<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【プリンス クリッパー】 十文字楕円グリルの個性派トラック

今日は3連休の中日ですが、妻と子供たちを乗せて栃木まで出張することに・・・
”私の出張に便乗して家族が遊びでついてきた”といった方が分かりやすいかも。
宇都宮に着いたら妻と子供を降ろし、仕事が終わったら拾って帰る予定で自宅を出発。

ある程度は連休による渋滞を予想はしていたものの、東北自動車道の蓮田SAから加須IC付近まで18kmの大渋滞。
「やべっ遅刻かも」と何度も心地の悪い時間を経験しましたが、佐野IC~北関東自動車道でのスムーズな車の流れによって最悪の事態は回避することができました。
Clipper-1.jpg
「ホッ」としたと同時に、突然現れたのがこの怪しげなトラック!!

まさか、まさかの

”プリンス ノンスリップ クリッパー”

Clipper-2.jpg
急いで妻にデジタルカメラを渡し、クリッパーの写真を数枚撮ってもらいました♪
普段はブレたり切れたりと失敗することが多い妻ですが、今回は上手に撮れました。

何処かで見た覚えのあるクリッパー・・・?

Clipper-3.jpg
実はこの車両、2011年のニュイヤーミーティングに参加しており、もう一台別のクリッパーと共に「落花生」と書かれた”のぼり”を付けて展示されていたのです。

クリッパーのアイデンティティになっている「十文字グリル」が印象的で、高校生だった頃に中古車雑誌に載っていたクリッパーのイラストを描いた覚えがあります。


【Prince (Nonslip) Clipper】
推定製造期間 1966-1968年

1955年、富士精密工業(当時の社名)から”プリンス キャブオーバー トラック”が発表される。ガソリン L4 OHV 1484cc 60psのエンジンを搭載した、2t積みの三方開きの高床式と低床式をラインナップ。

1958年、プリンス キャブオーバー トラックの後継車種として「プリンス クリッパー」が登場。1484ccのOHVエンジンは70psにパワーアップすると同時にブレーキも従来の2.4倍の自己制動力を発揮する新型複動ブレーキを前後に採用。フロントには楕円形グリルを6個、飛び出した丸目2灯ヘッドライトはは強烈な個性を放っていた。

1966年、フルモデルチェンジを受けた2代目は「ノンスリップ クリッパー」という名称で発売される。(この頃のプリンス自動車は経営不振に苦しんでおり1966年8月に日産自動車に吸収合併された)G2型ガソリン L4 1862ccエンジン(91ps)を搭載し、最高速度は110~115km/hをマーク。高速道路で有利なOD付の4段ミッションを搭載した高速時代の小型トラックであった。特徴的な楕円形グリルは6個から4個に減ったものの、外観イメージは引き継ぐ形になった。

1968年、パワーユニットはH20型 1982cc (92ps)に変わり「ニッサン プリンス クリッパー」になる。強力で経済的な2164ccのディーゼルエンジン車(65ps)も追加され、ラインナップの拡大を図った。外観上での判別点は、フロントパネル中央のエンブレムが四角形から六角形の大型タイプになる。

1972~1973年頃に灯火類の変更と装備を充実させたモデルを発売するなどの改良を受け、名称も「ニッサン クリッパー」に短縮される。フロントにはポジションランプと一体化された大型ウインカーが取り付けられ、特徴的な楕円形グリルもデザイン変更。従来のメッシュ地とオフセットされた十文字から、ハニカム地に左右対称になった十文字になる。

1976年、キャブオールと統合された3代目クリッパーが登場。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 栃木県
撮影日 2011年9月


Clipper1.jpg
2006年にトミーテックのトミカリミテッドヴィンテージで「プリンス クリッパー」が発売されています。
画像の低床トラックの他、衛星車、清掃車、高床トラックなどがクリッパーシリーズとして発売。
スポンサーサイト

| Nissan | 00:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2代目のプリンスクリッパーってあまり見たことないんですよね。廃車体がチラッと見える場所があったんですが、この前見たら無くなってました…

3代目ならロング+後輪シングルのあの個体がいるんですけどね。

| EP100 | 2011/09/19 22:37 | URI | >> EDIT

この固体もよく雑誌で見かけますよね。
以前は見向きもされなかったライトバンやワンボックス、C.O.E.トラックなども趣味の対象になり得るのはウレシイ限りです。
なにもオリジナル絶対主義ではありませんが、『何でもかんでもローダウン』には感心しませんがね。

初代クリッパーはあまり馴染みはありませんが、この二代目は76迄造っていたこともあり馴染み深いですね。
FMC当時に較べ、私の知ってる頃は低床1方開きは少数派で高床Wタイヤが主流になっており、この後のFMCで低床Wタイヤ(…ロー)が登場してきますね。

| 元はとばす | 2011/09/19 22:39 | URI | >> EDIT

所々に現代のパーツを使っていますがレトロな雰囲気が満点のクリッパー、しかも茨シングルナンバーも付いて珍しく貴重な個体ですね。昔、近所の鳶が乗っていたダークグリーンのゴツゴツとした高床のクリッパーを思い出します。
当時、キャブオールの存在もありましたし、グリルがスバルのマークに似ていたので子供ながらにスバル車だと数年間は思っていました。

この個体のフィン?スピンナー?タイプのグリルは次のフラッシャーが多角形になったモデルは対称的なのに対して左右非対称なんですよね、良く見ると。
日産(プリンス残党?)はFMC後の角ばったモデルにも角ばったフィン?スピンナー?のグリルとしているのでよほどこのデザインに拘りがあったのかと、勝手に解釈しています。

ミニカーもなんだか懐かしい・・・。

| toshi | 2011/09/20 00:26 | URI | >> EDIT

EP100様
山梨の3代目クリッパーは、最大積載量1.5tのロングボディにシングルタイヤという珍しい組み合わせですね。
機会があれば掲載します。

| Route★ZERO | 2011/09/21 07:38 | URI |

元はとばす様
旧車ブームによってイベント等で古い商用車を見る機会が増えたし、人だかりになっている事も多いですね。ありふれた旧車にはない珍しさと懐かしさが魅力なんでしょうね。

そういった旧型商用車をベースにしたカスタムですが、西海岸を手本にしているだけあって、派手で低い車が多いですね。
人によって好みが分かれると思いますが、私はオリジナル派で最近ではシングルタイヤモデルの後ろ姿が好きです。

| Route★ZERO | 2011/09/21 07:51 | URI |

toshiさま
直線的なライン構成で無難な顔を持つ2代目キャブオール(C240)に比べると、クリッパーは丸みを帯びた個性的な顔を持ってますね。トミカで製品化されたのはキャブオールで、コレクター向けのトミカリミテッドヴィンテージではクリッパーが製品化されていることから、市場で人気のキャブオールと記憶に残るクリッパーと勝手に解釈しています。

| Route★ZERO | 2011/09/21 08:10 | URI |

いつも楽しく読ませてもらっています。

最後の写真、現代の車がほとんど写ってないので
こんな感じで加工すると「昭和59年 秋」みたいな感じですね(笑)
http://blog-imgs-36.fc2.com/h/a/n/handam/20111109.jpg

| handam | 2011/11/10 01:01 | URI | >> EDIT

handam様
セピア調の写真にしたり、色褪せた加工をするだけで年代を誤魔化せそうですね。最近の車が写っている高速道路の写真と比較すると一層面白いです。

| Route★ZERO | 2011/11/12 07:27 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/101-53921801

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。