<< 2014-02- | ARCHIVE-SELECT | 2014-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Hino Ranger KM】 普通免許で乗れる3.5t積だったが・・・

前回の初代レンジャーKMのネタに続き、今回は1966年にフロントフェイスを変更したモデルをご紹介いたします。 

(日野自動車のカタログは入手困難のため金銭面でも苦労します・・・)

1966_Hino_Ranger_1.jpg
初期型は1964年の登場ですが、僅か2年後の1966年にフロントマスクをガラッと変えました。ここではいつもお世話になっている「おけさ様」が呼称している”カッパ顔”としましょう。

初代レンジャーKM型は「普通免許で乗れる3.5t積」として売り出したものの、同じ時期には三菱ふそうT620型は「普通免許で乗れる最大限の4t積(しかも3人乗り)」として発売していたため、結果は言わずもがなです。

そこで日野は起死回生を願うべく”カッパ顔”のレンジャーKM型を登場させ、同時に乗車定員を2名から3名へ増やしたのでしたが相手が悪すぎました。 T620型は110psで4t積、しかもベッド付キャブで勝負になりません・・・

1966_Hino_Ranger_5.jpg
3人乗りになった車内は巨大なエンジンフードがあるため、中央に乗る人は大股開きの馬乗り姿勢になるし、シフトチェンジも邪魔くさそうです。

インパネは鉄板むき出しで、サンバイザーはバス風のクリアブルータイプが付きます。

1966_Hino_Ranger_2.jpg
こちらはレンジャーKM300アルミバン仕様で、DM100型4,313cc(90ps)ディーゼルエンジンを搭載し、最高速度は90㎞/hだとか。

幌仕様と違って食料品、飲料品、冷凍食品などを衛生的に輸送可能となり、さわやかなイメージを狙ってキャブカラーはスカイブルーになっています。

1966_Hino_Ranger_3.jpg
一方、3.5t積のKM320D(ダンプ仕様)はオモチャっぽい黄/赤のカラーになっていてチープな感じに仕上がっています。

積載量に関しては、1969年5月28日には4t積(100ps)に進化したが、
焼け石に水といったところか。


1967_Hino_Ranger_bed_1.jpg
1967年には長距離輸送ニーズに応えた”スリーピングキャブ付きKM340型が登場。
ロングボディ仕様の3.5t積ですが、1969年に発売されるレンジャーKL型までの暫定といったイメージで、スタイリングもちょっと変な感じです。この辺りで前開きドアが後ろ開きに変わったと思われます。

悪口ばかり書いてしまいましたが、実車を見てみたいトラック1台なのです。


【Hino Ranger KM 3.5t積(中期型?)】
推定年式 1966-1967年


【1963年10月】レンジャーKM300を発表。経済発展と共にトラックは6t、8t、10t積と大型化されていくが、4t以下は2t車しかなく、4t車と2t車の隙間を埋めるべく登場した。
【1964年7月】レンジャーKM300型(標準)とKM320D型(ダンプ)が発売され、同年の暮れに長尺車のKM340型が追加された。
【1966年頃】フロント周辺のデザイン変更とともに乗車定員が2名→3名となる。
【1967年11月】KM300シリーズのマイナーチェンジを行い、約40ヵ所に及ぶ変更とエンジンは90馬力から100馬力アップ。大型ワイパーとウインドウォッシャー等を採用するなど、悪天候時での安全性を高めた。

【1969年1月】レンジャーKL型(4~4.5t積)の発売後もレンジャーKM300シリーズ(3.5~4t積)を併売。
【1969年11月】レンジャーKM300シリーズのモデルチェンジを行う。キャブの全長を55mm延長して居住性を高めるとともに、ドアの開閉を後ろ開きにしたり、強化ガラス、ソフトパッドを採用したり安全性に考慮した。またグリルやウインカーは日野製キャブ統一デザインに変更された。
【1971年4月】レンジャーKM300シリーズのホイールベースを延長するなどの改良を行い、同時にKQシリーズを発売。
【1978年4月】レンジャーKM300シリーズのモデルチェンジを行い、KM500シリーズとして発売。エンジンはDQ100型(110ps)を搭載して動力性能のアップを図った。また、ハイバックシートやサイドミラーの大型化などの安全性を高めている。

【1979年頃】昭和54年排ガス規制に適合する形でK-KM系に改良、ネーミングはレンジャー3Mに変更される。
【1983年頃】昭和58年排ガス規制に対応するP-KM型が発売。グリルにはシルバーの縁取りと、RANGER 3Mのエンブレムが取り付けられた。
【1984年】レンジャーKM/3Mシリーズを20年ぶりにモデルチェンジを行い、ベットレスのデーキャブレンジャー3B型4C型に切り替わる。
スポンサーサイト

| Hino | 09:51 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。