FC2ブログ

<< 2011-02- | ARCHIVE-SELECT | 2011-04- >>

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

【ダイハツ V150】 黒ひげレッカー車

ダイハツV150 1

田舎町のどこにでもありそうな自動車整備工場の敷地内で、ナンバーが外された車両の中に珍しいトラックを見かけた。
撮影時はダイハツ ベスタかな?と思っていたが、自宅に戻って調べてみるとV150だった事が判明。

初代デルタの緑色は有名だが、V150でも緑色が採用されていたんですね。
車体を確認すると、後輪はシングルタイヤの平床三方開きで、レッカーの櫓を組んだ仕様になってました。
欠品もなくて状態も良さそうなので、お金を掛ければ公道復活も可能な状態に見えました。

ダイハツ150 2


【Daihatsu V150 平床三方開き(後期型)】
推定年式 1968-1970年頃

1950年代、ダイハツの小型トラックはベスタという名称が付けられており、1500ccのV型2気筒エンジン(ガソリン)を搭載していたが、1960年を過ぎた辺りから1500cc 4気筒のFA型エンジン(ガソリン)を搭載されると、ベスタの名称は消えV200という名称で呼ばれるようになった。
1964年頃には新型Vシリーズが登場し、FA型 1500ccの他、FB型1861ccやDE型ディーゼルエンジンのバリエーションが加わることになった。

写真はヘッドライト位置とグリルが変更された1968年頃から1970にかけての後期モデルで、その後はデルタへとバトンタッチされた。

1960年代の特徴であるアップライトのヘッドライト位置や、セミキャブオーバースタイルが独特の雰囲気を持っており、丸みのあるデザインとグリル形状から”黒ひげ危機一髪”のキャラに見えてしまう。


絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  敷地内放置
撮影地 栃木県
撮影日 2008年4月

| Daihatsu | 22:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【マツダ E2500】 飼育者募集中



幹線道路脇の中古トラック店に置いてある、ヘッドライト位置の高い古いトラックが見えた。
まわりは田園地帯なので気に掛けて走っていれば割とすぐに発見しやすいけど、隣接する道路は車の流れも速くて見落しがちになってしまう事が多いので、見つけた瞬間はちょっとビックリ。

車を停めて中古トラック屋の入り口に行くと、南米系の関係者がすぐに出てきて対応して下さり「このトラックは那須の方で使われていたものですよ」と言っていたけど、車体は黒に近いガンメタで再塗装されていたため、前有者の判別はできませんでした。

ワイパーの向きが逆に付いている点が気になり後で調べてみると、この時代のマツダはこの向きが多かったようです。
ホイールのリムを白で塗装している点もレトロさ満点で懐かしく思えます。


尚、このE2500ですが、2011年2月でも中古で販売中(60万円)でした。

テールライトはフレームから生えているせいか、ちょい下気味で中央に寄った感じです。
純正なのかどうかは分からないけど、初代タイタン前期型のテールライトと同一のものを使っています。


【Mazda E2500 ロング】
推定年式 1969-1971年頃


1965年、Dシリーズ(ロンパー)のフルモデルチェンジとして2t、3.5t車が登場。
VA型 2.0L 直4ガソリンエンジン(81ps)を搭載したE2000と、2.3L(86ps)のE2300をラインアップ。

1967年、バリエーションの拡大により、3t車やディーゼルエンジンが加わった。
英国のパーキンスと共同開発されたディーゼルエンジンは、XA型 2.5L 直4で77psを発生し、高速よりにふった設計だったようです。
またダブルタイヤを装着した2t車も追加され、ダンプや特装車などに採用された。

1969年、マイナーチェンジによりグリルのデザインが変更され、安全性も強化される。
1971年、後継モデルのタイタンが登場したことにより生産終了。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  中古販売
撮影地 栃木県
撮影日 2009年9月

| Mazda | 13:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【トヨタ DA115】 トヨタの6tボンネット

IMG_5525.jpg
福岡県の実家に帰省してる時に、旧友から「○○近くの中古車屋にボンネットトラックがある」という情報を頂きました。しかし教えられた場所は実家近くで普段から通るような行動圏だったので、半信半疑で訪ねてみることにしました。
トレーラーが多く置かれた敷地の奥には大きな整備場があり、シャッター付近でちょうど関係者がトラックのエンジンを降ろしていたので、声を掛けてみました。

すると

「裏にあるよ!」
「ダイハツのオート三輪もあるよ!」

撮影許可を頂いて裏に行って見ると、スタウトやサニトラも同居した中で一際目立つDA115が居座ってました。

ナンバーは歴史を感じさせる古い一桁が付いており、車検は切れているもののピカピカの状態で、40年以上の歳月を感じさせない状態でした。
クレーン部は本来だったら上にシリンダーが付いたタイプだったのでしょうが、新しいタイプに取り替えられてたり、リヤコンビランプも黄金キャンタータイプに取り替えられてました。


IMG_5531.jpg

【Toyota DA115】
推定年式 1967年式(1964-1978)

ガソリン車ならDA系、ディーゼル車ならFA系に型式が分かれているのですが、外観上で判別するならフェンダー部のエンブレムで見分ける事ができます。
「えっトヨタって大きなトラック作ってたっけ?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思うのですが、実は戦前から製造しており、歴史が古いんですよね。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  中古販売(応談)
撮影地 福岡県
撮影日 2009年12月

| Toyota | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ニッサン 680】 縦目4灯ライトの個性派トラック

IMG_2062.jpg

60年代のトラックは幼少時に見た記憶はなくて、「近所の土建屋さんが乗ってた」とか「材木屋で使われていた」とか思い出すことがありません。
今回紹介する680は東京オリンピックが開催された1964年式ということで、こんなトラックたちが「スタジアム建設等に活躍したのかな・・・」とか連想してしまいます。
この680はトラックやバスの中古車販売店のれっきとした売り物であり、150万円(2009年当時)で売られています。他にも同僚にIsuzu TMK (ニューパワーZ)が居たりと、貴重な車で溢れています。


IMG_2066.jpg

【Nissan 680】
推定年式 1959-1964年頃

1959年の発売当時はモダンなボディと、国産トラック初となる4灯式のヘッドライトを採用し、縦目という独特のデザインは、他のトラックに対して個性という意味では飛びぬけていたと思います。
さらにパノラマウインドウで左右の視界に広がりを持った作りで、国産トラックの中でも個性派といえる車種ではないでしょうか。
2011年現在、680トラックが現役で使われているという噂を聞いた事がないので、150万円払って仕事車で使っていたら目立つ事間違いなしです。


絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  中古販売
撮影地 埼玉県
撮影日 2009年6月




27878_1.jpg
今回のニッサン680はトミーテックよりスケールモデル化された事もあって、知名度が上がったと思います。

| Nissan | 00:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |