<< 2012-12- | ARCHIVE-SELECT | 2013-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【日野 WD300】 ハイキャブ搭載の全輪駆動車(4×4)

今年の成人式は14日(月)でしたが、この日の東京都内は朝方の雨が雪へと変わり、あっという間に町が雪化粧してしまいました。

祝日も出勤日としている我が社の職場では、帰宅命令が・・・
15:00頃は電車もバスもストップ、タクシー乗り場は長蛇の列が出来上がっており、帰宅するまでかなりの時間を要し、後から考えると有休を頂いて自宅に居た方がよっぽど良かったと思います。

さて、雪の日に活躍するトラックといえば”除雪車”
関東平野においては高速道路でNEXCOの除雪車を見かける程度であり、あまり馴染みがない車両ではありますが、降雪量の多い地域ではこの時期除雪車がフル稼働していることでしょう。

Hino_WD300_1.jpg
こちらは北海道で見かけた日野WD300型の除雪車(手前)と三菱ふそうのFW(6×6)またはFR(4×4)です。

日野WD300型は大型トラクタ(HE型、HH型)に採用されていた”ハイキャブ”と呼ばれるキャブ搭載位置を高くしたキャビンを搭載。インテリアでは”悠々キャビン”と呼ばれる運転席に沿ってラウンドしたインストルメント・パネを採用しています。

エンジンはEK100型(270ps)を搭載。オーバートップ付き5速マニュアルミッションと高低2弾の副変速器を採用しているとのこと。

フレーム先端に大型スノープラウを取り付けているのでフロントバンパーは除去、ノーマルのヘッドライト位置では十分に前方を照らすことが出来ないので、上方にヘッドライトを移設されています。そのせいか大型トラックのイメージは薄まり、大型重機のように見えます。キャビンへの乗り込みも前輪後方のステップからよじ登るといった感じで大変そうです・・・

助手席側の三角窓から判断すると、このモデルは1977年~1979年頃の車両と推測。

Hino_WD300_3.jpg
同じく北海道から日野K-WD300型(手前)と日産ディーゼルK-CZ型。

上画像の日野WD300型に対して54年排ガス・騒音規制に適合させたことで、型式名がK-WD300型となりました。同時に下方視界改善のために助手席側には安全窓が取り付けられております。(残念ながら同じキャビンを採用していたHE/HHのトラクタ・シリーズは下方視界改善を理由にハイキャブを廃止している)

フラットな荷台には”バラスト”と呼ばれるウエイトを積んでおり、雪道でのトラクションが得やすいようにしています。また別の仕様としてはダンプ架装車や凍結防止剤散布機を積んだモデルもあったりします。

このモデルは1979年~1983年頃の車両と推測。



【Hino WD300/K-WD300(4×4)】
製造期間 1977-1983年

1975から販売されていたボンネット型全輪駆動車(4×4)のZH110型に代わり、
1977年8月にキャブオーバー化されたWD300型が発売される。

1979年に54年排ガス・騒音規制に適合させるとともに、
下方視界などの安全性を高めたK-WD300型を発売。

1982年頃(時期不明)にSuper Dolphin K-FU型(6×6)が登場。
1984年1月にP規制車のSuper Dolphin P-FU型(6×6)とP-FZ型(4×4)が登場。

K-WD300型はP-FZ型に切り替えられたことで製造中止。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★☆☆☆
状態  現役車(2枚とも)
撮影地 北海道(2枚とも)
撮影日 2010年4月(2枚とも)
スポンサーサイト

| Hino | 12:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【東京オートサロン2013with NAPAC】

1月11日(金)~13日(日)の日程で、「東京オートサロン2013with NAPAC」が幕張メッセで開催。 招待券を頂いていたので、13日の初日に見てきました。

出展車両のジャンルはスポーツ、セダン、SUVと様々ですが、小型トラック領域も多少は展示されています。しかしこのブログでご紹介するような趣向性とは異なり、”やんちゃ”系にカスタムされているものばかりです。

今回の総出展台数は802台(前年比27%増)。うちトヨタ86とスバルBRZが91台出展されているそうで、86のカスタムが特に目立った印象でした。 2000年頃はステップWGNやオデッセイといったミニバンのドレスアップが盛んだったものの、メーカー純正でミニバンのカスタム仕様が発売されてからは人気が減少。また2000年代には国産高級セダンを中心にVIP系カスタムが人気だったのですが、国産高級セダンに魅力的なモデルが少なくなったためか、数年前よりドイツ系高級セダンをカスタムするような動きになっています。

プリウス、アクア、フット、セレナ、ステップWGN、フリード、アルト、N-BOXといった日本での新車販売台数が多い車種は、オートサロンの出展台数が少ないという面白い現象も起きていますね。

TAS2013_HINO_1.jpg
今回で2回目となるHinoの出展。
前年は女性ダンサーのポールダンスなどで話題をさらい、高性能カメラやビデオを持った人たちで溢れていました。今回はショーを見ていないので人気度がどうだったのかは分からないのですが、9:00~13:00までのサイレントタイム(ステージショーや音楽の禁止)にはメディアの取材に対応していました。

出展されたトラックはDUTRO Xというカスタムを施したカーゴとローダーの2台。
画像はHino DUTRO Hybridをさらにエレガント&スタイリッシュにカスタムされたカーゴで、ホイールはポリッシュ仕上げのアルコア製アルミホイールを装着。フロントとルーフにはスポイラーを装着し、空力整流による燃費向上とスポーティな印象を与えています。サイドにはスカートを装着し、見た目の安定感を高めていますね。

何となく仮面ライダーやヒーローモノに出てくるデザインのように感じました・・・

TAS2013_VAMOTORA.jpg
こちらはHonda Actyをレジャービークルにした「VAMOTORA」
若干車高を上げて、ボディサイドのプレス面に沿って塗り分けた2色塗装等によりRVテイストを出しています。また、荷台にはロールバーのようなキャリアを装着し、サーフボードを積載。荷台にはレジャーバイクのモンキーを積載していました。何となく初代VAMOS(360㏄)を思い出します。

TAS2013_慶虎
お馴染みとなった「慶虎(ケイトラ)」のコーナー。
真っ黒のエアロボディに金色文字が戦国武将の甲冑を連想します。
通り過ぎた若いお兄さんたちが「いいねっ、欲しいっ」と言っていました。

TAS2013_GB-R.jpg
こちらはサニートラック(GB112)を箱スカの顔にフェイスリフトした車両で、型式名からこの車の名称は”GB-R”と呼ばれていました。
ホイールは箱スカで定番のワタナベ14incを装着。

TAS2013_Flexible_Flxette.jpg
最後はGO★EZの米国Flxible Flxette Light-Duty Transit Bus(1964-1976)
あまりFlxible社についてわからないのですが、バイクメーカーから起業し1990年代にブランド消滅した会社だったと思います。Fishbowl(金魚鉢)と名付けられた特徴的なフロントガラスのイメージを継承していますね。アーミーライトグリーンの塗装は、ここのブランドのイメージカラーのようです。

車高を思い切って下げているので、最初見た時はコンテナ代わりにバスのドンガラを使っているのかと思っていました・・・

バス車体にはいろんな書き込みがあるのですが、スタッフの説明ではイマイチ理解が出来ず・・・ GO★EZ学園という企画として使われているバスで、カスタムカーやイベントで”子供たちに夢を与える”(?)というらしく、子供たちが購入してくれた商品の収益金の一部を復興ボランティアに寄付し、特典としてバスにメッセージが書けるといったことなのでしょうか・・・

| Event report | 12:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【タイタン ウォークスルーバン】 宅配便と言えば・・・

欧米ではウォークスルーバンという「乗員が運転席と荷室の間を、車から降りることなく自由に行き来できる」「荷室では立ったまま作業することが可能」といった特徴を持つ車両が昔から存在していました。

日本では、1976年にヤマト運輸が”クロネコヤマトの宅急便”でお馴染みの宅配便事業をスタート。1980年代初頭にはヤマト運輸とトヨタ自動車の共同開発で「ハイエース・クイックデリバリー」という日本式ウォークスルーバンが量産化されたのが有名です。

ヤマト運輸だけでなく、1980年代には多くの運輸業者等が宅配事業に参入し、市場規模が急激に拡大したのですが、宅配事業を支えるデリバリーバンの開発においても自動車メーカー各社が一斉にスタートしました。

【トヨタ】ハイエース・クイックデリバリー
【ニッサン】アトラス・ウォークスルーバン
【いすゞ】ハイパックバン
【マツダ】タイタン・ウォークスルーバン

各社1t~2t積トラックシャシーにスライドドア+背高ボディを架装したものですが、当時からハイエース・クイックデリバリー以外はあまり見かけなかったように思います。

Titan_walkthrough_VAN_1.jpg
福岡県の実家に帰省中、某マツダ販売店前を通過しようとしたところ、車両置き場に「幻のウォークスルーバン」だと勝手に思い込んでいる”マツダ タイタン・ウォークスルーバン”を発見!

タイタン・ウォークスルーバンは日通ペリカン便で使われた話を聞いたことがありますが、実車を見た記憶も無く、ネット上でもほとんど取り上げられていないため、謎めいた車両の一台でした。

近くで見たかったのですが、店舗は正月連休中でお休み・・・
今回は歩道から車両を確認しただけでした。

2t積タイタン・ワイドローのシャシーをベースに専用ボディを架装。エンジンはベース車と同じ3ℓ(90ps)を搭載していると思われます。ボディの特徴としては、助手席側の三角窓やフロントガラス左上部に追加された窓など、視界確保の点では競合他社よりも力をいれていたように感じます。

Titan_walkthrough_VAN_2.jpg
Mazdaのエンブレムが無ければ何処のメーカー製か全く分かりませんね。

ボディ側面の窓やフロントのアニマルガードバーなどが追加されている点から、キャンピングカー的な使用を目的とした車両のようで、デリバリーバンでもなく、移動販売車でもないようです。

フロント周辺を中心に錆が進行しており、酷い部分はテープで応急処置されていました。

| Mazda | 21:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日野ZM】 再生されたZM

新年 明けましておめでとうございます。

昨年末はブログの更新が停滞気味でしたが、
今年はマイペースに更新しようと思います。

2013_Hino_ZM_1.jpg

今年の正月は福岡県の実家に帰省しているので、県内をドライブしながら旧型車両の確認に向かうと、1980年代後半のトラックたちの多くが更新されておりました。

昭和世代の車両は25年が経過していることもあり、年々、現存車数が少なくなっており、寂しい限りです。

そんな状況の中で'70年代に一世風靡した車体「日野ZM」を発見することができました。

整備工場らしき車両置き場に置かれたZMは幹線道路からも存在感抜群で、車体全体がリペイントされていることもあり、美しく光沢を放っておりました。どういう目的で再生されているのかは不明ですが、このままの姿でも十分かっこいい佇まいですね。

2013_Hino_ZM_2.jpg
インパネは「悠々キャビン」と呼ばれるラウンドしたインパネを採用、助手席ドアに安全窓がないことから、1977年から1980年頃の車体だと思います。ワイパーやミラーがブラックに塗装されているのはノンオリジナルで、オーナーの好みで塗装されたようです。

気になるのは、日野のバスマークが上気味に取り付けられているところでしょうか。
旧型トラックが生き残るには厳しい世の中ですが、こうして再生されたトラックを見ると応援したくなります。


【Hino ZM 6×4 Dump】
製造期間 1977-1980年

1969年、日野の大型トラックシリーズをフルモデルチェンジ。
キャビンデザインは中型KLと統一。
日本初の1枚ガラスフロントウインドゥと3連ワイパーを装備。
1971年、マイナーチェンジを実施し「赤いエンジンシリーズ」の直噴エンジンを投入。
キャビンの搭載位置の変更および、中期型グリルを採用。
1975年、ゆとりのビックワン赤いエンジンを搭載。
外観では2段グリルやバンパー等が変更される。
1977年、快適性を向上させた「悠々キャビン」を搭載。
メーターパネルをラウンド化する。
1979年、昭和54年度 排ガス規制適合車の発売。
1980年、助手席側のドアに安全窓が入る。
1981年、ドルフィンシリーズに切り替わる。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  レストア中
撮影地 福岡県
撮影日 2013年1月

| Hino | 14:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。