fc2ブログ

国内と海外の旧式商用車を紹介

プロフィール

Route★ZERO

Author:Route★ZERO
【海外在住】
海外の味のある乗り物を中心に
写真を撮影しています。

【ご注意】
・写真の無断転載禁止
・撮影場所は答えられません
・問題のある画像があれば
 お知らせください

4 コメント

【Mercedes-Benz O303】 ベンツのベストセラーバス

先日、休日を利用して河口湖方面に出かけた際に、国内ではあまり見かけない観光バスを交差点で見かけ、進路を推理してシャッターチャンスを待ちました。

走ってきたのは独Mercedes-Benz社のO303。

腸管出血性大腸菌のO157を連想する名前であまりいいイメージではありませんが、70年代から80年代にかけてのベストセラーバスと言われるほど売れまくったそうです。

Benz 0303-1.jpg
(当時としては)一枚ガラスの巨大なウインドシールドを採用し、大型のワイパーで払拭させる方式なので、O303系の後期モデル(推測ではO303 RHD )と思われます。

”スケルトン構造の採用”と”エアコン標準化”によって実現できたカーブドガラスの固定窓は、華麗さと共に開放感があって視界がよさそうです。欧州は日照時間が短いこともあって、「少しでも日に当たりたい」という人のニーズを反映して、このような窓になったのではないでしょうか。(オープンカフェやガラス張りのビルが多い)

また’70年代末のベンツは、ハイデッカー車の導入が欧州他社メーカーよりの遅れをとっていたそうで、このO303が最初のハイデッカー車だと思われます。

Benz 0303-2.jpg
リヤ周りも特徴的で、乗用車のような凹凸のあるテールランプを低い位置にセットし、マフラーエンドが2本出しになってますね。側面中央部に見切りがあるのですが、乗降用の中央扉か非常用の扉ではないでしょうか。

【Mercedes-Benz O303 RHD】
推定製造期間 1982-1992年

1974年、O302シリーズの後継機種として登場。
1979年、ハイデッカータイプの登場。この前後より一枚式のフロントスクリーンを採用。
1982年、マイナーチェンジ
1992年、製造中止。後継機種はO404。

1985年にベンツの日本総代理店のウエスタン自動車が輸入し、ヤナセが販売・サービスを担当。
その後シュツットガルト・トラック・バス販売によって輸入され三菱ふそうがアフターサービスを行った。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  現役車
撮影地 山梨県
撮影日 2011年10月


Benz 0303-3.jpg
こちらはドイツのベンツミュージアムに展示されている”Mercedes-Benz O 303 touring coach(1979年式)
当時としてはスタイリッシュで洗練されたデザインだったんでしょうね。バックミラーも小型でスマートだし。

Benz 0303-4.jpg
スポンサーサイト



コメント

EP100 2011/11/03 21:39  編集 URL

おお、このバス僕も別の場所で見ましたよ!!
遠くから見ると呉羽のエアロかブルリに見えたので近寄って見るとこれでした。
正直、外国産のバスは全く知識がなく、年代もさっぱりだったのでスルーしましたが、結構古いモデルだったんですね。
調べてみると日野RSはこれが元になってるんですね。

ってか、かなり個性的な名前の観光会社でしたね。
Route★ZERO 2011/11/05 08:06  編集 URL

EP100様
このバスを目撃したことがありましたか。海外のバスはあまり情報もなく身近な存在じゃないので、好きな人は多くないのかもしれませんね。

海外に行くと色んなメーカーのバスが多くて、素性が分らないのが沢山あります。特に途上国ではベンツのマークを付けた不格好なバスを見かけるのですが、エンジンはベンツ製でボディが地方の板金屋だったり・・・

そうですね、所有している会社の名称は印象に残りますね。
元はとばす 2011/11/07 20:57  編集 URL

O303…セダンでいうところのW123のようなくるまでしたね。
O404はW126よろしく、バブリー過ぎてO303のようにはいきませんでした。
S56頃、CG別冊で世界のトラックバスってのがあり、中学になったばかりの私はこの頃の日欧の差に驚いていたのを思い出します。

ドレクやバンホールと違い、ボディまでオールメルセデスで、非常に魅力的なクルマでしたが、いかんせん正規輸入開始がSKシリーズとともにモデル末期で国産に比べても古くさい印象だったのが古くからO303を知るものには残念でした。

でもいまオールメルセデスのトラベーゴとかを輸入したくても、12m超はともかく、幅が日本は2.5mのままで幅が広くなった欧米車は絶望的ですね。
Route★ZERO 2011/11/09 08:39  編集 URL

元はとばす様
中学時代から”世界のトラックバス”を見ていたとか凄すぎですね。
当時の欧州バスはスケルトンタイプで、観光バスなどはスイングドアが採用されていたこともあり”スマート”な外観でしたね。日本のバスといえばモノコック+折れ戸扉が一般的でしたからね。

W123にしても、トレンドを生み出した圧倒的な競争力と技術力があるので、他社が追いつくまでの時間が加算され長期販売傾向になりますね。

欧州の全長16m級のバスとか初めて見たときは、細長いボディに魅了されました。(特に遠目で)空港内の輸送用でもいいから使ってもらいたいですね。

非公開コメント