13:32 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2代目ダイナ】 4灯ヘッドライトをいち早く採用したんです!

先日は数年ぶりにアートトラック(デコトラ)の撮影会に行ってきました。

”旧車が来てたらラッキー”程度に考えていたら、会場に向かている途中の意外な所に伏兵が潜んでいました!!

Toyota_Dyna_RK171_1.jpg
何と!まさかの2代目トヨタダイナの出現です!!

旧車の撮影を開始してから初めて目撃する車両だったこともあり、アートトラックのイベントをそっちのけで暫くダイナを覗き込んでいました。

2代目トヨペットダイナは1963年にフルモデルチェンジされ、クラウン(RS40系)に歩調を合せる形でヘッドライトが4灯化されました。アッパーマウントされたヘッドライトとセミキャブオーバースタイルの組み合わせは60年代車らしくていいですね。

この時代の2トン車は日産キャブオール、プリンス・クリッパー、ダイハツDV200、マツダD2000のほか、ディーゼルエンジンを搭載したいすゞ・エルフ、三菱キャンターなど強力なライバルがひしめき合う市場でした。

そうした中で競合車に勝てる手段としてトヨタが選んだのは”バリエーションの拡充”だったのです。シャシはスタウトとは分離した専用設計となり、ロングボディ、ダブルタイヤ、ダブルキャブ、特装車などをラインナップしたのでした。

画像の車両はグリル形状から察すると1967年から1968年の間に発売された後期型で、一方開き2トン積ロングボディーのRK171型のようです。ドアのエンブレムにはDYNA2000になっていることから、1967年に投入された新型ガソリンエンジンの5R型(直列4気筒 1,994cc 93ps)が搭載されているはずです。

Toyota_Dyna_RK171_2.jpg
国内では2代目ダイナの現役車情報も聞いたことが無く、廃車体でさえネット上に画像が出ていません・・・そうした状況下において、このダイナの状態は素晴らしく、もう一度ナンバーを取得して公道復帰を願いたい所です。


【Toyota Dyna RK171】


1963年4月、トヨペットダイナをフルモデルチェンジ。フレームはボンネットトラックの「スタウト」との共用をやめて専用フレームを採用。ガソリンエンジンの3R-B型(直列4気筒 1,897cc 80ps)を搭載した。
1963年10月、ロングボデー車を追加。標準ボディの荷台長3.1mに対し4.1mとした。
1964年3月、待望のJ型(過流室式4気筒2,340㏄ 65ps)ディーゼルエンジンを投入。
1965年、マイナーチェンジによって新デザインのグリル採用とサイドフラッシャーの追加とともに、車名もトヨペットダイナからトヨタダイナに変更。
1967年、新型ガソリンエンジンの5R型(直列4気筒 1,994cc 93ps)を搭載するとともに、再びグリルのデザインを変更。(この年の上半期には1万6,404台を販売してクラス最高の登録を記録した)

推定年式 1967-1968年
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★★☆
状態  保存車か中古販売車
撮影地 神奈川県
撮影日 2013年11月


Fuso_FU_Ichibanboshi.jpg
そうそう、肝心のアートトラック撮影会には映画”トラック野郎”で有名な一番星号(レプリカ)が来ていました。 誰もが立ち止り、記念写真やら各部を覗き込んだりしていたのが印象的でした。

| Toyota | 20:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【トヨタFC型】 大型放水銃を持った消防ポンプ車

今回も群馬ネタになってしまいますが、たまたま通った道路沿いに古い車を置いている場所を発見。 そこにはトヨタの古いポンプ車をはじめ、縦目グロリア、ダイハツ3輪トラックが鎮座しておられました。 

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_1.jpg
3台の中で最も注目したのは、画像のトヨタのボンネット型消防ポンプ車。

この丸っこいスタイルは戦後の1951年に登場したBX型/FX型のデザインを踏襲し、1954年にフルモデルチェンジとなったBA型(ディーゼル)/FA型(ガソリン)の系統になります。 始動性とパワーを要求する点と、ホイル取り付けスタッドボルトが5本締めであるから、ガソリンエンジン搭載のショートホイルベース仕様のFC型のようです。

このクラスの消防車といえば、いすゞのTXシリーズの方が印象強く、トヨタFA型/FC型の消防車は初めて見ました。 年式を予測すると、ヘッドライト下の長方形の補助灯の有無と、フロントグリルのTOYOTAのエンブレムの大きさ、ワイパー形状などにより、1961年頃のモデルと思われます。(テールライトは赤単色仕様)

ちなみに、1961年前後より緊急車両の赤色回転灯が普及していくんですよね。

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_2.jpg
ボディ側面はスッキリとした印象です。

水槽タンクを持つこのポンプ車は、現場に急行すると同時に水源に頼ることなく、水槽上の放水銃によって強力な消火活動ができるという特徴をもっています。

また、この頃の給水用吸管は、ストレートタイプから柔らかいソフト吸管となり丸められて収納されるようになるました。

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_3.jpg
一刻を争う現場で活躍するために生まれてきた車両なのに、顔つきが優しそうなのは、のどかな時代だった事を感じさせます。 現代は威嚇するような顔をした車両が多いのですが、この優しそうな目に今の車がどう映るのだろうか。


【Toyota FC Fire pumpcar】


1954年2月、BX型/FX型を改良したBA型/FA型の販売を開始。
1956年2月、マイナーチェンジを行われる。
1964年、後継機種のFA100型/DA100型が登場するに伴い、生産終了。

推定年式 1961-1962年
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  保存車
撮影地 群馬県
撮影日 2013年9月

| Toyota | 12:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【マッシーダイナ】 レアなトヨタ製4tトラック

子供 「最近、お父さんのブログ更新されていないね・・・」

私 「・・・」

ここしばらく仕事の事しか頭になく、なかなかブログ更新が出来ていなかったことを子供ながら察して、心配していたようです。


さて、昨日のニュースでトヨタ自動車グループが2013年上半期(1~6月)の世界販売台数で、米ゼネラル・モーターズ(GM)、独フォルクスワーゲン(VW)を抑え、2年連続で世界一を堅持したとのこと。 トヨタグループとして、トヨタのほか、ダイハツ、日野を加えた数値で約491万台を販売したそうである。

そんなトヨタ自動車も、第2次世界大戦中は陸軍に納入するためにトラックの製造を主体としており、戦後になるとGHQの「復興に必要なトラックのみの生産を許可する」といった事情から、昭和20年代までトラックを中心とした製造が続くのでした。 トヨタは中・大トラック製造に関して歴史があるのですが、昭和30年代以降、乗用車生産に資源を集中させたため、中・大トラックの競争力は徐々に低下していくのでした。

そのトヨタ自動車が昭和44年(1969)9月に中型クラスに「マッシーダイナ」投入したものの、強力な他社製中型トラックの前に販売の面で苦戦し、1980年を前にトヨタは中型トラック市場から撤退しました。

世界のトヨタ自動車であっても、過去には苦い経験をしながら成長していったんですね。

Massy_Dyna_Van_1.jpg
その”マッシーダイナ”ではありますが、日本国内で見かけることは非常に難しいです。
有名な消防車や検診車などはマニア向けに動態保存されていますが、現役の仕事車についての情報はほとんど聞いたことがありません。

過去には2009年に茨城県でマッシーダイナバン(画像)を発見したものの、この貴重な車両もすでに撤去されていました。 マッシーダイナとしては珍しいアルミバンモデルで、状態も悪くなく、ちょっとの整備で動き出しそうな雰囲気でした。

Massy_Dyna_Van_2.jpg
ワイパーが3連式、助手席側のミラーとステー形状、ヘッドライトベゼル形状などから、1975年~1976年末の後期モデルと思われます。すでにこの時代はヘッドライトの取り付け位置が低い位置にセットするのが一般的であったので、古臭いイメージに見えたかもしれませんね。

Massy_Dyna_Van_3.jpg
トヨタ製乗用車を手掛けるデザイナーが担当していたのだろうか、当時のトラックとしては面構成がきれいだし、チリ(隙間)も少なく設定されているので、見た目的にはしっかり造られた感じがします。


【Toyota Massy-Dyna(EC20)】
推定製造期間 1975~1976年頃

昭和44年(1969)9月1日、急成長を続ける中型トラッククラスにダイナシリーズの最上級車として「マッシーダイナ」を発売。 マッシーダイナは積載量4tおよび3.5tのキャブオーバー型トラックで、「ダイナ」と大型トラックとの間を埋めるモデルとして開発され、トヨタと日野の共同開発したQ型4.5ℓディーゼル(105PS)を搭載した中型トラックであった。 また、消防車用等の特殊車両用としてトヨタ製F型3.9ℓガソリン(130PS)も存在した。

昭和50年(1975)3月3日、販売のテコ入れとしてマッシーダイナを大幅に改良した。
従来のQ型ディーゼルを廃止し、新たにE型5,871㏄ディーゼル(145ps)を搭載するとともに、シャシ、足回り、キャビン、荷室などの大幅な改良を加えた。 ガソリンエンジン搭載車は同年4月に従来のF型エンジンの改良型である2F型4.2ℓエンジン(140ps)を新たに搭載した。 また、整備性が向上するチルトキャブを採用し、安全性の向上として、3連ワイパー、ミラーステーの変更、インパネや計器類のソフトパッド化が進められた。

昭和51年(1976)3月29日、積載効率を向上させる超ロング車及びロング広幅車を追加した。 超ロング車の荷台は標準ロング車に対して950mm長くなり、また広幅車の荷台はは200mm広げられており、その影響でキャブは標準車を流用しながらフェンダー部のみ幅を広げて法規に対処した。

昭和51年(1976)9月9日、同年9月1日から実施された騒音規制に対して騒音対策を施すとともに、ダンプ車の荷台長を3.2mから3.4mに延長した。

販売においては依然苦戦したままで(トヨタ側も売る気が無かったのかも)、1980年を前にラインナップから消滅し、それ以降中型トラック市場からは撤退している。


絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★★★
状態  撤去済み
撮影地 茨城県
撮影日 2009年5月


| Toyota | 11:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。