<< 2012-07- | ARCHIVE-SELECT | 2012-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ジュピターT30/T32】 中型トラック市場の開拓者

1959年7月に発売された三菱ジュピターT10/T11系について、以前紹介したことがありますが(http://route0030.blog.fc2.com/blog-entry-69.html)今回は1964年10月に追加発売されたジュピターT30系についての内容です。

ジュピターT30型/T31型は、これまで全く縁のない車両で、この度やっと接近遭遇する事ができました。そもそも生産中止から40年以上も経過しているので、現役車両の情報ですら聞いたことがありませんでした。

Jupiter_1.jpg
この車両は一応ナンパーは付いているものの、点検シールは平成19年のままだし、各部に蜘蛛の巣に覆われ(粘っこい)ていたので稼働していないようでした。

現役ではないのかも・・・(悲)

Jupiter_2.jpg
この車が発売された頃、デザインに求められるのは、整備性の良さや耐久性の良さなどの実用的なものでしたが、一方でメッキパーツを各部に多用したり、フェンダーにはモールやエンブレム等が付みディティールにも手を抜いていませんでした。

当時のトラックは仕事で使う車ではありますが、こうして所有欲を満足させていたのかもしれませんね。

Jupiter_3.jpg
従来型ジュピターは丸目2灯式ヘッドランプと髭グリルの個性的な顔だったのに対して、
T30型/T31型は丸目4灯式の上級モデルらしい顔になりました。

この車はグリル形状から型式を推測すると、1967年(昭和42年)5月にエンジン(KE65型ディーゼル3.473cc 95ps)と荷台等の仕様を変更したジュピターT32型のようです。

Jupiter_6.jpg
最近は、この角度からの撮影が気に入っています。
バンパー端末にオプションで取り付けたコーナーポール?旗棒?が付いていますが、
ここに三角旗を取り付けたい気分!

フェンダー部のにはディーゼル車の証である「D」エンブレムが付くのですが、
何故か逆さまに取り付けていますね。

Jupiter_4.jpg
インパネ周辺はレトロチックですね。全てノブ式スイッチ類というのも雰囲気満点です。
左右対称のインパネですが、まさか左ハンドル仕様の輸出向けがあったのだろうか?
オリジナルのボディカラーは内装色のグレー系だったようですね。


昭和34年(1959)7月に発売された三菱ジュピターT10/T11型は、“中型トラック”の先駆けとして登場し、市場を独占したエポックメイキングなモデルですが、40歳以下の方には馴染みのない車ではないでしょうか。

発売当時、国内の大型トラック(6トン以上)の生産は三菱日本重工業など数社がひしめき合い、また2トン以下の小型4輪トラックはトヨタや日産が生産している状況でした。それらの中間に位置する2トン半~4トンクラスは、まだ小型3輪トラックが普及していたこともあって、どのメーカーも進出しておらず、 “ジュピター”はその隙間を狙って開発されたのです。

丁度いいサイズで使い易く、経済性や強度・耐久性に優れた点などが次第にユーザーに認められるようになり、加えて大型車の都心乗り入れ禁止等の規制適用外になったこともあって、売れ行きは好調に推移、しばらくの間は中型トラック市場を独占していたのでした。

やがて他社もジュピターが独占していた中型トラック分野に積極的に新型車を投入するようになってきたため、1964年(昭和39年)10月、従来のジュピターに加えて3.5トン積みT30型(KE61型ディーゼル2.993cc 95ps)と4トン積みT31型(KE62型ガソリン2.993cc 130ps)を新たに発売。この車両は単なる従来型の改良型ではなく、基本構造の見直しを行い、強度、耐久性および走行性能において中型トラックの最上位を狙ったものでした。

しかし一方で、このジュピターT30型/T31型と同時期に発売した、キャブオーバー型の“ふそうT620型”の発売開始早々からの爆発的人気に象徴されたように、中型トラックの分野においても、ボンネットタイプの退潮傾向が顕著になってきたのも確かで、1970年(昭和45年)3月、ボンネットタイプの3.5トン積みT32型が生産打ち切りになったのです。


【Mitsubishi Jupiter T32AD 3.5t積】
推定製造期間 1967年-1970年


絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  保存車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 01:39 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北海道のトラック事情

北海道で見かけるトラックといえば、企業が保有している最新式トラック(トレーラーが多い)もあれば、牧場や農家が個人所有している旧型トラックもゴロゴロしているし、自動車に占めるトラックの割合も非常に高い土地です。

また、降雪地であり不整地も多く、全輪駆動トラックなどの特殊なトラックやも頻繁に見かけます。私のようなメカ好き男子にとっては、何もかも刺激的で勉強させられる一面もあるのです。

Hokkaido_Volvo.jpg
画像はVolvo FH系・・・Globetrotter(ハイルーフ)でなく標準ルーフは珍しい。


ブログをお読みの方は
「何故こんなに古いトラックが多く生存しているの?」
と思いでしょう。


その理由を古いトラックを所有している酪農関係者に聞くと、

①【ディーゼル車規制の対象外】 
  自動車NOx・PM法の基準をクリアしていなくても公道を走れる。
②【年間の走行距離が少ない】  
  狭いエリアでの使用がメインで、一年を通して使う期間も限られる。
③【車の保管条件が良い】     
  ガレージや倉庫等で保管されているので、紫外線や雨風から守れる。
④【普段から整備されている】   
  オフシーズン等に自分で整備したり、定期的に整備業者が来てくれる。
⑤【気象条件】            
  夏日が少ないので、クーラー無しの車でも我慢できる。

また「まだまだ使える」や「エンジンの調子がいい」と聞くことが多く、
買い換える理由はないとのこと。

Hokkaido_Forward.jpg
Isuzu Forward 中期型 (1980-1984)
普通免許で運転可能な小型~中型トラックがほとんどを占めており、
大型トラックは敷地内限定での使用は見かける。
(新旧含めた軽トラックは積載効率が悪いためか極端に少ない)

Hokkaido_Dyna.jpg
Toyota Dyna後期型 (1972-1977)
平ボディ車であれば、より多くの荷物を運べるワイドボディ仕様が珍しくなく、
最大積載量を●えて積むのは日常的だとか。
ダンプ仕様は “土砂厳禁” の幅広+ロングというスペシャル架装を行っており、
一部メーカーでは『十勝ダンプ』と呼ばれています。

トラックの撮影許可をもらうために話しかけると、「こんなボロでもいいの?」とか
「汚れているよ?」と言う人もいれば、「どうだ!年代物だろう!」という方もいますが、
ほとんどの方が長年苦労を共にしたトラックに愛着を持って接しているように感じます。

| 未分類 | 21:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞ TWD45】 全輪駆動のスラリータンカー

北海道の旅の最終日、空港に向けて出来たばかりのバイパス道を走っていると、大型の特殊車両がゆっくりと走行していたので、躊躇なく追い越をかけました。

Isuzu_TWD45_Tanker_1.jpg
この特殊車両は、立派なボンネットスタイルと強靭な足回りを持つ、大型トラック界の”シーラカンス”こと、いすゞTW系の全輪駆動ボンネットトラックと判明。

安全な場所に車を停め、TW系トラックの走行シーンを撮影しようとカメラを構えていると、トラックは目の前で停まってくれました。

運転していたのは麦わら帽子が似合う団塊世代位の方で、撮影許可はもちろん、車の用途について丁寧に教えて頂き、この車の正体がスラリータンカーだとが判明しました。

Isuzu_TWD45_Tanker_2.jpg
スラリーとは泥状の混合物の事をいい、ここでは牧場から出る牛などの排泄物を液状化させたたい肥のことを差します。 

この車の目的は、春と秋の年2回(一般的には)に牧草地などにスラリーを散布するのに使われ、足場の悪いコンディションであっても、全輪駆動の走破力により作業が捗ることでしょう。スラリータンカー(スラリーインジェクタ)といえは、酪農用トラクターに連結されたタイプの方をよく見かけますが、敷地外の移動にはトラックをベースにしているタイプの方が効率がよさそうです。

運転されていた方は 「作業中は臭いぞ~」 と言っており、スラリー散布は強烈な臭いとの戦いで、最近では牧場の悪臭問題の槍玉にされて、臭いを抑えた手法等もいろいろ検討がされているみたいです。

このTW系をシーラカンスと呼ぶのには理由があり、1951年から1993年頃までの長きに渡って製造されていたトラックで、(一般向けには1986年で終了)42年の生涯の中で大きなスタイルの変更がされないまま生産されていたのです。

その影響で外観からの年式判断は非常に難しく、個人的には以下の大分類に分別しています。(年式は推定で、モデルは代表的なものを記入)

【初期型】1951年~1962年 TW11/21、TW141/241、TW341、TW542
 (特徴)フロントウインドは平面ガラスの2分割式、アポロウインカー
【中期型】1962~1979年 TWD20、TWD23 
 (特徴)一枚ガラスの新型キャビン採用、縦格子グリル
【後期型】1979~1986年 TWD25、TWD45、HTW 
 (特徴)横格子にISUZUのロゴが入ったグリル、ボンネットサイドのダクト穴廃止

ちなみに画像の車両は1983年頃のTWD45のようです。
タンク部にも昭和58年度○○○○事業と書かれてあったし・・・

Isuzu_TWD45_Tanker_3.jpg
ここで戦後から昭和時代にかけて、いすゞの全輪駆動車として活躍してきたTW系について整理。

いすゞは古くから各種形式の四輪駆動車、六輪駆動車など不整地走行に適したトラックを製作して軍用に供しており、昭和9年、商工省標準形式自動車の制定に当たってにはじめて「いすゞ」という名前が付けられ、その頃、満州で陸軍の機動力を高めるために開発された不整地向けの6輪(6×4)”94式六輪車”が登場しました。

しかし、終戦を迎えるとこれらの車両は需要も少なく、その生産は中止されていたのですが、1950年に勃発した朝鮮戦争によって発足した警察予備隊(現:自衛隊)に向けて不整地向けのトラックが要望されたのでした。

そこで当時民間に払い下げられていた”GMC社製六輪駆動トラック”を参考にして作り上げたのが、TW11型(6×6ディーゼル)、TW21型(6×6ガソリン)と姉妹車であるTS11型(4×4ディーゼル)、TS21型(4×4ガソリン)で、最終的には昭和26年(1951)5月に完成されたのでした。

また、警察予備隊以外に、電源開発工事、木材輸送などの開発事業が次第に振興されるにつれて、山間の悪路、砂地、泥濘地等を自在に走行することの出来る強力な駆動力を持つ車両が要望されるようになった時代でもありました。

現代においてTW系車両といえば、林業で木材運搬等に使う車両や、除雪車などで見かける程度ですが、オリジンは軍用車両であり、その走破能力を一般向けに販売したのがTW系トラックなのです。


【Isuzu K-TWD45】
推定製造期間 1981-1984年頃


1951年、TW11型(6×6ディーゼル)、TW21型(6×6ガソリン)と姉妹車であるTS11型(4×4ディーゼル)、TS21型(4×4ガソリン)の製造を開始。TW系とTS系のエンジンは共通で、DA45系ディーゼルとDG32系を搭載。最大積載量はTW系とTS系ともに5トン積み。

1955年、TW141(6×6ディーゼル)、TW241型(6×6ガソリン)になる。
ディーゼルエンジンはDA110型になり、直列6気筒 5.654ccで105馬力を発生。
途中、最大積載量の増加(6トン積み)と馬力アップの要望に応える形でディーゼルエンジンはDA120型になり、直列6気筒 6.126ccで120馬力を発生。型式名はTW341型、TW541型となる。

1962年、キャブ周りを中心にモデルチェンジが行われTW20型になる。
一枚ウインドによって視界改善されたのをはじめ、フェンダーにウインカー設置等の変更を受ける。また、途中から速度表示灯やポジションランプの設置やサイドバンパー、アンダーミラーの取り付けなどの安全面での改良や、その他、タイヤサイズ変更なども行われた。

1974年、エンジンやFRトレッドを改良したTW23型に変更。
DA640型のディーゼルエンジンは、直列6気筒 6.373㏄で135馬力を発生。

1979年、昭和54年排ガス規制対応したTW25型に変更。
6BD1型のディーゼルエンジンは直噴式を採用し、直列6気筒 5.785㏄で160馬力を発生。直噴式を誇張するかのように、グリル周りのデザイン変更、ボンネットサイドのダクトを塞ぐようになる。

1981年、TW25型を改良したTW45に変更。(詳細不明)
(簡易クレーン搭載時の荷台サイズをキープするため、全長拡大したのか?)
(積載量は6.5トン積みに増えているが、TW23時代から変更された可能性あり)

1984年、昭和58年排ガス規制をクリアするためにエンジンを改良しP-HTW型になる。
6BG1型 直噴ディーゼルエンジンは排気量を6.494㏄に拡大し175馬力を発生。
この型を最後に国内一般向けには1986年に終了(推定)、1993年には全ての生産が終了になる。


絶滅度 ★★☆☆☆
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

| Isuzu | 13:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

廃トラックの有効活用!?

北海道を旅した際、偶然立ち寄った小さな漁村で廃トラックの大群に遭遇。

「これが噂で聞いたことのある廃トラックの聖地か!」と気付いたのはしばらく経ってから。

防波堤沿いに並べられた廃トラックの数は40~50台にのぼり、そのほとんどが1970年代に生産された中型トラックです。ボディ形状は平ボディばかりで、現役の頃は周辺の牧場や農家で使用されていた自家用トラックがほとんど。

これだけの数の廃トラックが並ぶ光景は、ネットの世界でも見た記憶がありません。

Trucks_All_1.jpg
何故“廃トラック”がこんなに集まっているんだろうか? 
疑問を解くヒントは荷台のブルーシートの中身やミラーに巻かれたロープ。

トラックの荷台には漁業で使う網などが満載されており、雨風をしのぐ為のブルーシートが掛けられているのです。そう、漁業用の道具置き場として廃トラックを活用していたんですね。

ここに集まったトラックたちは、公道を走れなくなってはいるものの、ちゃんと自分の役割を果たすべく静かに漁村で働く人たちを見守っているのでした。

Trucks_All_2.jpg
日産ディーゼル コンドル3兄弟。
(左からコンドルワイド、初代コンドル(前期型)、初代コンドル)

ドア、フェンダー、ルーフは錆が進行して穴があいていますが、かろうじて原型を保持。
潮風や直射日光を受ける最悪の保管条件の中で、耐え忍んでるかのようです。

Trucks_All_3.jpg
左から日野レンジャーKL、いすゞフォワード(SBR系)、いすゞエルフ350、三菱ふそうFK(後期型)

キャビンはしっかりしているものの、グリルやバンパー類の脱落や変形が痛々しく、単に風化したというよりは、作業中に変形したのか悪戯されたように思えます。

Trucks_Fuso_T65_1.jpg
ここからは印象に残った個体を中心にご紹介。
最初は三菱ふそうT650系の前期型(1970-1973)

メッシュグリルが特徴の前期型は、現在において現役車はもちろんのこと廃車体もあまり見かけません。ワイパーが垂れ下がっているのは、冬場の雪の重みによってピボット部が舐めたのかもしれませんね。

Trucks_Fuso_T65_2.jpg
三菱ふそうT654の後期型(1973-1976)
置かれた時期や場所によって条件が違うとは思いますが、この時期のトラックは意外とタフで、フレームはあまり変形しておらず、キャビンも原型を保つものが多いのにビックリです。

Trucks_Fuso_T65_3.jpg
三菱ふそうT65系の後期型(1973-1976)
現役時代は牧場で使っていたのだろうか、荷台はワイドボディを架装。
まだまだ頑張れそうな雰囲気がありますね。

Trucks_Hino_Ranger_1.jpg
日野レンジャーKLの初期型(1970-1972)
レンジャーKLシリーズが登場したのは1969年ですが、日野バスマーク、ワイパー形状から最初のマイナーモデルチェンジが行われた後のモデルになります。涙目のヘッドライトベゼル、アンバー1色のウインカー、メッシュグリルが特徴の初期型は貴重なモデルになってきました。

Trucks_Hino_Ranger_2.jpg
日野レンジャーKLの中期型(1972-1975)
この型のレンジャーも耐久性があり原型を保ったものが多いですが、どれも天井の内貼りが落ちています。

オーバル型ミラーの縞模様は、70年代車の雰囲気満点。

Trucks_UD_Condor_1.jpg
日産ディーゼル コンドルの中期型(1979-1981)
後期型とはNissan Dieselと書かれたガーニッシュとミラーの支持方式が異なる点位しか外観上は判別できません。

こうしてみるとヘッドライトベゼルが赤いせいか”歌舞伎のメイク”を連想します。

Trucks_Isuzu_Forward_1.jpg
いすゞフォワードSBR系(1972-1975頃)
この型は「ムーミン」だとか「カバ」「だるま」など、いろんな愛称がついています。
画像では分かりにくいですが、ベッド付キャブの珍しい車体でした。

Trucks_Isuzu_Forward_2.jpg
いすゞ フォワード FX系の前期型(1975-1979)
メッキグリルに小型のマーカーランプと、現役時代は多少デコっていたのかも。
FX系フォワードも最近は現役車を見かける頻度が少なってきた印象です。

| 未分類 | 22:41 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日産ディーゼル TW51LM】現役のボンネットミキサー

私が生まれた1970年代の大型トラック市場は、すでにボンネット型からキャブオーバー型に移行が進み、馬力競争をしている時代でした。当時の国内大型トラックメーカー4社は新型キャブオーバー型の発表や新型エンジンの開発に力を入れる一方、旧態化したボンネット型は従来のモデルにエンジンを載せ買えたり、フェイスリフト等を行う程度で、1980年前後まで延命販売を続けたのです。

私はキャブオーバー型とボンネット型を見て育った世代ですが、ボンネット型トラックが徐々に消えていく状況に全く気にも留めていませんでした。

早速本題に入ると、先日の北海道の旅で偶然「日産ディーゼル TW50型」の現役のボンネットミキサーを目撃しました。

TW50型といえば、日本ではすでに現役を退いて久しく、ナンバー付きの車体としてはダンプやレッカー車など何台か存在しますが、その多くは所有者の思い入れがある車両のためか、華飾を加えている車両が多い気がします。
また、トミカやトミカダンディでモデル化されていることもあって、古いトラック好きな方の間でも人気の高く、比較的知名度のあるトラックではないでしょうか。

UD_TW50_Mixer_1.jpg
TW50型ミキサーを見た瞬間、驚きと興奮でいっぱいになったのは言うまでもなく、
さっそく関係者に許可を頂き撮影モードに突入。

いや~ぁカッコいいですわ!

関係者にTW50型トラックを使っている理由を聞くと「ちゃんと動くので今でも使っているだけ」とのこと。この周辺では他にボンネットトラックは居ないとのことで、この辺りでは有名なミキサーなのかもしれません。

UD_TW50_Mixer_2.jpg
6TW13型からモデルチェンジされたTW50は、FRP製のティルトボンネットを採用することにより、斬新で力強さのあるデザインが表現できると同時に、軽くて整備性が一段と向上されています。(錆の心配もありません)

キャビン部は日産ディーゼルのボンネット型と共用化されているのですが、曲面総一枚ガラスの採用と3連ワイパーの採用によって視界は一段と向上しています。

UD_TW50_Mixer_2.jpg
グリルはBMWのようなキドニーグリルを採用、このボクシーなフロント周りが特にカッコいいですね。ボンネット内部に収まるのV8エンジンはRD8型4サイクル直噴ディーゼルで、TW50型は280ps、TW51型は300psを発生。6×4やツーデフと呼ばれる後輪2軸駆動を採用しているので、傾斜地や泥濘では抜群の動力性能を誇ります。

フェンダーサイドにリフレクターが付いていることを考えると、TW50LM型をマイナーモデルチェンジしたTW51LM型だと推測。


【Nissan diesel TW51LM】
推定製造期間 1972-1984年頃

6TW13型をモデルチェンジし、1972年9月にTW50型の発売を開始。
RD8型 V8 4サイクル直噴ディーゼルエンジンを搭載(280ps)

1977年頃にマイナーチェンジが行われ、RD8型エンジンは300psとなる。
ミッションは5速から6速に変更され、フェンダーサイドにリフレクターが付く。

1984年頃に製造中止とともに、ボンネット型トラックの生産を終了する。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月


UD_TW50_Mixer_5.jpg
トミカダンディ(絶版)では、TW50LMのミニカーをラインアップ。
画像はリサイクルショップで1.500円で入手したものですが、造形の良さはもちろんのこと、ボンネットは開閉可能だし、ミキサー部は自動回転をするし、なかなか良い出来栄えです。

| Nissan diesel / UD | 23:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏の北海道

連日の酷暑が続く中、有休休暇を利用して避暑地の北海道に行ってきました。
この時期の北海道は小麦の収穫、干し草ロールの運搬などが見られる絶好のチャンス!

ところが、滞在期間中はすべて気温33度前後という暑さで、避暑どころか宿泊場所の2ヵ所はエアコン無しだったため、余計に夏バテをした感じです。

2012_Hkd_1.jpg
北海道での小麦の収穫は、コンバインハーベスターで刈り取りと脱穀を行い、お腹一杯になった所でトラックの荷台に排出。

使われるトラックは2トン~4トン積で、親戚、友人、JA(農協)職員など複数人で収穫作業にあたっています。

2012_Hkd_2.jpg
小麦収穫で見かけたトラックは、アルミブロック(アオリ)に木の板を積み上げてデカ箱ダンプに改良してあり、小麦を沢山積み込められるように対応しています。

作業していた方に話を聞くと、こうしたアメリカ的な収穫方法が定着してきたのは10年程で、コンバインハーベスターは農協が所有するものだとか。

2012_Hkd_3.jpg
収穫した小麦は、JA(農協)の乾燥貯蔵施設に持ち込まれす。
敷地内駐車場には交通整理員が出動する程の順番待ちができており、順番がきたら施設の搬入口へと移動していきます。

2012_Hkd_4.jpg
施設の搬入口でダンプアップ。
この時の気温は33度、皆さん汗だくになって作業されていました。
収穫された小麦は、讃岐うどんの原料になったりしているそうです。

2012_Hkd_5.jpg
牧草地エリアでは、干し草ロールが転がっており、専用のリフトを使ってトラックに積み込んでいます。

2012_Hkd_6.jpg
4トン車の標準幅車だと、ロールを横に2個積むと全幅よりはみ出してしまうので、アオリを開けた状態で積み込みしていました。


今回の古いトラック(昭和時代の生産)の収穫は約350台程。
暑さが厳しい時期であったためか、早朝や夕方以外はあまり古いトラックを見かけることはありませんでした。
そんな状況の中において日産ディーゼルのダルマ(ヨングレイト)を4台、初代コンドルワイドを3台、TW50ミキサー(ボンネット型)など、日産ディーゼル車を比較的多く見かけました。

| 未分類 | 00:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。