<< 2013-11- | ARCHIVE-SELECT | 2014-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Hino ZM】 2013年を締めくくる大物を捕獲

2013年の年末は、家族で京都と奈良の観光スポット巡りを実行。
これまで出張などの際に京都の寺院を見尽くしたこともあり、清水寺、銀閣寺、伏見稲荷神社、奈良公園、東大寺、法隆寺と修学旅行の定番コースを巡ってみました。

古い車と同じように古い建築物にも興味があるのですが、昔の人が知恵を絞りだして造り上げた造形には必ず意味があり、現代においてもその技術が踏襲されていることが多くいろいろ勉強になります。 

Kiyomizu-dera.jpg
9:00頃の清水寺。
紅葉の時期もいいですが、薄らと雪化粧をした冬の清水寺もなかなかいい感じです。
12月12日、清水寺本堂で発表された”2013年の漢字”は「輪」でしたが、2輪車や4輪車などを連想してしまうのは私だけではないはずです。

Fushimi_Inari-taisha.jpg
伏見稲荷大社は外国人観光客にも人気のある観光地で、特に有名なのは画像の千本鳥居ですね。

観光地を巡ってみて、子供たちに「何処が一番良かった?」と聞いてみると、
「奈良公園の鹿が可愛かった!」「法隆寺にいたネコが可愛かった!」
子供から言わせると、神社仏閣よりも動物とふれあった方が数倍楽しかったようです。

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
前置きが長くなりました・・・
京都市近郊を車で移動中に70年代後半の日野ZMダンプを発見!
京都エリアは旧型のトラック目撃談があまり聞くことがなく、意外な場所での大物発見ということもあって、思わず「うぉっっ!」と叫んでしまい家族から「ビックリするから叫ぶな」と怒られました・・・

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
元所有者はコンクリート会社だったようですが、現在は廃材などを運搬するのに使われているようです。 ナンバープレートは残ったままですが、車検は切れてしまっているかもしれません。

ボディカラーはコンクリート会社らしい深緑と鶯色の2トーン仕様のZMらしい塗装を施しており、塗装剥がれ、錆などが目立つものの、欠品部品はなさそうです。

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
日野のバスマークと後期型の2段グリル、実にカッコいい組み合わせですね。

Hino_ZM_Kyoto_4.jpg
リアフェンダー付近の造形はあまり見たことのないデザインですが、京都近辺では一般的なんでしょうか? 堅牢なイメージでサイドバンパーとのマッチングも良いし、なかなかいいですね。


【Hino ZM 6×4 Dump】
製造期間 1977-1980年

1969年、日野の大型トラックシリーズをフルモデルチェンジ。
キャビンデザインは中型KLと統一。
日本初の1枚ガラスフロントウインドゥと3連ワイパーを装備。
1971年、マイナーチェンジを実施し「赤いエンジンシリーズ」の直噴エンジンを投入。
キャビンの搭載位置の変更および、中期型グリルを採用。
1975年、ゆとりのビックワン赤いエンジンを搭載。
外観では2段グリルやバンパー等が変更される。
1977年、快適性を向上させた「悠々キャビン」を搭載。
メーターパネルをラウンド化する。
1979年、昭和54年度 排ガス規制適合車の発売。
1980年、助手席側のドアに安全窓が入る。
1981年、ドルフィンシリーズに切り替わる。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 京都府
撮影日 2013年12月

スポンサーサイト

| Hino | 21:58 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。