<< 2011-12- | ARCHIVE-SELECT | 2012-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【タタ 1510/1512】 お手本はベンツ

インドの人口は約12億で世界第2位。数年後には中国を抜いて世界1位になると予想されていますが、国民の所得格差は大きくバスにも乗れない人が沢山います。

インドの路線バスは庶民の足として重宝されていますが、人口の多さからバス車内は人でいっぱいになっており、ドアから身を出して乗っている人も珍しくありません。

TATA1510_1512_1.jpg
写真はインドの首都デリーで渋滞中に撮影したTATA 1510/1512です。
乗降扉から身を出した人は自主的に周囲のオートリキシャ(左端)や歩行者に対して交通整理をやって、バスをスムーズに運行させていました。

左側には小さなミラーが付いていますが、満員状態の車内からは見ることも出来ないでしょうし、もともとタクシーや乗用車にはミラーが無いことが多く、ホーンを鳴らすことで周囲の車に対して合図を出しています。

接触事故も多いので(10日間の滞在で移動中の車に2回接触された)バンパーや車体の周囲は傷だらけ・・・接触事故があっても日本のように警察を呼ばす”罵倒し合ってお終い”というケースが多いのです。

TATA1510_1512_2.jpg
こちらもインド デリーのTATA 1510/1512路線バス。上の車体より年式が新しいようでフロントスクリーンは直立し、方向幕が取り付けられています。また乗降扉の位置がフロントオーバーハング内に設置されていますね。

このバスにはエアコンが付いてないけど、エアコンが装着されている最新のバスは利用料金に2~3倍増になるため、乗客は自分の財布事情に合わせてバスを選択して日々の通勤や移動に使っています。

TATA1510_1512_3.jpg
Mercedes Benzとの技術提携によって造られたTATA 1510/1512の表情は、1960年代のMercedes Benz LP系トラックにそっくりですが、1枚ガラスのフロントスクリーンを製造する技術がなかったせいか、2分割式になっています。
スポンサーサイト

| TATA (India) | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ニッサンディーゼル TF30】 4X4のボンネットトラック

夕方から降り出した雪は道路まで積もり、都内は久しぶりの銀世界になっています。
雪国住まいの方は「2~3cmの積雪で騒ぐなよ!」と思われるかもしれませんが、雪の怖さに慣れていない分いろんな問題が発生したり慎重になってしまうんです。

さて積雪の時に欠かせないトラックはスノープラウを取り付けた除雪車。
東京都内で見た記憶はありませんが、積雪が多い地域では積雪路での駆動力を確保するため4x4もしくは6x6の総輪駆動という特殊なシャシを持ち、ボディはダンプに架装されていたり、ウエイトを積んだりした車両を見た事があります。

総輪駆動トラックといえば防衛庁に納入したり林業等で使われていたIsuzu TSD/TXDが有名で、重量物トラクターではMitsubishi FUSO T370D/W系、ダンプはHino ZH/ZCという車両を思い浮かべますが、Nissan Dieselも昔からTF系で総輪駆動車市場に参入していました。

TF30_2.jpg
こちらが北海道で見かけたニッサンディーゼルTF30GD除雪車で、一枚ガラスのフロントスクリーンや灯火類のレイアウト等から判断するとTF系の最終モデルと思います。
巨大なスノープラウによって遮断されるライトは、専用ステーに補助ライトが取り付けられており、独特な表情を見せていますね。

TF30はPE6型 11.67L 4サイクル6気筒エンジン(220ps)を搭載していましたが、1976年に発売されたキャブオーバーキャブ(大型C系を流用)のCF30も同じエンジンを積んでおり、次第にその座をCF30に奪われてしまいました。

TF30_1.jpg
こちらは北海道のUDトラックスの整備工場で見かけた別の個体のTF30散水車。

キャブ周りはニッサンディーゼルのボンネットトラックのTW50やTK20と共通ですが、ボンネットやフェンダー、ラジエーターグリルは専用の部品を装備しており、TW50やTK20に比べるとかなり武骨で実用的な構成だと感じます。


【Nissan diesel TF30(最終型)】
推定年式 1973-1979年頃


1960年、UD4型 4.94L 2サイクル4気筒ディーゼルエンジン(165ps)を搭載し、頑丈なシャシと強靭な足回りを持った4x4全輪駆動車のTF80SDとして登場。

1969年、6x6の重量物トラクターの6TWF12Tを追加。エンジンはUD6型 7.412L 2サイクル6気筒ディーゼル(240ps)を搭載。

1971年、UD4型に加え、PD6型 10.308L 4サイクル6気筒エンジン(185ps)を搭載するPTF81SDを追加設定。同時にエクステリアも砲弾型ヘッドランプがフェンダー内に埋め込まれたり、カーブドガラスを採用したフロントスクリーンに変更される。

1973年、PE6型 11.67L 4サイクル6気筒エンジン(220ps)するTF30に統一。
エクステリアでは一枚ガラスのフロントスクリーンが採用され、灯火類の配置も変更される。

1979年、昭和54年排出ガス規制実施に伴い生産を終了。
後継機種は1976年に登場したキャブオーバー型のCF30型となる。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2011年10月(除雪車)/2010年5月(散水車)


| Nissan diesel / UD | 00:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【スバル ブラット】 日本未発売のピッククーペ

全米で年間販売台数が一番多い車は Ford F-Series で、その次はChevrolet Silverado とフルサイズピックアップが人気の市場です。

ピックアップの人気は車両価格の安さと乗用車に比べて税金(州によっては無料)や保険の安さという価格の面もありますが、テキサス州などでは”男の乗り物”というイメージが根強く、休日には荷物を運んだりトレーラーを牽引したりとフレキシブルに対応出来る事も人気の理由です。

1957年、そうしたピックアップ王国においてニッチ市場に打って出たのが「Ford Ranchero」で、乗用車のプラットフォームを使ったクーペ感覚のピックアップとして発売され、1959年には「Chevrolet El Camino」というライバル車も加わり一定のファンを獲得しました。

1970年代になると日本製の小型ピックアップが人気となり(石油ショックの影響等)、Toyota HiluxやChevrolet LUV (Isuzu Faster)などの販売は好調に推移。

そこでスバルは前途のRancheroやEl Caminoの小型版であるレオーネベースのピックアップ「Subaru BRAT」を開発したものの、ライトトラックに課せられる輸入関税(25%)を免れるため、荷台にシートを設置して乗用車として輸入する秘策に打って出たのでした。

Subaru_Brat_2.jpg
こちらは福岡県のスバルディーラーに置かれている「2代目スバル ブラット(後期型)」
日本では未発売であったため、左ハンドル仕様のまま少数が非正規に逆輸入されたと聞いております。

フロント周りはベースになったレオーネのままですが、ルーフにはHalo Twin Roofと呼ばれるガラス製のTバールーフが備え、レジャー色を強く出していますね。

Subaru_Brat_1.jpg
黄色のブラットは長野県の輸入車ショップに置かれていた車体。
悪路走行でのラジエーターやオイルパン保護用でしょうか、アルミ製アンダーガードが備わってますね。

Subaru_Brat_3.jpg
これがライトトラックに課せられる輸入関税(25%)を免れるために荷台に設置されたシート。
カスタムされたものかもしれませんが、遊園地の乗り物のようなシートにハンドバーが付いた簡易的なものみなっています。当時はこれで良かったのかもしれませんが、今では安全性の面で考えられない仕様です。(事故で負傷したら訴訟されそう)


【Subaru Brat】
推定年式 1983–1990年

1977年、A3型レオーネをベースに初代ブラットを北米で発売。
1981年、モデルチェンジが行われ、AB型レオーネをベースの2代目が登場。
1983年、マイナーチェンジが行われ、角形4灯ライトやウレタン一体型のバンパーが装着される。
その後北米以外の各国にも輸出され1990年まで生産される。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 福岡県(黒)/長野県(黄)
撮影日 2012年1月(黒)/2009年8月(黄)

| Subaru | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【3代目 トヨタ ダイナ】 エンディングプランナーの古参車

もうすぐ義父の一周忌、葬儀の際には葬儀屋さんに大変お世話になりました。
近頃は2008年の映画「おくりびと」やドラマ「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」がスタートし、葬儀に関わる仕事のイメージについて、一般人の意識変化が起きていると感じます。

というのも昔は豪華な宮型の霊柩車を見かけましたが、市民の声で「縁起が悪い」という声があって市の指導で乗り入れ禁止になり、入れ替わる形で洋型の霊柩車(キャデラック、リンカーン)や何の変哲のないハイエースになってしまいました。

宮型霊柩車は本来「人並みの立派な葬儀を・・・」などの意味があって昔から伝わってきたものですが、縁起が悪いというイメージがあり、また葬儀関係者を見る目も良くは思えなかったのかもしれませんね。

Dyna_Undertaker_1.jpg
この3代目ダイナは葬儀屋の荷物運搬用として30年以上も使われている車両で、今もなお葬儀屋の表に駐車されていることを考えると第一線で活躍しているようです。
ボディカラーは購入当時のままで、経年変化によって 通夜 艶は無くなり白っぽくなっています。
ワイドボディのため、バックミラーのステーは大きく外側に張り出していますね。

Dyna_Undertaker_2.jpg
北海道ではファームダンプ仕様をまだ見かけますが、アルミバン仕様は珍しくなってしまいました。
RU15-H型
5R型 水冷ガソリン 直4 OHV 1.994cc (98ps)エンジンを搭載。

【3th Toyota Dyna Longbody (RU15-H)】
推定製造期間 1972-1977年

1969年、ダイハツ工業と提携しセミキャブオーバー型のダイナを登場させる。
(ダイハツの方はダイナと共用化を図り、初代デルタトラックを登場させる)
1972年、フロント周りが大きく変更され、ウインカー位置がコーナーパネルに移動される。
その表情から一部では「くちびるダイナ」と呼ばれるようになった。
1977年、4代目ダイナが登場。一般的なキャブオーバースタイルになる。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2011年9月

| Toyota | 20:17 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【2012東京オートサロン】 日野ブースが凄いことに!

2012 東京オートサロンが1月13日(金)~15日(日)まで開催されています。
東京オートサロンといえば、国内のカスタムカーメーカーが集結し、チューニングカーやドレスアップカーなどを展示し、国内はもとより海外にも影響を及ぼすイベントです。

来場するお客さんの目的は、クルマ目的の人もいれば、お姉さんの撮影/会話を楽しむ人、女性なら好きなレーサーを見に来る人と様々ですが、最近では来場客の多くは30代~50代が中心になっているそうです。

今年の個人的なニュースとしては、 日野自動車 が東京オートサロンに初出展すること!

想像していたのは、片隅の小さなブースで地味に新型デュトロのカスタムカーを展示し、ポツリポツリと人が入っているイメージ・・・

ところが・・・

2012 東京オートサロン_1
「なんじゃこれ~っ」

人が沢山いてなかなか近づけないじゃありませんか!

2012 東京オートサロン_2
人が集まっている原因の一つはこれ 「ポールダンス」・・・・
ハリウッド映画の中では見た事があったけど、生のポールダンスは初めて。
お姉さん狙いのカメラマンも、初めて見る人が多かったんじゃないかな。

またトラックの前では、チェンソーなどの工具を持ったお姉さんがポーズを取っていて、こちらもカメラマンたちに凄い人気で全く見ることができません・・・

2012 東京オートサロン_3
壁一面にはアメコミタッチのイラストが沢山描かれており、この世界観を表現したステージだったことに後から気付きました。東京オートサロンの中で盛り上がったブースの一つだったと言えるでしょう。

2012 東京オートサロン_4
展示された2台のHino Dutro X は、自家用ユーザーをターゲットにしたHybridモデルで「平ボデー仕様」と「ダンプ仕様」を展示。

平ボデーはエアロ感を出した先進的なイメージで、躍動感あふれるクールな仕様になっていました。
主なカスタムポイントは、ルーフスポーラー、フロントアンダースポイラー、サイドスカートのエアロパーツとポリカ製フロントバイザーを装着。また足元にはアルミホイールを履かせることで軽量化とビジュアル的なルックスの向上が図られています。

2012 東京オートサロン_5
ダンプ仕様はタフ&モダンといったところでしょうか。
RV風のフロントバンパー、サイドプロテクターを装着し、縞鋼板をイメージしたミラーカバーが付いています。

私が企画するなら、メッキパーツを多く使ってLEDなどの光物を組み合わせた”アメリカンカスタム”にしたい所ですね。(デコトラではなく)内装はエロい位にアダルトチックに・・・

| Event report | 03:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【農民車】 クリーンでエコな貨物車

お隣の中国は、今や世界一の自動車販売国となり(2位:米国、3位:日本)景気のいい話が未だに聞こえますが、「この景気がいつ崩壊するのか」という点が気になる所です。

北京や上海などの都市では経済成長に伴い人々の生活レベルは向上しているのですが、農村地帯は未だに貧困に喘いでおり、所得の格差が広がるばかりです。

今回は中国の農民が使っている貨物車をご紹介。

Roba_1.jpg
中国吉林省の省都である長春。
その昔は満州国の首都として栄え、日本的な建築物が多く残る地方都市。
(日本の著名人にも満州国で生まれ育った人が多いですね)

周辺の農村地帯からは、農産物の路上販売にやってくる貨物車をよく見かけます。
中国の農家は国から保障を受けておらず、農協のような仕組みも整備されていない所も多いせいもあって、路上販売で収入を得るケースがあるそうです。

農機は浸透しておらず、未だに農作業で活躍するのは牛やロバなどの動物。エサの草を与えておけば油代も掛からないので、経済的でエコな動力源なのですが、機嫌を損ねると厄介なんだとか。

Roba_2.jpg
写真は繁華街で路上販売する様子。
駐車禁止の看板があるにもかかわらず、堂々と営業を行っています。
繁華街ですから近くにはスーパー的な店舗があって野菜が売られているのですが、その安さからかお客さんがちらほらと見受けられます。

Uma_1.jpg
こちらは住宅街で路上販売している夫婦。(ロバではなく小型の馬っぽいです)
畑までは道路整備もされていないでしょうから、このような動物の方が適しているのかもしれませんね。


Nouminsya_1.jpg
こちらはとても古そうな農村車と言われる貨物車。

貨物車は運転免許は要らず車両価格も安いことから、今でも年間200万台を売っているそうです。(新車はもっと近代的なもの)基本的に農業用の単気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最高速度は50km以下の動力性能であり、エンジン音は「ポンッポンッポンッ」という感じで進んでいきます。

最近は国策のEV化推進によって、このジャンルもEV化が進んでいるようです。

| China's trucks | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日野レンジャーKR-6D】 幅広フェンダーのレア車

明けましておめでとうございます。

今年も昨年同様に旧型の商用車にスポットを当て、昭和時代から活躍した生き証人たちをご紹介したいと思います。

Ranger_KR_1.jpg
2011年の大晦日、「今年最後の夕日を撮影しよう!」と向かった先は阿蘇方面。
日没まで残りわずかという時間の中で、幹線道路脇の旧道から現れたのは「Renger KR-6D」
民家も人の気配もない材木置き場に、この子が一人ポツンと残された状況でした。

Ranger_KR_2.jpg
車体は樹木に囲まれた影響によって緑っぽく汚れ、錆も浮き出ているもののボディ自体はしっかりしている様子。

8スタッド仕様の大型ホイルと広めのトレッドの影響で、踏ん張り感のあるスタンスではあるものの、キャビンとのマックングがアンバランス。
(こういう突貫的な仕様が結構好きなんですが・・・)

不思議な点として、本来であればルーフに速度表示灯があったと思われるのですが、台座があった形跡もないし、エンブレムは"RANGER 6D”のはずですが、"RANGER SD”になってます。

Ranger_KR_3.jpg
このフェンダーとステップの張り出し具合が半端ないし、それに合わせる形でバンパーもワイド化されています。

Ranger_KR_4.jpg
現在も丸太の積み込み作業用として稼働中で、タイヤの汚れ具合から見ても自走して移動していると思われます。踏ん張った状態のアウトリガーは1箇所がお漏らし中でした。

KR-6Dといえば消防用の水槽車や散水車、コンテナ運搬車しかイメージしていませんでしたが、特殊な丸太クレーン仕様なんてのもあったんですね。


【Hino Ranger KR-6D】
推定製造期間 1977-1980年

1972年、これまで大型車をベースにしてきた6t車クラスに、
Ranger KLベースにした6t積車 ″Ranger 6” を発売。
キャビンはKLワイドを流用しているものの、ステアリングは大型車タイプを採用。
エンジンはEH100型5.871cc(145ps)を搭載。

1977年、赤いエンジンEH700型6.443cc(165ps)を搭載、
Ranger KR-6Dとなる。
内装はラウンドメーターパネル、リクライニングシート、2本スポークステアリングなどの充実が図られた。

1980年、風のレンジャーシリーズにフルモデルチェンジ。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  構内用
撮影地 熊本県
撮影日 2011年12月

| Hino | 23:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。