<< 2016-05- | ARCHIVE-SELECT | 2016-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Mazda Boxer】 マイノリティなマツダの4トン車

ここ数年、Mazdaの乗用車は 「デザインと走り」 でお客様の心を掴み、
好調なセールスを続けていると聞きます。

そんなMazdaにも過去には経営危機があり、1973年のオイルショックの影響でロータリー車が売れなくなった時期と、1989年に展開した 「5チャンネル体制」 の弊害によりフォード傘下になったが有名です。(2015年9月に資本関係を解消)

またMazdaの過去には4トントラック市場に参入していた時期があり、
「MAZDA BOXER」 という名のトラックを発売(1969年~1980年)していましたが、
販売台数が少なかった影響か、日本ではまずお目にかかることは出来ません。

vietnam_HoChi MinhCity
2015年11月、ベトナム・ホーチミンに行く機会があり、空港からホテル移動では軽いボッタクリタクシーに逢うし、街中を歩けばしつこく勧誘する人(自転車タクシー)が多いし、アオザイという民族衣装を着た女の子は居ないわで、ベトナムに対する残念な気持ちが残ったままホテルで就寝することにしました。



ホテルの部屋で歯磨きをしながら外を眺めていると、近くに古そうなトラックを発見!
キャビンの型から 「マツダ・ボクサーか!?」 と思ったのですが、
ベトナムなので残念な 「起亜ボクサー」 の可能性の方が高い。

ある種の不安を持ったまま、古いトラックを確認しに行くと、そこには

Mazda_Boxer_vietnam_2.jpg
正真正銘の 「マツダ・ボクサー」 が駐車していました。
ホーチミン市中心部にはトラック規制があって、重貨物車は6:00~21:00までは市中心部に乗り入れることはできません。

従ってこのボクサーも深夜時間帯になったことで移動してきたのでしょう。 運転席には昼寝(?)している人、荷台にもハンモックで寝ている人が居ました。

Mazda_Boxer_vietnam_1.jpg
ボクサーといえば 「6つ目ライト」 とフロントパネルに設けられた 「コーナーウインドー」 が特徴で、個性的な顔立ちをしています。 これらは安全設計思想が込められた結果の機能であり、コーナーウインドーについてカタログには 「足元の確認ができる大きなウインドー。 カーブ時やスタート時の安全を高めます」 と書かれていました。

ちなみにフロントに書かれた ”suachuadien” というのは電気修理らしいです。

Mazda_Boxer_vietnam_3.jpg
架装は建柱車っぽいのですが、地面を掘るドリルは見当たらないです。
ハンモックで寝ている人や電線リールの上で寝ている人の姿が確認できますね。

IMG_9025.jpg
ホーチミン郊外では ”残念な方の起亜ボクサー” を見ることができました。
ボクサーの特徴であるコーナーウインドーはあるものの、フォグライトはバンパー側に移設されてしまい4灯式ライトになっています。

マツダ・ボクサーのライセンス生産車なので似ていて当然ですが、販売台数ではおそらく起亜の方が多いと推測します。 結局ベトナム滞在中はこの2台しかボクサーを見かけることができませんでした。


1970-1974_4t車市場シェア
気になるマツダ・ボクサーの国内販売ですが、1970年から1974年までの国内4トン車市場を見てみると、2.5%前後で推移しています。

この時期は三菱ふそうと日野自動車が4トン車市場を牛耳るため、馬力競争を筆頭とする開発競争が毎年行われていたため、4トントラック市場を本業としていなかったマツダやトヨタのシェアは低いままだったのです。
(データ出典:初代 日産ディーゼル・コンドルの発売資料より)

1970-1974_4t車市場_販売台数
マツダ・ボクサーの販売台数を見ると、年間2,000台強(200台/月)のイメージ。
1969年~1980年までの累計販売台数を予測しても20,000台弱がいいところ。
(1973年下期からの販売台数の落ち込みは、オイルショックの影響によるもの)

IMG_8093_2016070310472353e.jpg
ここ20年近く現役のマツダ・ボクサーを見たことがありません・・・

廃車体であれば2台は確認済みで、その1台は北海道で目撃したダンプ。
欠品や破損が多いので、レストアするにはハードルが高そうですね。
純正色の「ブローニー・イエロー」に白の帯が入っている個体でした。
(ブローニーとは英語で力強いという意味)


IMG_5414_20160703104719e52.jpg
もう1台のボクサーは簡易クレーン付きの平ボディ車。
ミラーサイズ、ポジションランプのクリア化などから推測すると、
1974年から1980年頃までの後期に生産されたモデルのようです。
ボディーカラーはこの時期に採用された 「パワードグリーン」 と呼ばれるもの。

あぁ、動いているマツダボクサーを見てみたい。


【Mazda BOXER】
国内販売期間 1969-1980年
絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★★


1969年10月1日、マツダはキャブオーバータイプの中型トラック 「ボクサー(4t積、3.5t積)」 を発売した。

これは近年の輸送の近代化に伴い、輸送効率の高い中型トラックの需要が急速に高まっていることから、この市場に対処するためにマツダが初めて中型トラック市場に進出したものであった。

ボクサーは特に安全性、使い易さ、経済性をテーマにした設計で、ユニークな中型トラックとして登場した。 特にエンジンは、世界最大のディーゼルエンジンメーカーの(英)パーキンス社と共同開発した、YA型(6気筒、3.8Lディーゼル、110ps)エンジンを搭載し、 5速ミッションとの組み合わせにより、最高速度は1057km/hであった。 シートはこのクラスで初めて仮眠ベッドにもなるフルリクライニングシートを標準装備している。

当初の月産台数は500台とし、ボクサー4t車の価格は135万円であった。(東京)
「ボクサー」という名称は、ボクサー犬のようにたくましく、俊敏な車という意味が込められている。

【1969年10月】 中型キャブオーバートラック 「マツダ・ボクサー」 を新発売。
【1970年3月】  ボクサーに 「ロングボディ車」 と 「ダンプカー」 の2機種を追加。
【1974年11月】 ボクサーシリーズの全面改良を実施。
           エンジンは低・中速域での粘り強さを高めた新設計のZCエンジン
           (パーキンス社と共同開発 6気筒、5.5Lディーゼル145ps)し、
           使い易いエンジンとした。
           また、9機種にパワーステアリングを標準装備し、サービス面では
           チルト式キャブを採用している。
【1975年4月】  簡易クレーンの需要拡大に伴い、4.5t車をベースに2t吊クレーン付
           トラックを発売。
【1975年9月】  4t車をベースにトラックミキサー車を発売。
           昭和54年ディーゼル車規制(K規制)導入に伴い、販売を中止した。
スポンサーサイト

| Mazda | 07:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Peterbilt 352】 アメリカでもトラックの世代交代が著しいようで

たいへん御無沙汰しております。 
当ブログへの書き込みは22ヶ月ぶりといったことろでしょうか。
その間オートバイのレストアに没頭したり、しばらく海外に仕事で出かけたり、デジタルデトックス的な考えもあり、ブログから距離をおいてみましたが、リハビリのつもりで久しぶりに投稿してみます。 

アメリカに滞在していた時には、休日になるとレンタカーで各地を回ってみては古い建物、個人経営のミュージアム、古い自動車など行き当たりばったりでのロードトリップを楽しんでいました。

アメリカは歴史が浅い分、建国の歴史や発展に尽力した人々への敬意をとても大切にしているし、自動車などは趣味も兼ねて戦前の車両などでも実働状態にして整備にドライブにと楽しんでいますね。

Manlius_Illinois_2.jpg
この日はシカゴ郊外のとあるイリノイ州の田舎道。 
大規模な農牧地帯に真っ直ぐ伸びる道路を延々と走っていると、北海道に居るような
錯覚になりますが、たまにすれ違う車両(アメ車ピックアップ)と道路標識により、アメリカ
だということに気付かされます。

Manlius_Illinois_1.jpg
日本では人口の都市集中が叫ばれていて、地方の過疎の問題(限界集落など)がありますが、ここアメリカでもそんな兆しを目のあたりにしますね。 

アメリカの都市近郊ではベッドタウン開発が沢山行われているのですが、歴史ある小さな町のメインストリートは寂れてしまい、シャッター街とまでは言わないが「For sale」と貼り出された空き店舗が沢山あります。

Kenworth_T680Peterbilt_386.jpg
さて、アメリカの大型トラックの世界を覗いてみると、Conventional(ボンネット型)なエアロフォルムタイプが主流になっていて、スリークでスタイリッシュという印象ですが、80年代までの車両に比べると重厚感や無骨感といった部分が無くなってしまい、面白みが感じられません。

右側はKenworth T680で左側はPeterbilt386あたりだろうか? Peterbiltの方は若干型は古いけど、どちらもPaccar, Inc傘下なだけあってプレミアム感がありますね。

Freightliner_CascadiaKenworth_T680.jpg
こちらは右がFreightliner Cascadiaでアメリカでは大勢力を誇ってます。 日本でいうと日野プロフィアみたいなもので希少性はありませんが、アニマルガード付はこの辺特有なのかも。 シカ出没を喚起する標識はそこらじゅうにあったり、ヘラジカと衝突して亡くなる人も多いと聞いたし。

Peterbilt_Pacemaker_352_1.jpg
ある整備工場のバックヤードに 「Peterbilt 352 Pacemaker」 が置かれていました。
今やキャブオーバーエンジン(COE)型のトラックはゴミ収集車などを除くと絶滅しているせいか、見つけた時は嬉しかったです。

年式相応のヤレ感はあるものの、キャビンはアルミ製なので原型は留めているし、欠品も少なそうなので誰かいい人に拾われて大切にしてもらえるといいのですが・・・

Peterbilt_Pacemaker_352_2.jpg
キャブ全体はプレーンな面にリベット打ちで構成されたシンプルな造りで、質実剛健という言葉が似合うトラックではないでしょうか。 グリルの上に鎮座するレッドオーバル(Peterbilt)が意匠的でいいアクセントになっていますね。


【Peterbilt 352 Pacemaker】
推定年式 1969-1980年

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  ヤード保管車
撮影地 アメリカ、イリノイ州
撮影日 2016年6月


1959年に「Peterbilt 282/352型」 をリリースした。
これは1950年代の名車「Bubblenose」と呼ばれた350系セミキャブオーバー型をモデルチェンジしたもので、この型よりチルトキャブ式のキャブオーバーエンジン(COE)型となった。

1959年から1969年までの前期型はラジエーター側にヘッドライトが寄っている「寄り目」で、キャブはハンドメイドでの製作である。

1969年、Peterbilt 282/352をリニューアルし後期型となる。
この時トラックに相応しい愛称を社内で公募し、 「Pacemaker:ペースメーカー」と名付けられて、1980年まで生産された。

1976年には大型スリーパーを備えた352Hも登場した。

| Peterbilt | 21:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。