<< 2013-09- | ARCHIVE-SELECT | 2013-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそうFシリーズ】 彼等は何処へ!?

東京・神奈川・埼玉・千葉県の1都3県を対象にディーゼル車の排出ガス規制(2003年10月1日~)が開始されて約10年が経過しまが、今や地方を見ても80年代前後の古いトラックやバスを見かける機会が一段と減ってきました。

最近ひょんな事から茨城県の三菱ふそうFVのミキサー軍団の事が気になり、ある情報通に聞いてみると「事業所が閉鎖されていて、車両が無くなっているらしい」という情報が・・・

Fuso_FV_Mixer_Ibaraki.jpg
画像は2008年12月に撮影したもので、複数いたはずの三菱ふそうFV(後期型:ブラックマスク)のミキサー車は一台しか確認できませんでした。 とはいえ後継機種のザ・グレートなど80年代のミキサー車がゴロゴロしている後継は圧巻という情景です。

キャビン周りを観察すると、長期に渡って酷使された影響なのかサビや凹みやエンブレムの欠品などが目立ちますし、機関部からのオイル漏れも確認できます。(この頃は騙し騙しで乗っていたのかもしれませんね)

見た目はノーマルではありますが、黄色と黒の警告色で塗装されたバンパーとオレンジとクリーム色のボディーカラーは人目をひく良い色だと思います。

Fuso_FV_Dump_Ibaraki.jpg
ここは三菱ふそうFV(前期型)ダンプも所有していました。

速度表示灯/ベンチレーターのルーバーとFUSOのUの部分が欠品していますが、70年代車という事を考えるとまずまずの状態に見えます。真っ赤なホイルにステップリングや、巻き込み防止の3連サイドバンパーなど実用的な装備もあまり主張しておらず、FVのカッコよさを引き立てているように感じます。

Fuso_FK_Mixer_Ibaraki.jpg
中型ミキサーはFKシリーズのブラックマスクを保有。
グリル周りは錆で穴が空いていたのですが、補修されている部分も確認できます。

今回紹介したのは3台だけですが、他の車両も含めて今どうしているのかが非常に気になります・・・
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 22:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【いすゞエルフハイルーフ】 登場が早すぎた配送車の革命車

先週に引き続き2013年10月7日(日)、お台場で初開催された”お台場旧車天国”で気になった”いすゞエルフ ハイルーフ”をご紹介いたします。

以前に当ブログでも取り上げたことのある車両ですが、少々写真写りが悪かったので以前から取り直したいと思っていました。

いすゞエルフハイルーフ

Isuzu_Elf_Hiroof_1.jpg
1968年にフルモデルチェンジした2代目エルフをベースに、日本車初のウォークスルーバンとして「ハイルーフ」を1970年に発売。 ボディタイプは標準幅でショートボディの後輪シングルタイヤ車(TLD23VS)と、画像のワイド幅でロングボディの後輪ダブルタイヤ車(TLD53VS)の2種類を用意。

運転席と荷台がつながり室内高が1,745mmあるおかげで車内でのウォークスルーも簡単という特徴を持っているのですが、あまりにも斬新すぎたためか配送業界や小売業にはあまり売れなかったようです。

1971年当時の車両価格はベースとなったエルフ250トラック(TLD53)が103万円で、エルフハイルーフ(TLD53VS)が133万円とベースに対して33万円の価格アップ。
アルミ製の専用ボディと償却台数を考えると、許容範囲な価格設定だと感じます。

Isuzu_Elf_Hiroof_2
荷室に目を移すと、用途に合わせて棚などを設置すれば使い勝手が良さそうです。
この車両は荷台の上にも巨大なキャリアを載せており、かなり多くの荷物が詰め込めるようになっています。

以前はローマ岩島という服飾関係業者で使われていた車両のようです。

Isuzu_Elf_Hiroof_3
撤収作業を行っていた所有者に車の入手経緯を訪ねたところ、

「80年代に倉庫代わりに購入した、見た目はアレだけど昔は綺麗だったんだ」
「当時の写真があるから見せてあげる」

サンバイザー付近から取り出した写真を見せて頂くと、入手した頃の姿がありました。
(上が倉庫代わりの時代と思われ、下が路上復帰した頃の写真)
目立つ車体色と独特のスタイルから、行く先々での注目度は抜群だそうです。

”生きた化石”と表現するのは失礼かもしれませんが、貴重な産業遺産として今後も車のイベントに顔を出してほしいです。

| Isuzu | 10:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【お台場旧車天国2013】 プリンス・キャブオーバートラック軍団

2013年10月7日(日)、お台場で初開催された”お台場旧車天国”をレポート。
国産車から外車までありとあらゆるジャンルの乗り物が沢山集結し、博物館に展示されてもいいほどのお宝級旧型車両が所狭しと並べられていました。

思った以上に年季のいった商用車が沢山出展されており、大変満足できた一日でした。来場しているお客さんも車両に負けないくらいの年期のいった個性豊かな人が多く、ヒューマンウォッチングをしていても退屈しないですね。

Prince_Truck_All.jpg
会場入りが遅かったため、撤収している時間帯に撮影した写真が多いですが、まずはプリンス製キャブオーバートラック軍団から行ってみましょう!

Prince_Homer_odaiba_1.jpg
快獣ブースカに良く似た顔を持つこのトラックは、初代プリンス・ホーマー。
エンジンはG1型 直列4気筒1,484cc(70ps)ガソリンエンジンを搭載し、最大積載量は1,250㎏積となっています。

プリンスマークとウインカーが小型なので、1964年から1967年頃の初期モデルと思われます。何と言ってもドアヒンジがバックミラーステーの取り付けを兼ねているのがユニークですね。

Prince_Homer_odaiba_2.jpg
実用的ではないかもしれませんが、一方開き車はキャブから荷台まで連続的なデザインが美しいです。 錆一つない極上のコンディションにもかかわらず、出店用の荷物を運ぶという働きっぷりでした。

Prince_Clipper_odaiba_1.jpg
続いて初代プリンス・クリッパー。

初代の登場は1958年ですが、このトラックは1963年に4灯ライトに変更された後期型になり、2代目が登場する1966年まで製造されていました。

当時のカタログでは中型トラックと謳われており、エンジンはG2型 直列4気筒1,862cc(91ps)ガソリンエンジンを搭載し、最大積載量は2,000㎏積となっています。

個性的な顔立ちによって埋没していますが、ワイパーの待機姿もユニークです。

Prince_Clipper_odaiba_2.jpg
荷台後部はリアオーバーハングを切り詰めたノンオリジナルのようですが、元はレッカー車だったのかな。
テールライトも大型トラック用か産業機械用のものが付いているし、ナンバープレートの位置も怪しい・・・

Prince_Clipper_odaiba_3.jpg
この2代目クリッパーは以前ブログでご紹介したことのある車両。
高速道路で見たクリッパー
4つの楕円形状と2ヵ所の十字グリルがとっても個性的です。

Nissan_Clipper_odaiba_1.jpg
3代目クリッパーはキャブオールとバイソンの兄弟車になったため、デザインが少々大人しいのが残念です。クリッパーの意地なのか、かろうじて十字グリルは残っています。

この車両運搬車、もともとリアタイヤは小径ダブルタイヤ仕様だったと思うのですが、何故かシングルタイヤになっています。

| Nissan | 01:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【予告】お台場旧車天国(Old-timer )

今日、2013年10月6日(日)は東京お台場で”お台場旧車天国”という旧車を集めたイベントが開催されるが、子供の運動会とダブルブッキングしているじゃありませんか。
(なんてこった!)

いつも肝心な時に大事な用事と重なってしまう・・・

暇な週末もあるのになぜ・・・

IMG_A000.jpg
ということで午前中は子供の運動会に参加することに。
ここでは出来るだけ体力を温存しておきたいところが、カメラの場所取り、父母参加の綱引きに参加する羽目になって頑張りすぎたかも・・・

子供から応援されているのに恥ずかしいことできないからね。 

Toyota_KB_1.jpg
午後からは急いでお台場に向かったものの、会場入りしたのは14:30過ぎ。
今回は商用車のみにターゲットを決めて会場を回ってみたものの、時間が足りなさすぎたため、乗用車のレア車など沢山見逃していると思う。(断言できる)

画像はオーナーと共にTV出演を果たした1943年式 トヨタKB型。
前に見た時からナンバープレートの位置が変わっており、年式の時代背景を考えてなのか赤色回転灯を外していました。

Fuso_Canter_Kitsu.jpg
三菱ふそうからは、今年で誕生50年を迎えた小型トラック「キャンター」が特別に展示されていました。 1973年から78年まで生産された3代目のキャンターで、Vキャンという愛称でもお馴染みですね。

三菱ふそうでは過去の名車を次々とレストアされており、この車両もその中の一台で、新車よりも眩しいくらいの上質な仕上がりでした。 

今日は時間がないので予告レベルで失礼します。(次回にてレポートを掲載します)

| Event report | 22:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。