<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Garbage Truck】 アメリカ的なゴミ収集車

久しぶりに映画「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団(Smokey and the Bandit II)」のDVDを見ていると、クライマックスのコンボイ軍団がパトカーをやっつけるシーンで、Garbage Truck(ゴミ収集車)が登場していました。

xpeditor.jpg
【Autocar Xpeditor】 アメリカ ロサンゼルス
1897年に設立した”Autocar Company”は、1953年に”White”社に買収され、更にWhite社は1981年に”Volvo"社に買収され、1995年に100%Volvo社の傘下に収められた長い歴史のあるブランドです。

個人的に思い出すAutocarの代表と言えば「Garbage Truck」
画像の車はクラス8の塵芥車用フルキャブオーバータイプで、ロー・キャブ・フォワード(LCF)の標準的なキャブ搭載モデルで、4軸車ではありますが、軸重が軽い状態なので最後輪をリフトアップさせています。これは法規によって軸重(1軸あたりの重量)の限度を決めていたり、通行制限等による苦肉の策なんです。

White/GMC-1.jpg
【White/GMC Garbage】 アメリカ ロサンゼルス
この車両はWhite/GMC時代(1987-1995)の Front loader式 Garbage Truckで、ロー・キャブ・フォワード(LCF)の中でもキャブ搭載位置をフォワードにした低キャブモデル。

作業の手順は、まずゴミの台車下にフォークリフトのような爪を差し込み、台車を持ち上げる体制を整えます。

White/GMC-2.jpg
体制が整った所で、一気にリフトアップ! 

White/GMC-3.jpg
後ろの荷台に向かってゴミを排出し(前後に数回動かしながら)空になった台車は逆の手順で元に戻す。

多少乱暴に思える作業風景でしたが、作業者は車に乗ったまま一人で作業できるので効率はいいのかも。

この車両は夕方の住宅街で目撃したもので、一般住宅から出るゴミはとても多く、アメリカの大量消費社会の現実を実感できますね。

White/GMC.jpg
こちらが映画「トランザム7000 VS 激突パトカー軍団(Smokey and the Bandit II)」の例のシーン。
パトカーを持ち上げる都合上、爪はえらく長いですね(笑)
1981年に日本公開になった映画だから、もう30年の月日が経つのか・・・
スポンサーサイト

| Mack / US Volvo | 19:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何物もビックなアメリカ。ゴミステーションの箱も日本のように決して小さくないので収集もかなりダイナミックですね。
今回のアメリカのパッカー車?は動き方からも"トラック"というより"専用処理装置"に見えます。もそれ故、プライスもビックなのでしょうね~

日本は道路事情や車両の細かい規定があるので設計・製作する方もさぞ苦労していると思いますが専用車両としての出来栄えは群を抜いていると思います。

| toshi | 2011/10/19 18:43 | URI |

toshiさま
出張で不在だったため、コメントが遅くなりました。
アメリカの州によって違いはあるものの、ゴミはリサイクル分別はされずに全部ごちゃまぜ。理由は埋める土地がいっぱいあるから・・・(最近は清掃工場内で分別をしたりと事情が変わってきているのかもしれませんが)

Co2排出など”他国に厳しく自国に優しい”ですね。

ドイツも大型のゴミ収集車(Benz Econic)を使っていますが、日本の小型ごみ収集車のように作業員2名が手作業でゴミを車に放りこんでいました。

日本の専用車両の出来栄えの件ですが、日本人の「気遣いの精神」も多少関係があると思います。
ディーゼル車の音が煩くないように静かにしたり、環境イメージを良くするためにHybridにしたり、交通の邪魔にならないように小型車にしていますから。

| Route★ZERO | 2011/10/21 08:09 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/108-6cd8c3fe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。