<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱キャンターT90系/T200系】 新旧キャンターの競演

2代目キャンター(T90系)の後期型からVグリルを初採用し、その後T200系にモデルチェンジした際にもVグリルを継続していました。新旧モデルを比較すると、ウインカー位置とキャビンのプレスラインなどの違いでなんとか見分ける事はでみるものの、非常にデザイン変化の少ないモデルチェンジでした。

前回のT90の記事で皆様からのコメントがあった通り、T90系後期型とT200系はマイナーチェンジと思われている方が多く、新旧モデルの写真をチョイスしてました。

Canter-1
北海道の農家が点在するエリアで見かけた2台のキャンター。
この辺りではファームダンプが多いのですが、どちらも全幅1.975mのワイド長尺ボディ(キャビンは標準、1ナンバー)で、鳥居の上部にはシートキャリアを装着しています。

敷地内に60代後半と思われる所有者がゴミ拾いをしていたので、「このトラックについて・・・」と声を掛けたところ、丁寧に説明してくださいました。

ところが説明される年式とモデルが違っていたので「???」と思っていたら、「あぁ トラックね!」と途中から気付いてくれて軌道修正。右端に見えるインターナショナル製のトラクターと、写真に写っていない60年代のトラクターのことを聞かれていると思われていたようです。(私の声の掛け方が悪かったのかも)

右側のT90系後期型キャンターは10年前より動いていないそうで、その頃に左側のT200系を中古で購入したとか。
大きな納屋には、トラック2台、トラクター2台、その他もろものが収められていました。

Canter-2
【Mitsubishi Canter T98B (1970-1973)】
10年ほど不動状態が続くキャンター。
普段は床に置かれたブルーシートを荷台に被せて、肥料袋等を雨や埃から守っているようです。
40年程の月日を耐えたボディは年式相応の傷みが見られ、ドアパネルには塗装が細かく割れた状態になっていますが、部品もしっかり残っているので多少のお金を掛ければ一般道復帰も可能なレベルだと感じます。

T90時代のVグリルは白い塗装(T200系はシルバー)が施されていたようで、T200系よりレトロ感が感じられますね。バンパーにフォグライトがあるので1971年~1973年にかけての製造だと思うのですが、1970年モデルにもオプションでバンパーフォグの装着が可能だったかもしれません。

Canter-3
【Mitsubishi Canter T210F】
こちらが現役のキャンター。敷地内での利用なのか、両側のミラーが欠損しています。
Vグリルとバンパーはメッキ仕様になっているのに加え、シートキャリアの装着によって若干ゴージャスに感じますね。日の当たり方が影響しているのか、こちらはドアパネルのクリア層が剥がれてしまっています。
T200系の長尺ボディも北海道以外ではとても少なくなってしまいました・・・


【Mitsubishi Canter T90系~T200系】

1968年7月1日、2t積小型トラック「キャンター」のエンジン、シャシを一新した「ニューキャンター(T90系)」を発売した。 今回のモデルチェンジでは2t積車クラスのディーゼル車比率の高まり(4~5割)によるディーゼル車の強化、安全性と耐久性を一段と高めている。 キャブスタイルは全体的に丸みを持った力強いスタイルに生まれ変わり、明るく落ち着きのあるグレーイエローのボディカラーにフロントグリルとバンパーはホワイトで色分けして新鮮さを出している。また、4灯式ヘッドライトは低い位置に変更された。 生産ロケーションは川崎から水島製作所に移管されており、エンジンは新開発の4DR1型2,384㏄(75ps)ディーゼルを搭載し、最高速度は95㎞/hとこのクラス最高水準の性能を発揮した。

1968年10月14日、ニューキャンター(T90系)に新開発のガソリン、KE42型直列4気筒1,995cc(90ps)とKE47型直列4気筒2,315cc(95ps)とKE42型(90ps)を搭載し、このクラス最高水準の性能を発揮した。 同時にダブルタイヤダンプを追加している。

1970年7月15日、ニューキャンターシリーズに外装、内装、足回り、荷台などのマイナーチェンジを施すと共に、新たに2.5t積ディーゼル車、3t積ガソリン車の追加した。 装備ではヒーター、ヘッドレスト、シートベルトが標準装備され、いっそう安全で使いやすい車としている。 ディーゼルエンジンは従来の4DR1型から4DR5型2,659㏄(80ps)に変更され、オーバートップ付トランスミッションの採用により、最高速度が110㎞/hへと大幅に向上している。 外観はV字形状が印象的なラジエーターグリルを装着し、フラッシャー、フロントエンブレムをダイナミックなものへ変更された。 ボディカラーはミストブルーグリーンにコメットホワイトのグリル、ダークグレイのバンパーとし、シックで安定感のある色調としている。 またステップを改良し乗降性を良くしている。
 
1973年、3代目になるT200系キャンターが発売された。 キャッチフレーズは「充実キャンター」で、ユーザーニーズに細かく応えたホディバリエーションの豊富さと、ディーゼル、ガソリンエンジンの組み合わせによって爆発的にヒットとなる。
1978年、4代目キャンターが登場したことによって製造中止。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2011年10月


スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 10:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同車種の年式違い2台並びってのはそれだけで面白いですが、この2台が並んでいるのが見られるとは…

T90後期は70年のカタログの表紙にフォグ、ラジオアンテナ無し車が、裏表紙にフォグ、ラジオアンテナ付き車が大きく写っていたので、オプションまたはグレードによるものだと思います。カタログの中身を見れば分かるんですが、情けないことに中身のデータは持ってなくて…

こちらに残っているVキャンのうち、1台低床ロングで1ナンバーがいますが、顔が撮れないです。2トンロングは車種問わず少ないので見かけたら迷わず押さえておきたいですよね。

| EP100 | 2011/10/12 19:36 | URI | >> EDIT

Vグリルの二台はふそうのディーラでレストアされ、雑誌でも登場してますね。

1968T90登場
1970同MCしVグリルに
1973T2000にFMC
ということでしょうか?

プレスラインが違う場所も分かりはしますが、どうにもマイナーチェンジに思えますね。

さて10年ほどまえったって、T200も最低でも二十数年たってた筈で…。
当時でもよく見つけたものと感心しますね。

| 元はとばす | 2011/10/13 14:35 | URI | >> EDIT

EP100様
1970年の自動車ガイドブックにはバンパーフォグが無かったのですが、翌年のガイドブックにはフォグが付いていました。やはり1970年はオプションかグレードによって装着されていたのかも。

”顔が撮れないVキャン”なんとか撮影できるといいですね。

| Route★ZERO | 2011/10/14 07:59 | URI |

元はとばす様
昨年、ふそうの喜連川研究所でお披露目された3台のキャンンターですが、前もって知っていれば見に行ったのですが・・・
モデル年式はご参考レベルなので、間違っている場合があるかもしれません。もし誤りに気付いた時にはお知らせ下さい。

道中、程度の良さそうなT200系Vキャン ダンプが35万円で売られていました。今でも普通の中古車(旧車ショップでなく)として売られているのに驚きます。

| Route★ZERO | 2011/10/14 08:13 | URI |

前回に取り上げてありましたモデルよりもかなり新しめに感じるこちらの2台、まだまだ健在ですね。
昔、同型のダンプが近所の建設会社にありましたので顔ぶれは馴染みが深いです。
T90とT200ではFMCでしょうか? ドアなどのプレスラインこそ一緒ですが相違ヶ所は多そうです。
キャンターというトラックは(と言うか、ふそう車)はエンジン音とその他ノイズが他車よりかなり高めなイメージでしたので昔は嫌いでした。このモデルのフロントの"C"マークが昔のテレ朝みたいで何故六角形?の"C"なのか子供ながらに疑問でした。
そういえばこの辺りの年式のダンプは、ダンプレバーがセンターシートの前の足元にあったんですよね。真ん中に乗車すると邪魔でならなかった記憶もあります・・・。

| toshi | 2011/10/15 22:54 | URI |

toshi様
昔は町のいたる所で見かけたので馴染み深いですよね。
T90 ⇒ T200はFMCと言われていますが、外観上はMMCレベルの変更ですから、普通の人は同じ形式と思いますよね。

エンブレムの六角形Cマークは2代目後期(T90)から3代目(T200)にかけて付けられていましたが、4代目の黄金キャンターからはMマークになったりMMCマークになったりと変更が激しかったですね。

真ん中のシートに座る人はダンプレバー以外に、コラムシフトの操作などで邪魔な思いをしたでしょうね。

| Route★ZERO | 2011/10/17 21:49 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/106-a0a3b544

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。