<< 2011-10- | ARCHIVE-SELECT | 2011-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【スミダ M型バス】 日本最古のバス ~東京モーターショー

東京モーターショー2011の一般公開(12月3日~11日)に先駆けて出展車を見てきました。

今回より開催地が幕張メッセから東京ビックサイトへ変わり、前回のショーではリーマンショックの影響等により国内商用車メーカーの出展はありませんでしたが、
今回はいすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックスが戻ってきてくれて嬉しく思います。

いすゞが持ち込んだ車両の中に「スミダM型バス」があり、クラシックカー好きな人が喜びそうな車両チョイスでした。

Sumida M-1.jpg
国内で初めて製造された車両で、現存する国内最古の乗り合いバス。

カワイイお姉さんが迎えてくれました・・・

Sumida M-2.jpg
スミダM型バスとは、いすゞの前身である石川島自動車製作所が1929年から製造を開始したバスで、展示されている車両は1932年(昭和7年)製造で修復されたもの。(一部オリジナルの部分を損なわれているらしい)
かっては警察の人員輸送に使われていたようです。

主な諸元
車型    A4型(通称:M型)
駆動方式  4X2 (後軸2輪駆動)
変速機   前進4段 後退1段 マニュアルミッション
エンジン  スミダA4型 4衝程 直列水冷式(排気量:2720cc)
最高出力  40ps
車両寸法  全長:5147mm 全幅:1830mm 全高:2300mm
乗車定員  20人(座席14+立席4+乗務員2)
※経済産業省の「近代化産業遺産」に認定

Sumida M-3.jpg
フロントサスはI型逆エリオット式、半楕円形式というもの。
運転席側の上部にワイパー(電動)がみえるのですが、オリジナルなのかな? 少々違和感あり。

Sumida M-4.jpg
リヤ周りはあっさりしていて、テールライトは中央にある1灯式。
1灯式のテールライトといえば、三菱が1960年(昭和35年)に初めて造った4輪車「三菱500」を思い浮かべます。


IMG_3576.jpg
【おまけ】バス関係の出展では”日野セレガ ハイブリッド プレミアム”がありました。
スポンサーサイト

| Bonnet-type Buses | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日野レンジャーKL】 アオシマのプラモデルの記憶とKL

1980年代初頭、初めて買ったデコトラのプラモデルといえば、アオシマの走るデコトラ「風雲児」だったと思います。
おもちゃ屋の陳列棚の高い所にはバンダイの1/20トラック野郎シリーズ、アオシマの大型デコトラシリーズ、などが戦艦やバイクのプラモデルと共に陳列してあり、小学生の私にとってはとても”眩しい商品”でした。

お小遣いを貯めてやっとの思いで買えたのが中型トラックの”レンジャーKL”。

物凄く嬉しかった記憶があります。

しかし当時のプラモデルは走らせる事に主眼を置いていたせいか、細かな部分で「実物と違うじゃん」と小学生にでも分かるレベルで、特にキャビンと箱のバランスの悪さとホイルや行燈の再現の悪さにちょっぴり残念な思いをしました。

Ranger KL-1.jpg
こちらが北海道で現役のレンジャーKL(後期型)。
この顔を見ると当時のアオシマのプラモデルを思い出してしまいます。

デコトラ仕様と違って飾りは一切無く、作業性を重視した造りになっています。
荷台は畜産農家に多い”アルミブロックの平ボディー”仕様で、鳥居上部にはシートカバー収納BOXを取り付けられているのがポイント。装着しているタイヤは泥濘などの走破性が良さそうなブロックパターンになっていて、北海道らしい仕様になっていました。

Ranger KL-2.jpg
フロントエンブレムには”RANGER-SD”とあるので、1977年発売のトップグレードKL-SDと思われます。(SDのエンジンは”赤いエンジン”シリーズの中型版で、レンジャーKLのトップグレードを意味します)

簡単にグレード名と搭載エンジンを見てみると以下の通り。

【Ranger KQ】・・・DQ100型 直6 OHV 4.507cc 110ps
【Ranger KL】・・・EC100型 直6 OHV 5.010cc 120ps~130ps
【Ranger KL-S】・・EH100型 直6 OHV 5.871cc 145ps
【Ranger KL-SS】・・EH300型 直6 OHV 6.211cc 155ps~160ps
【Ranger KL-SD】・・EH700型 直6 OHV 6.443cc 165ps~170ps

この時期は各社パワーアップ競争が盛んだったこともあって、毎年のようにエンジンの改良が行われていました。


【Hino Ranger KL(後期型)】
推定製造期間 1977-1980年頃

1969年、普通免許で乗れる最大サイズの中型トラック市場に参入。
フルチルトキャブを採用して整備性を向上させ、エンジンは新開発の直6のEC100型(120ps)を搭載。
1970年、マイナーチェンジでEC100型エンジンをパワーアップ(130PS)。 外観はワイパーが対向式になり日野のウイングマークが採用された。
1972年、マイナーチェンジを行い中期型になる。外観上の変化点はグリルやバンパーのデザイン変更とウインカーと車幅灯を分割したタイプになった。幅広ボディや6t積がラインナップに加わったのもこの時期から。
1974年、ハイパワーエンジンEH300型(155ps)を搭載したKL-SSが登場。
1975年、内外装を大幅に変更され後期型になる。フロントグリルは”SDグリル”と呼ばれる2段式グリルの採用、室内は操作性の向上などが改善される。
1977年、”赤いエンジン”と呼ばれるEH700型を搭載されたKL-SDを発売。
1980年、風のレンジャーシリーズの登場により生産終了。

日本の中型トラックの中で、今でも人気の高いモデルである。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2011年10月


Ranger KL-3.jpg
これが例の走るデコトラ”風雲児”
数年前に復刻生産されたようで、復刻品であれば比較的入手しやすいと思います。

| Hino | 17:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【初代 日産エコー】 ゴージャスデザイン

2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博によって、中国では2005年以降に空前の建設ラッシュが起きたのですが、日本ではその弊害として金属価格が高騰し”鉄バブル”が起きました。

田畑等に放置された廃車たちはスクラップ業者に渡り、この頃は一気に草ヒロが消滅した悪夢の時期でした。

Echo-1.jpg
普段はあまり草ヒロ写真を撮っていないのですが、獲物が大物であれば話は別。
道路から50m程離れた場所に置かれたマイクロバスもすぐに「日産エコー」だと判断し、撮影に向かいました。

Echo-2.jpg
文句のつけようのないエコーですね。
この時代のエコーは実働車や博物館の保存車など聞いたことがなく、あったとしても朽ち果てた廃車体ばかりです。
雑草で見えませんが、車輪やフロントバンパーもしっかり残っています。欠品しているのはフロントウインドー中央上部のアンダーミラーくらいです。

Echo-3.jpg
特徴的なデザインは1950年代のアメ車を連想しますね。ヘッドライト周りのメッキモールやボディサイドの波板模様は、1958年頃のBuickのデザインに似ていると思います。

1900のエンブレムが確認できたので、H型ガソリンエンジン搭載車のようですね。

Echo-4.jpg
フロントに比べるとリヤはシンプルにまとめられています。リヤにエンジンが無いので非常用のドアは堂々と後部に設置されています。

この年代のマイクロバスは走っている姿すら見た事はありません・・・


【1th Nissan Echo (GC141) 】
推定製造期間 1963-1964年頃

1960年、C140型キャブオールトラックのシャシーをベースにバスボディを装着した「キャブオール マイクロバス」を発売。
1961年、日産キャブオール・エコーに名称変更。
1963年、マイナーチェンジによりフェイスリフトが行われた。
エンジンはH型 直4 1.883cc (85ps)ガソリンエンジンとSD22型 直4 2.164cc (65ps)ディーゼルエンジンを搭載。
1965年、グリルとバンパーのデザインが変更、フロントガラスは1枚ガラスになる。
1966年、キャブオールのモデルチェンジに伴い、エコーもモデルチェンジ。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  物置き
撮影地 群馬県
撮影日 2011年11月

| Small-size Buses | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【KAMAZ】 見た目は古いが・・・

その昔、乗用車領域はレースで培った技術を市販車にフィードバックしながら進化しましたが、トラックの場合は軍用車で培った技術により走破性や耐久性を高めました。

今回取り上げる KAMAZ は、元々ロシアで軍用車を作る国営企業のような存在で、米ソ冷戦時代(1945-1989)には相当の需要と開発資金が流れていたと想像できます。ところがソ連崩壊(ロシア誕生)とともに軍・国営/公営企業等からの有効需要が激減したこともあり、中・大型トラックの需要が著しく落ち込んだそうです。

「KAMAZなんて聞いたことが無い」と思う人が大多数と思いますが、過酷なラリーで有名な「パリダカ」では常勝軍団として君臨しているのです。軍用トラックの製造技術で得た高い走破性を生かし、デザートや大きな段差をいとも簡単に走破する姿は圧巻です。

Kamaz-1.jpg
画像はKAMAZを代表する大型トラックの4/5シリーズ。
(Kamaz 53212と推定 / 2005年6月 ロシア)

日本のバンよりも全長が短く、キャブ後方にはハイマウントされたエアクリーナーが印象的です。キャブスタイルは直線基調でポン付けされたベッドスペースは暫定的なもの。さすがに古臭く感く感じますね。

ロシア郊外は道路網が発達していないため、ちょっとでも雨が降ると泥濘になるし、冬になると凍結した路面を走行するのが当たり前になります。また軍事的な理由なのか橋が少ないので、時には川にトラックのまま飛び込み横断する必要もあります。このような現地事情によりトラックには走破性と耐久性とエアクリーナー位置(水没しても動ける)が重要な設計要件になっているのです。

幹線道路であれば欧州からやってきたトレーラーを見かけることもあります。

Kamaz-2.jpg
こちらは Kamaz 55111 6X4 Dump (2007年8月 ロシア)
痛んだ路面を削り取り新しく舗装をしているのですが、春になるとこうした工事がいたる所で見かけます。というのはロシアは今でもスパイクタイヤを装着しているので、アスファルトを痛めやすいのです。

アーミー色のダンプをよく見かけますが、いざという時に軍用車両としても使うつもりなのかな?

Kamaz-2.jpg
Kamaz 55111 6X4 Dump (2005年6月 ロシア) 
こちらのダンプ荷台は左右にもダンプできる「三転ダンプ」でしょうかね。


【Kamaz Series 4/5】
推定製造期間 1976-1994年頃

1976年、トラック、バス、軍用車両等を生産するKAMAZ(カマ自動車工場)を成立。
組立ラインから最初に送り出したモデルと言われている。
搭載するエンジン例としてV型8気筒ターボディーゼル10.85 L(240ps)等があるがその他の詳細は不明。


Kamaz-2.jpg
どことなく”三菱ふそうザ・グレート”に似ているので、顔面をスワップさせてみました・・・

| Russian trucks | 12:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2代目いすゞエルフ250】休息中の老妖精

秋が深まる北関東。
紅葉と温泉と旧車を求めて東京の自宅から群馬県まで北上。
道中ですれ違うトラックは平成生まれの車両ばかりで「もはやこれまで・・・」と諦めかけた頃、目の前に怪しげな2代目いすゞエルフ250を発見。

この型は北海道の牧場で若干現役で使われているのを見かけますが、関東エリアでは廃車体を含めて見かけることが少なくなってしまいました。

ELF-1.jpg
年式の古いものであれば40年以上が経過しており、経年変化で各所にヤレが見受けられます。

車内には”わかば(タバコ)”や日焼けした座布団など、車両に負けない程の使用感と高齢者好みのアイテムで溢れており、手足のように使いこなしている感じがプンプン。
(オーナーが不在だったので詳しい話を聞くことが出来ませんでした)

ELF-2.jpg
塗装のダメージが見られるものの、目立つ凹みや傷は見受けられないのは驚き!

各所にディティールアップパーツが取り付けられており、本来ならメッキのホイールキャップはボディ同色で塗装され、フロント中央にはV字をイメージしたような模様が施されています。

小さい頃から馴染みあるせいか2代目エルフは好きなトラックに分類され、久しぶりに現役車を見ると懐かしくもあり嬉しく感じます。

ELF-3.jpg
高床ロングボディに幌架装というのも私的にツボな組み合わせです・・・


【2th Isuzu ELF 250 高床ロングボディ】
推定製造期間 1970-1975年頃

2代目エルフ発売1年前の1967年に1.25t車のライトエルフが登場。
トヨエースに対抗したモデルとして位置付けされる。

1968年、2代目エルフシリーズが発売される。高度経済成長期を背景に、特装車ニーズの高まりによって多様なニーズに対応できるラインナップを構成し、さらに耐久性と信頼性の面でも大きく向上させた。
キャブは初代の角ばったデザインから親しみやすい丸みを帯びたデザインになり、標準カラーも従来のグレー系からブルーに変更された。(トラックの車体色調査では白が一番人気であったが、下地の透け防止で厚塗りが必要とされ、コストが掛かってしまう。そこで価格も安くて人気がある青が採用された)

1970年、マイナーチェンジ(エルフ250)を行うとともに、ライトエルフに代わってエルフ150が登場、3t車でのエルフ350を発売した。
外観の変化点は、ボディと一体化したバンパー、グリルの厚肉化等の変更、外気導入口と連続したデザインのウインカー採用、三角窓の廃止。内装ではインパネの変更に加えラジオ、ヒーター、2点式シートベルト(運転席)が標準装備された。標準車体色はエルフ150は白、エルフ250は青、エルフ350は緑になった。
(この代より北米でのテスト販売を開始)

幅広いラインナップに加え、更には派生車展開も力を入れ、1970年にウォークスルーバンであるエルフ・ハイルーフを発売。1972年にFF駆動方式で荷台の自由度を高めたエルフ・マイパックを発売。1974年に超低床+小径タイヤのフラットローを発売。市場の声からというよりもメーカー提案型の新商品を大量に投入していく。

1970年より2t車クラスでシェアNo.1を獲得、1975年の3代目が発売された後もトップシェアを継続していく。


絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 群馬県
撮影日 2011年11月

| Isuzu | 22:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそうFS(後期型)】珍しい”オープントップ車”

70年代の三菱ふそう大型トラックといえばFシリーズですが、1979年10月に後期型の通称”ブラックマスク”は1983年7月の新大型車”ザ・グレート”シリーズの発売によってモデルの終焉をむかえました。
2000年までは各地でちょくちょく見かけたブラックマスクですが、2000年以降の排ガス規制や20年以上の経年劣化等によって現役引退する車両が一気に進み、2010年以降になると重機運搬用の台車(セルフローダー)か消防車に限られるようになりました。

Fuso FS-1.jpg
画像のブラックマスクは北海道の工業団地内の駐車場に停められていた”ふそうFS(低床4軸車)”で、オープントップの架装をされた車両です。ナンバーは外されているものの、この時代のオープントップ車は珍しいと思います。

敷地内であるため、遠目から細部をウォッチングしてみると、運転手側のステップ周りは腐食によって崩れているし、あちこちに傷みが目立ちますし、サイドバンパーも外されています。まあ公道復帰は無さそうですね。

ルーフ上のエアデフレクターも時代を感じさせる形状で、感覚的なイメージによって空力向上を改善した形状に見えます。ボディーに映える独特の白いラインは、この時代に多く見られたデザインでしたね。

Fuso FS-2.jpg
屋根の大部分を開放できるオープントップ車は、クレーンを使って長尺物を上部から積載するイメージがありますが、この車両はいったいどんな荷物を運んでいたのか気になります。


【Mitsubishi FUSO FS (後期型)】
推定製造期間 1979-1983年頃

1973年12月、それまでのTシリーズからFシリーズに切り替わる。
搭載するV8ディーゼル エンジンはTシリーズのDC型を受け継ぐものの、石油ショック以後の低燃費のニーズに応えて予燃焼室式から直接噴射式に変更。8DC4型(265ps)と8DC8型(305ps)の燃費とパワーを両立するエンジンを搭載しました。外観はクリスタルカットと呼ばれるシャープなキャブデザインが特徴で、室内は操作性と快適性を向上させている。

1977年、大型トラックの低床化ニーズに応え、低床4軸車(FS)の発売開始。
後3軸のタイヤサイズを小径化させたことで、従来よりも約260mmの低床化を実現。
エンジンはV8 8DC7型(280ps)を搭載。

1979年、Fシリーズの大幅チェンジ。主に昭和54年排出ガス規制に適合するエンジンとともに、内外装のグレードアップも図られた。フロント周りでは"ブラックマスク"と呼ばれるグリルを装着し、ミラーステーやポジションランプのクリア化が行われ、ワイパーは黒塗装になった。

1983年、大型トラックシリーズのフルモデルチェンジ。従来のFシリーズから、ザ・クレートシリーズに切り替わった。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  敷地内保存車
撮影地 北海道
撮影日 2011年10月


Magirus Deutz
ブラックマスクといえば70年代末の欧州トラックに採用しており、そのトレンドをFシリーズやFKに採用したという印象があります。(偶然かもしれませんが)
例えば画像の MAGIRUS DEUTZ LEISER などがよく似ていると感じますが、皆さんはいかがでしょうか?
(他にMercedes Benz LP とか IVECO/FIAT 190Fなど)

| Mitsubishi / FUSO | 14:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Ford Model-T Truck-Trailer】 トレーラの元祖

1914 Truck-Trailer

久しぶりに博物館ネタをご紹介。

デトロイトにある「フォード ミュージアム」は、馬車から自動車以外に機関車やトラクターなどあらゆる産業機械が展示されている施設。車好き以外にもそこそこ楽しめる場所で、商用車の展示は少な目ですが、興味深い車両が展示されています。

画像は世界に先駆けてフォード社が大量生産方式で製造したFord Model-Tのトラック。

フロントから運転席までの構成はセダンと部品を共用化しているのですが、ホイールベースを延長した分は、セダンのドライブシャフト位置からチェーンで後輪に繋ぐことによって解決しており、ギア比をトルク側に振った設定になっています。

Model-Tは空気入りのタイヤを採用しているのですが、トラックは耐荷重性を向上させる目的で後輪のみソリッドタイヤを履いています。

注目すべきは連結されたSmithフルハーフのセミトレーラー(1914年製)。
トラック用トレーラーの歴史が商業的にスタートしたのは1910年代まで遡り、5軸結合のトレーラー形態としては初めてのモデルと言われています。

もともと北米や欧州などでは馬車文化が栄えていたので、動力源の馬が内燃機関の車に変わっただけの自然の流れですが、取り回しの良さや効率的な物資輸送によって今の時代まで引き継がれている形態です。

| Ford | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Mercedes-Benz O303】 ベンツのベストセラーバス

先日、休日を利用して河口湖方面に出かけた際に、国内ではあまり見かけない観光バスを交差点で見かけ、進路を推理してシャッターチャンスを待ちました。

走ってきたのは独Mercedes-Benz社のO303。

腸管出血性大腸菌のO157を連想する名前であまりいいイメージではありませんが、70年代から80年代にかけてのベストセラーバスと言われるほど売れまくったそうです。

Benz 0303-1.jpg
(当時としては)一枚ガラスの巨大なウインドシールドを採用し、大型のワイパーで払拭させる方式なので、O303系の後期モデル(推測ではO303 RHD )と思われます。

”スケルトン構造の採用”と”エアコン標準化”によって実現できたカーブドガラスの固定窓は、華麗さと共に開放感があって視界がよさそうです。欧州は日照時間が短いこともあって、「少しでも日に当たりたい」という人のニーズを反映して、このような窓になったのではないでしょうか。(オープンカフェやガラス張りのビルが多い)

また’70年代末のベンツは、ハイデッカー車の導入が欧州他社メーカーよりの遅れをとっていたそうで、このO303が最初のハイデッカー車だと思われます。

Benz 0303-2.jpg
リヤ周りも特徴的で、乗用車のような凹凸のあるテールランプを低い位置にセットし、マフラーエンドが2本出しになってますね。側面中央部に見切りがあるのですが、乗降用の中央扉か非常用の扉ではないでしょうか。

【Mercedes-Benz O303 RHD】
推定製造期間 1982-1992年

1974年、O302シリーズの後継機種として登場。
1979年、ハイデッカータイプの登場。この前後より一枚式のフロントスクリーンを採用。
1982年、マイナーチェンジ
1992年、製造中止。後継機種はO404。

1985年にベンツの日本総代理店のウエスタン自動車が輸入し、ヤナセが販売・サービスを担当。
その後シュツットガルト・トラック・バス販売によって輸入され三菱ふそうがアフターサービスを行った。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 山梨県
撮影日 2011年10月


Benz 0303-3.jpg
こちらはドイツのベンツミュージアムに展示されている”Mercedes-Benz O 303 touring coach(1979年式)
当時としてはスタイリッシュで洗練されたデザインだったんでしょうね。バックミラーも小型でスマートだし。

Benz 0303-4.jpg

| German Buses | 22:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。