fc2ブログ

国内と海外の旧式商用車を紹介

プロフィール

Route★ZERO

Author:Route★ZERO
【海外在住】
海外の味のある乗り物を中心に
写真を撮影しています。

【ご注意】
・写真の無断転載禁止
・撮影場所は答えられません
・問題のある画像があれば
 お知らせください

4 コメント

【Mazda Boxer】 マイノリティなマツダの4トン車

ここ数年、Mazdaの乗用車は 「デザインと走り」 でお客様の心を掴み、好調なセールスを続けていると聞きます。そんなMazdaにも過去には経営危機があり、1973年のオイルショックの影響でロータリー車が売れなくなった時期と、1989年に展開した 「5チャンネル体制」 の弊害によりフォード傘下になったが有名です。(2015年9月に資本関係を解消)またMazdaの過去には4トントラック市場に参入していた時期があり、「MAZDA BOXER」...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



4 コメント

【タイタン ウォークスルーバン】 宅配便と言えば・・・

欧米ではウォークスルーバンという「乗員が運転席と荷室の間を、車から降りることなく自由に行き来できる」「荷室では立ったまま作業することが可能」といった特徴を持つ車両が昔から存在していました。日本では、1976年にヤマト運輸が”クロネコヤマトの宅急便”でお馴染みの宅配便事業をスタート。1980年代初頭にはヤマト運輸とトヨタ自動車の共同開発で「ハイエース・クイックデリバリー」という日本式ウォークスルーバンが量産化...
記事の続きを読む
12 コメント

【マツダ T1500/T2000】 三輪トラックの歴史

本日は”三輪トラック”の話題を取り上げたいと思います。1980年前後までは、実家近くの肥料屋さんが乗っているダイハツの三輪トラックをたまに見かけていたのですが、当時、私を含めた小学生たちは「うわーっ三輪トラック!」と叫び、時代の違うトラックの登場に少し小馬鹿にした感じでした。(ちなみにその肥料屋さんは今も三輪トラックを保有しているとか)私たち(団塊ジュニア)世代にとっては三輪トラックは過去の乗り物だった...
記事の続きを読む
8 コメント

【マツダ ボンゴ】 ボンゴの歴史に幕・・・

マツダは乗用車のハイブリッド化やEV化に乗り遅れ、販売面において苦汁をなめていましたが、昨年夏の「スカイアクティブ・テクノロジー」を盛り込んだの低燃費エンジンの発売など、マツダの意地を見せました。ところが、益々厳しくなる排ガス規制や燃費規制に適合させるためのエンジン開発費用が、販売面で回収出来ないと判断され、マツダ・ボンゴの生産を撤退するというニュースを知り驚きました。 事情が違うけど、スバル・サン...
記事の続きを読む
7 コメント

【初代マツダ タイタン】青い巨人

初代タイタンはとても馴染み深いトラックの一台です。私の地元である福岡県では、昭和末期頃まで近所の製材所や土砂販売店が使っており、通学の途中で頻繁に見かけていた記憶があります。怒っているようで悲しんでいる表情は、同級生のN君を連想させるほどそっくりでした。地元では昔からマツダ車の比率が高かったこともあり、初代タイタンはV型キャンターと同様に数多く生息していました。北海道のリサイクル業者(中古農機も販売...
記事の続きを読む