<< 2014-07- | ARCHIVE-SELECT | 2014-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Studebaker Champ 】 ちょっとマニアなピックアップ

アメリカの自動車市場の中心はピックアップトラック、セダン、SUVで、複数所有の家庭ではこの辺りを所有するのが定番中の定番。 特にピックアップは乗用車に比べると税金が安く、日本で言う軽自動車のような維持費の安さから、若者から高齢者まで幅広く使われています。

荷台があるからといって仕事に使う訳ではなく、購入者の約8割が通勤やレジャーはもちろん、近所の用足しなどに使っているし、車両購入の面でもメーカーからのインセンティブを多く受けている事もあり、大幅な値引きによって買い易いのだとか。 そのような理由もあってFord Fシリーズは年間販売台数世界一位になることもあります。

アメリカの住宅街を散歩していると、新車のピックアップから50年前のピックアップまで、様々な車種を見ることができます。 Ford FシリーズやChevy Cシリーズ、Dodge RAMやToyota Hilux などホントに沢山。

そんな中に、珍らしいピックアップが居たのでご紹介いたします。
studebaker_Champ_1.jpg
この個性的なピックアップ。 ご存じの方いらっしゃいますか?

Studebaker Champ(スチュードベーカー チャンプ)という1960年から1964年までに製造された約50年前のピックアップです。 

「Studebakerなんて聞いたことがないよ!」と思う人が多いと思いますが、歴史は古くて19世紀には馬車の生産でトップブランドになり、1913年にStudebakerブランドのガソリン車の販売を開始し、 第2次世界大戦中は軍用トラックの製造を行うなどして多くの利益を上げていました。 

戦後、ビッグスリー(GM、Ford、Chrysler)の生産復興が遅れたため、その間にStudebaker車は大きく業績を伸ばしたものの、50年代頃からビッグスリーの強力な車種攻勢の前に経営状態が悪くなり、1966年に自動車の生産から撤退しました。

studebaker_Champ_2.jpg
この個性的な顔はStudebaker Lark(1959-66)という乗用車のフロント部分を流用し、発売当初の荷台(ステップサイド)は旧型のピックアップの荷台をそのまま使うといったように、開発費が相当苦しかったことが想像できます。 また、1961年にはSpaceside(写真)と呼ばれる荷台をDodgeから調達するといった経営状態でした。

個性的な顔周りは著名な工業デザイナー”ブルックス・スティーブンス”のデザインで、好き嫌いが分かれたことと思いますが、このピックアップの顔はまともな方かも。
(好きな方にはたまらないデザインではないでしょうか)

乗用車がベースなだけあり、室内は広くてベンチシートの乗り心地も良いといったメリットがあったものの、所詮乗用車ベースだけあって、錆びに弱いという面もあったとか。

studebaker_Champ_3.jpg
エンジンは直列6気筒とV型8気筒を準備したものの、OHV 6気筒はシリンダーブロックに亀裂が入るといった品質の悪ささどで、4年という短い生涯を終えたのでした・・・

1932_Studebaker.jpg
1930年代の日本にはStudebakerの車両が輸入されていた時代があります。
これは1932年当時の広告で、1.5t、2t、3t積の車体に貨物車(トラック)や乗合車(バス)、消防車の架装を行って販売されていたようです。
スポンサーサイト

| Other American | 11:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Peterbilt 379】時代の流れなのか

先日、アメリカ出張より無事に帰国してきました。

アメリカは4年ぶりということもあり、「街中を走っている商用車のトレンドはどのように変化しているのか?」 など、いろいろと興味深いものがありました。 

USA_2014_summer.jpg
ロサンゼルスの日差しは厳しいものの、最高気温は28度前後で空気は爽やかななので、特に朝晩は過ごしやすいです。

海外出張でのオフの楽しみ方は買い物をする人、食べる人、夜のお店に行く人など人それぞれですが、私の場合はホテル周辺をウォーキングするのが楽しみなのです。

Freightliner_Cascadia_2004_LA.jpg
ハイウエイを走る長距離トラックだけで見ると、Big Rigと呼ばれるクラス8の大型トラックはエアロ系が幅を利かせており、クラシック系スタイルが少なくなってしまっていました。(エアロ系よりもクラシック系の方が好きなので、とても残念です)

特に多く感じたのは画像のFreightliner Cascadiaで、2010年の登場以降好調に売れているようです。

Peterbilt_379_LA_2014_1.jpg
私のお気に入りのクラシック系といえばPeterbilt 379系。 長距離トラックでは姿を見なくなってきているものの、工事系の近距離輸送用はまだまだ見かけます。

サイクルフェンダー、ボンネットサイドの巨大なエアクリーナー、迫力のスモークスタック(煙突マフラー)、燃料タンクなど、クラシック系ならではのカッコよさに痺れます。 各種パーツが独立していてそれぞれが主張しているというのがクラシックの真骨頂ではないでしょうか。 

牽引しているものはエンド・ダンプで、連結付近の直立したホイストによって荷台を傾斜させます。 荷台には土砂を積んでいるためか、飛散防止用のシートを被せてあります。

Peterbilt_379_TX_2014_1.jpg
こちらのPeterbilt 379系のフラットベッドを牽引車は、マンションの建設現場に資材を運んできていました。 フラットベッド側の車輪は小径で、低床仕様だということが分かりますね。

巨大なスリーパーキャブ(キャブ後方の寝台部)を持つこのトラックは、スモークスタックの高さが高いです。

Peterbilt_379_TX_2014_2.jpg
こちらはハイウエイを走るPeterbilt 379系。 この車両のラジエーターグリル両横には補助ミラーが取り付けていますが、エアロ系のトレンドを真似したのでしょう。

Peterbilt_379_LA_2014_2.jpg
Peterbilt 379系のタンクローリー。 近距離輸送のためスリーパーキャブを持たないデイキャブ仕様となっています。 379系のフロントバンパーといえば、クロムメッキされたスクエアバンパーを取り付けるのが一般的で、迫力あるフロント周りを演出してくれます。

トレーラーのタンクにはラッピングがされており、ホンダディーラーで試乗するとガソリンがもらえるとか。

| Peterbilt | 13:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。