<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【マツダ E2500】 飼育者募集中



幹線道路脇の中古トラック店に置いてある、ヘッドライト位置の高い古いトラックが見えた。
まわりは田園地帯なので気に掛けて走っていれば割とすぐに発見しやすいけど、隣接する道路は車の流れも速くて見落しがちになってしまう事が多いので、見つけた瞬間はちょっとビックリ。

車を停めて中古トラック屋の入り口に行くと、南米系の関係者がすぐに出てきて対応して下さり「このトラックは那須の方で使われていたものですよ」と言っていたけど、車体は黒に近いガンメタで再塗装されていたため、前有者の判別はできませんでした。

ワイパーの向きが逆に付いている点が気になり後で調べてみると、この時代のマツダはこの向きが多かったようです。
ホイールのリムを白で塗装している点もレトロさ満点で懐かしく思えます。


尚、このE2500ですが、2011年2月でも中古で販売中(60万円)でした。

テールライトはフレームから生えているせいか、ちょい下気味で中央に寄った感じです。
純正なのかどうかは分からないけど、初代タイタン前期型のテールライトと同一のものを使っています。


【Mazda E2500 ロング】
推定年式 1969-1971年頃


1965年、Dシリーズ(ロンパー)のフルモデルチェンジとして2t、3.5t車が登場。
VA型 2.0L 直4ガソリンエンジン(81ps)を搭載したE2000と、2.3L(86ps)のE2300をラインアップ。

1967年、バリエーションの拡大により、3t車やディーゼルエンジンが加わった。
英国のパーキンスと共同開発されたディーゼルエンジンは、XA型 2.5L 直4で77psを発生し、高速よりにふった設計だったようです。
またダブルタイヤを装着した2t車も追加され、ダンプや特装車などに採用された。

1969年、マイナーチェンジによりグリルのデザインが変更され、安全性も強化される。
1971年、後継モデルのタイタンが登場したことにより生産終了。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  中古販売
撮影地 栃木県
撮影日 2009年9月

スポンサーサイト

| Mazda | 13:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

この顔でロングは大迫力…夜に見たくないです。

たしか、このショートが某高原に転がってますよね。

| EP100 | 2011/03/06 23:45 | URI | >> EDIT

Re: タイトルなし

こんばんは。

> この顔でロングは大迫力…夜に見たくないです。

60年代のトラックは怖く感じるものが多いですね。

戦後、無骨なトラックを見ると戦争のイメージを連想するので、親しみあるデザインにするよう配慮されてたのが(世界的に)、高度経済成長期には迫力ある方向に向かっていったらしいですね。

この当時はメンテナンスや製造し易さを重視しており、スタイリッシュとは言えないものの味があっていいです。

| Route★ZERO | 2011/03/08 01:42 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/10-dd909ed2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。