<< 2013-01- | ARCHIVE-SELECT | 2013-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ダイハツ デルタ】 ブサイクなのにカッコイイ!

先日は有休を利用して、借り物の最新型の軽自動車を試乗してきました。
高速道路、ワインディング、一般路等すべて体感するために選んだ目的地は山梨県。

家族から「桔梗屋のグリーンアウトレット1/2”で信玄餅の詰め放題ね!」というミッションを受け、開店15分前に桔梗屋に到着するものの、バスツアー客の参加者たちですでに行列ができていました。詰め放題の成果は信玄餅13個と水羊羹のようなもの2個。これ全部で210円なら物凄く安いですね。

晴れて自由の身になり、山梨県内をブラブラと旧車の探索を開始。

Daihatsu_Delta_1_yama.jpg
数年前より初代ダイハツデルタを目撃している場所に行ってみると・・・

いたいた! デルタっ!

セミキャブオーバースタイルに丸みを帯びたデザインはまるで”おやじ”を思わせます。
小さかった頃はエルフやキャンターの方が好みだったので、デルタには何の感情も湧かなかったのですが、大人になってみて・・・いや、おやじの年齢になってきて初代デルタの良さが分かってきました。

仕事ができれば、見た目は関係ないんです!

皆が幸せになれば素敵に見えるんです!

Daihatsu_Delta_2_yama.jpg
初代デルタのダンプといえば”3転ダンプ”のイメージが強いのですが、この子は一般的なダンプ仕様でした。

キャブの後ろにはスペアタイヤを設置していますが、同じプラットフォームを使うトヨタダイナは左側のリアタイヤ前方に斜めにセットされている事が多いですね。

セミキャブオーバーはキャブオーバーよりもホイールベースは長くなり、高速安定性はいいけど小回りに不利になります。デルタダンプのホイールベースは2,730mmで最小回転半径の5.9m。 当時のキャブオーバー型ダンプのエルフ、キャンター、タイタンなどの最小回転半径は5.2~5.4mと圧倒的に不利になります。

Daihatsu_Delta_3_yama.jpg
フロントにDIESEL 3000とあるから、形式は2トン積のDV28Dと推測。 水冷直列4気筒 2,977cc、85馬力のB型ディーゼルエンジンを搭載し、最高速は85㎞/hほど。 このエンジンユニットはトヨタからの受託生産されたものだと言われています。

顔まわりのデザインは兄弟車のダイナよりも複雑で凝った作りになっており、ヘッドライトの位置もダイナより若干上方にセットされています。


【Daihatsu Delta (DV28D)】
推定製造期間 1972-1977年


1970年10月、ダイハツVシリーズ、Dシリーズの後継としてデルタシリーズを発売。
車名の由来はダイハツのDのギリシャ語読みからとったものである。
1972年3月、デルタのマイナーチェンジを行い、同時にB型ディーゼルエンジンを搭載したディーゼル車を追加した。
1977年9月、デルタ・シリーズをフルモデルチェンジ。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 山梨県
撮影日 2013年2月


Mazda_Titan_yama.jpg
甲府盆地は70年代の2tクラストラックの宝庫。
希少モデルの日産バイソン、キャブオール、初代タイタンなども見かけます。

画像は自動車整備工場の敷地に置かれた初代タイタンのレッカー車。
撮影の際にアルトに邪魔されましたが、無事な様子で安心しました。

2_Toyota_Celica.jpg
乗用車では旧車イベントでも見かけない”2代目セリカ前期型”を発見。
さすがにボディやシート表面には年式相応のヤレが目立ちますね。
スポンサーサイト

| Daihatsu | 23:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ボルボ F16】 80年代後半の旗艦トラック

高速道路のSAやPAなどで、国産大型トラックに混じって見かけることがある外国製の大型トラック。平成以降に日本で販売していた海外のトラックメーカーは「Mercedes-Benz」「Scania」「Volvo」といったところですが、Mercedes-Benzは現在、日本市場から撤退してしまいました。

Volvoの大型トラックといえばFH/FMですが、その前身であるF16をご紹介します。
1989年にいすゞとボルボトラックが輸入販売を締結。これによって1990年5月よりいすゞの販売店を通してホルボF16が発売されたのでした。
(販売終了は1994年頃だったかな?)

Volvo_F16_1.jpg
今ではほとんど見かけることが無くなったボルボF16(6×4)を北海道で発見。
だだっ広い駐車場に置かれていた重量物運搬車ですが、他に気になる車両があったために遠目から撮影したのみです。もうちょっと細部を見ておけばよかったと後悔。

このボルボF16は1987年に刷新された大型トラック。
最大出力400馬力以上クラスの欧州トラックメーカーに対抗するために、4バルブ直列6気筒インタークーラー付ターボのTD162Fエンジン(465馬力)日本仕様はTD162FJ(450馬力)と、最新の12速ギアボックスを採用。また、ABSなどの安全装備も搭載されていました。

キャビンは空力性能を突き詰めたというよりは室内空間の確保を優先にしたようで、スクエアなデザインとなっています。

Volvo_F16_2.jpg
同じく北海道で見かけたボルボF16(4×2)。
関東ではボルボF16を見かけないけど、北海道では少数が走っているようです。

上の写真のノーマル車もいいのですが、画像のF16はディティールアップによって更にカッコよくなっています。鏡面仕上げのフロントバンパー、ステップ、フェンダー周りは、塩害地のための錆対策かもしれませんね。

欧州トラックでは一般的な10穴スタッドにアルミホイール、更には煙突マフラー(Smoke Stack)が取り付けてあるせいでアメリカンC.O.Eのようにも見えますね。

Volvo_F16_3.jpg
こちらは三重県の運送会社の正門横に鎮座してあるボルボF16。
現役を退いてから数年が経過しているようですが、目立った痛みもないようです。

| Volvo (sweden) | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日産ディーゼル Cシリーズ】 ダルマの8トンクラス散水車

私の目撃経験上、古いトラックの生存率が高い架装種類といえば、「重機運搬車」「消防車」「除雪車」などを思い浮かべますが、”散水車”もかなりの確率で古い車両を見かけることができます。これらの車両は年間走行距離の短さ、車庫保管、などが共通するポイントとして挙げられ、クルマへの負担が軽い事が長生きの理由だと言われています。

大規模な工事現場などに置かれた散水車を見ると3.5トン~4トン車クラスが主流のようで、8トン車クラス以上の大型散水車はあまり見かけないように感じますが、私の住んでいる地域だけでしょうか。

UD_CK20_1.jpg
2012年夏、北海道の地でブラブラしていると、土砂輸送関係の会社敷地内に70年代の日産ディーゼル Cシリーズと遭遇。洗車作業中の関係者に撮影の事を話して、近くで見せて頂くことになりました。

'60年代までの日産ディーゼル大型車といえば、2サイクルUDディーゼルが大きな特徴であったものの、昭和44年(1969)3月に、2サイクルUDエンジンに代わる4サイクル・ディーゼルエンジンが登場しています。4サイクル化の切り替え理由は、排気・騒音規制のクリアと、燃費性能を良くすることによるものだったそうです。

8トン車用として開発された4サイクル直接噴射式エンジンは日産ディーゼルPD6型で、高負荷高速連続運転に対する信頼性を重視した排気量 10,308cc、185馬力でした。このエンジンを画像のトラックの前世代のサングレイト型(TC系)に搭載された後、昭和46年(1971)7月に行われる大型トラックのモデルチェンジで新しいキャブとなり、”ニューキャブシリーズ”のCシリーズとして発売が開始されたのです。

UD_CK20_2.jpg
この車両を所有している会社から想像すると、土砂で汚れた道路の清掃と砂埃の発生を抑えるために散水するのが任務だと思われ、大事に扱われているおかげで、他で見るCシリーズよりは程度が良く保たれています。

青い塗装は最近塗装されたのだろうか、発色もよくて艶々していました。
ノーマル状態を保たれて良い感じですが、残念なのはフロントグリルの”NISSAN DIESEL”プレートが欠損している点ですね。

UD_CK20_3.jpg
前世代のサングレイト型との違いは一枚フロントウインド、3連ワイパー、ベッドエリアの確保など、大きくデザインが進化し、視界や快適性が大きく向上されています。また丸みを帯びたデザインのためか若干やわらかな表情にはなったものの、他社の大型車に比べるとまだまだ怖さというか厳つさが残っています。

また、このCシリーズはトミカ等のミニカーやプラモデルでは製品化されていないため、子供の心に馴染みの薄い存在でしたね。
(絵本や図鑑には多少掲載されたようですが・・・)

それとドア下のステップが無いので、乗車の際はフロントホイールのステップリングに足を掛けて乗り込まないと厳しいですね。

UD_CK20_4.jpg
法規で1992年から「7トン以上は車体後部に大型反射板の取り付け」と定められたので、リアバンパー上部には反射板が後付されていますが、'70年代車の丸テールは健在でした。

タンクには最大容量7,200ℓ 物品名 ”水” と書かれています。
リアバンパー付近に散水用のノズルが見えていますね。


【Nissan diesel CK20(後期型)】
推定年式 1977-1979年頃


1971年7月、サングレイトシリーズからモデルチェンジされ、全車4サイクルディーゼルエンジンを搭載した”ニューキャブシリーズ(Cシリーズ)”を発売。余裕のあるパワーと経済性を謳い、それに伴うミッションやアクスル、デフの強化などとともに、居住空間が改良され、見やすく居心地の良いものにしている。フロントウインドウも一枚の曲面ガラスになった。
1977年、は大型グリルを採用されたモデルにマイナーチェンジ。
1979年、昭和54年排出ガス規制を機に後継車(通称レゾナ)に切り替えられた。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
状態  現役
撮影地 北海道
撮影日 2012年7月

| Nissan diesel / UD | 11:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ミニエース】 〇〇エースの末弟

昨今、国内での乗用車販売台数のうち軽自動車が占める割合が35%以上になり、新車の3台に一台が軽自動車という状況が継続・拡大しています。消費者の経済的な事情もあるし、車で見栄を張ることの馬鹿らしさを感じるひともいるでしょう。また、軽自動車に払う価格と得られるバリューが納得できるレベルに達しているのまもしれません。

日産は2002年にスズキMRワゴンをOEMしてもらい、”モコ”とい名称で同社初の軽の販売を開始。いっぽうトヨタ自動車はダイハツから軽をOEMしてもらい2011年秋より”ピクシス・シリーズ”を販売開始。トヨタはいろんな事情から軽を積極的な発売をしていない(CM投下なし、セールスマンの成果に反映されにくい)のですが、軽市場が気になっている事は間違いないでしょう。

さて、トヨタといえばその昔、軽自動車と間違えそうな車種「ミニエース」を発売していました。同社の大衆車「パブリカ」をベースにキャブオーバー型スタイルを持ったトラックとバンです。

Miniace_1.jpg
こちらが「ミニエース・トラック」
どうですか? 軽自動車のような佇まいでしょ!
私自身も学生時代まではトヨタ・ミニエースの存在を知らず、それまで単なる軽自動車として見過ごしていたのだと思います。

ミニエーストラックの諸元は、全長3,505mm、全幅1,380mm、全高1,625mm
一方、現行軽自動車は、全長3,395mm、全幅1,475mmとミニエースの方が全長で110mm長く、全幅で95mm短いディメンションとなっています。エンジンは2U-B型 空冷4サイクル2気筒(水平型)OHVで排気量は790㏄。 最高出力は36psで最高速度は110㎞/hに達するとか。

1970年代初期には軽が30万円~36万円の価格レンジであったのに対し、ミニエースは36.7万円(一方開きUP100-D)37.9万円(三方開きUP100B-D)と安いながら、最大積載量は500㎏と軽では物足りないユーザーの獲得を狙ったものの、後継機種が誕生しなかった事から見ると、800㏄で500㎏積クラスのトラックは市場のマスは無く、セールス的には成功したとは言えなかったことでしょう。

軽自動車の税制恩典等で苦戦したことと、昭和50年排ガス規制をクリアできなかったことにより1975年12月に生産終了。

Miniace_2.jpg
画像の車両は一見ノーマル車のようですが、目元をプチ整形されています。
本来ならば、ヘッドライトの光軸をレンズカットにより配光するタイプですが、この子にはマルチリフレクター式を移植しています。(ブルーかかったヘッドライトにより年代よりも若く見える感じです)

ミニエースは1967年11月に登場していますが、この子は1971年頃にフェイスリフトされた後期型です。見分けるポイントとしてワイパー付け根部分のガーニッシュに”TOYOTA”文字が入るのは後期型で、前期型はフィン状の通気口となっています。

感心した点は、ミラーの取付とドアヒンジとエンブレムを3つの機能を一つの部品にしている点で、部品種類削減において面白いアイディアだと思います。

Miniace_3.jpg
後方の車体構成も軽自動車とそっくりです。

荷台は床面地上高570mmの低床一方開き車と、画像の三方開き車の2車を用意。
今ではミニエースを見かけることは少なく、これまでに写真に収めたのは5台程です。


【Toyota Miniace】
推定製造期間 1971-1975年

1967年11月15日、500㎏積の低床式小型トラックの「ミニエース」および同幌付車を発売した。 廉価、経済性を考えた設計は、フラットで広い荷台と相まって市街地や商店街での小口配達などに適している。 エンジンはパブリカで定評のある800㏄エンジンを床下に搭載し、最高速は110㎞/hと機動性に優れている。(乗車定員2名)

1968年2月、1BOX型の「ミニエースバン」と7人乗の「ミニエースコーチ」を発売。

1968年8月5日、ミニエースのバリエーションを充実するため、高床3方開車とパネルバンを追加した。 高床式3方開車は低床式車をベースに高床式にし、タイヤハウスが無くなりフラットな荷台を実現。また積み降ろしも3方向から行え、荷台長15mm、荷台幅25mm拡大、鳥居が標準装備され使い勝手が向上している。

1969年9月19日、ミニエースシリーズをマイナーチェンジし、同時にトラック系にデラックス車を追加した。 エクステリアの変更点はフロント上部のベンチレーションカバーの変更とともに、タイヤサイズをアップし、耐久性と接地性、乗り心地の向上を図っている。

1971年2月20日、ミニエースシリーズをマイナーチェンジし、機能充実と一部の意匠変更が行われた。 外観ではフロント上部のベンチレーションカバーを変更し、TOYOTA文字入りオーナーメントを組み込んだ他、フロントターンシグナルランプの色をクリアからアンバー色に変更して視認性を高めた。

1975年12月、昭和50年排出ガスをクリアできず、生産終了。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 長野県
撮影日 2009年10月

| Toyota | 17:57 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【日野TE120】 豊前消防三羽ガラスの引退

昨年と今年にかけて、今の会社に入社した当時の上司たちが定年退職を迎えました。
一人は定年を延長し、二人は自分の時間を楽しむために完全リタイヤ。定年とはいえまだまだお元気だし、大きな力を持っている方たちなので、残念でなりません。

■最近の残念なニュース
福岡県の豊前消防署に配属されている泡原液搬送車(39歳)、化学車(30歳)、放水車(28歳)の3台が老朽化し、部品の調達も難しいことから、全て新型車両に更新されることが決まり、2013年3月をもって現役を引退することになったそうです。

Hino_TE120_0.jpg
この3台は豊前市に九州電力豊前発電所が建設されたことから「石油コンビナート等特別防災区域」に指定され、泡原液搬送車、大型化学車、高所放水車の3種類の消防車をセットで配備することが義務づけられたために配備された車両だったのです。

Hino_TE120_1.jpg
【1973年式 Hino TE120 泡原液搬送車】
年長者のこの車両は、石油コンビナート火災用の泡消火薬剤を後部のタンクに入れて運ぶ「泡原液搬送車」と呼ばれるもの。エンジンはDS70型 直6ディーゼルの7013ccで140psを発生、3500ℓの消火薬剤を搬送できるそうだ。

最初は1973年に県消防学校に配備されたものの、九州電力豊前発電所が建設されたことに伴って、1983年に豊前消防署に譲渡された経歴を持つ。また、同発電所では石油コンビナート火災の発生がないため出動実績はなく、訓練や給油などで走行距離は8700Km程の低走行車両だという点にも驚く。

署員の話だと
「最高速度は40Km/hくらい」
「運転席にはクーラーが無いので、夏は汗だくで運転した」
「パワステが無くクラッチ操作も重くて大変だけど、いたわりながら運転している」
といった不便さの声があがっているものの、署員が毎日の点検と車両の清掃によって、車両もきれいな状態を保ち、エンジンの状態は良いとのこと。

Isuzu_Newpower_Kagaku.jpg
【Isuzu V8SS】
30年選手の通称ニューパワー後期型で、一部ではロボット顔と呼ばれる化学消防車。
8PB1F型 V8直噴ディーゼル 11,217ccのエンジンを搭載し260psを発生。

Isuzu_810_Housui.jpg
【Isuzu 810】
この3台の中では新しく感じるものの、28年選手の高所放水車。
810の初期型顔である丸目4灯式ヘッドライト車も貴重な存在になってきました。

引退後の3台の消防車は、公共施設での展示等を含めネット公売ができないか検討されているそうなので、興味がある方は注意深く見ていた方がよさそうですよ。

| Hino | 01:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【S38 ハイゼット】 5年ぶりの再会

九州や北関東方面の出張が連続し、疲れが溜まっていたせいか先日は不覚にも風邪をひいてしまいました。平熱が35度代の低体温症の人にとって37.3度は結構苦しいものですが、家族は「オーバーな!」と心配のカケラもみられません・・・

S38_Hijet_1.jpg
栃木出張では、早朝より霧が町全体を覆う中、見覚えのあるS38ハイゼットがお出迎えしてくれました。前回は約5年前の夏で、バッテリーチャージャーを荷台の下から半分見えているバッテリーに繋いで充電をしていました。

サビ止め用の塗装を豪快に塗ったりと見た目はアレですが、40年近く経過した現役車両は昭和時代の生き証人みたいで拝みたくなります。

5年前より高齢ドライバーのマークを付けていることから、この車の持ち主は高齢のおじいちゃんと想像しています。ひょっとすると1968年に廃止された軽自動車限定(360㏄)免許のみを所有していて、普通自動車の免許を持っていないのかもしれません。だから買い換えたくても免許制限により360ccを乗り続けているのかも・・・

S38_Hijet_2.jpg
550㏄以降からの軽ではあまり見かけなくなった一方開きの荷台は、今見てもスタイリッシュ。キャビンから荷台まで連続的に流れるようなデザインが良いですね。また欠品しそうなホイールカバー(S38PD スーパーデラックスに装備)も4輪ともに残っています。

1971年~1974年頃まで生産されていたこのS38ハイゼットは「でっか~イ」ハイゼットとキャッチコピーがつき、キャビンスペースや荷台の広さを大大的に訴求していましたが、今の軽自動車に比べると、ホント小さいですね。道向かいの店舗の現行ハイゼットバンが嫉妬しているような視線を感じました。

エンジンはZM型 2気筒2サイクルエンジンで最高出力26馬力。小さい頃の記憶では「パンパンパンパンッ」「パンパンパンパンッ」と白煙を上げて走り出す姿を思い出します。

IMG_1091.jpg
少し走ると鉄スクラップヤードがあるのですが、積み上げられた車種がシブイ。
左から1970年代前半のマーキュリー・クーガー、ギャランΛ、日産ホーマー、ハイゼット55、初代カローラ、チェイサー、パブリカバンなどが確認できます。

IMG_1094.jpg
ヤードの奥には初代ライトエーストラックの姿も。
21世紀に入って、この初代ライトエーストラックの現役車両は未だに見た事がありません。

IMG_1093.jpg
遠くには初代タイタンの姿も。

| Daihatsu | 16:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。