<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ふそうFS(後期型)】珍しい”オープントップ車”

70年代の三菱ふそう大型トラックといえばFシリーズですが、1979年10月に後期型の通称”ブラックマスク”は1983年7月の新大型車”ザ・グレート”シリーズの発売によってモデルの終焉をむかえました。
2000年までは各地でちょくちょく見かけたブラックマスクですが、2000年以降の排ガス規制や20年以上の経年劣化等によって現役引退する車両が一気に進み、2010年以降になると重機運搬用の台車(セルフローダー)か消防車に限られるようになりました。

Fuso FS-1.jpg
画像のブラックマスクは北海道の工業団地内の駐車場に停められていた”ふそうFS(低床4軸車)”で、オープントップの架装をされた車両です。ナンバーは外されているものの、この時代のオープントップ車は珍しいと思います。

敷地内であるため、遠目から細部をウォッチングしてみると、運転手側のステップ周りは腐食によって崩れているし、あちこちに傷みが目立ちますし、サイドバンパーも外されています。まあ公道復帰は無さそうですね。

ルーフ上のエアデフレクターも時代を感じさせる形状で、感覚的なイメージによって空力向上を改善した形状に見えます。ボディーに映える独特の白いラインは、この時代に多く見られたデザインでしたね。

Fuso FS-2.jpg
屋根の大部分を開放できるオープントップ車は、クレーンを使って長尺物を上部から積載するイメージがありますが、この車両はいったいどんな荷物を運んでいたのか気になります。


【Mitsubishi FUSO FS (後期型)】
推定製造期間 1979-1983年頃

1973年12月、それまでのTシリーズからFシリーズに切り替わる。
搭載するV8ディーゼル エンジンはTシリーズのDC型を受け継ぐものの、石油ショック以後の低燃費のニーズに応えて予燃焼室式から直接噴射式に変更。8DC4型(265ps)と8DC8型(305ps)の燃費とパワーを両立するエンジンを搭載しました。外観はクリスタルカットと呼ばれるシャープなキャブデザインが特徴で、室内は操作性と快適性を向上させている。

1977年、大型トラックの低床化ニーズに応え、低床4軸車(FS)の発売開始。
後3軸のタイヤサイズを小径化させたことで、従来よりも約260mmの低床化を実現。
エンジンはV8 8DC7型(280ps)を搭載。

1979年、Fシリーズの大幅チェンジ。主に昭和54年排出ガス規制に適合するエンジンとともに、内外装のグレードアップも図られた。フロント周りでは"ブラックマスク"と呼ばれるグリルを装着し、ミラーステーやポジションランプのクリア化が行われ、ワイパーは黒塗装になった。

1983年、大型トラックシリーズのフルモデルチェンジ。従来のFシリーズから、ザ・クレートシリーズに切り替わった。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  敷地内保存車
撮影地 北海道
撮影日 2011年10月


Magirus Deutz
ブラックマスクといえば70年代末の欧州トラックに採用しており、そのトレンドをFシリーズやFKに採用したという印象があります。(偶然かもしれませんが)
例えば画像の MAGIRUS DEUTZ LEISER などがよく似ていると感じますが、皆さんはいかがでしょうか?
(他にMercedes Benz LP とか IVECO/FIAT 190Fなど)
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 14:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この世代で4軸低床は貴重だそうですね。また、容量が小さかったデフが壊れやすかったとか。

エアディフレクターも空力的に良さそうな形になったのは90年代ですかね。

確かに、この世代は2000年代前半で消えて行きましたね。近所にあったFVのセルフも日野TCのバキュームもニューパワーの油槽車も消えたのは2000年代初めでした。

大型登録のFシリーズって、FMとFVしか見たことがないです。ほかのを見てみたいですが見つかるかなぁ…

| EP100 | 2011/11/11 18:34 | URI | >> EDIT

実際のところ現行型の4軸仕様もバシバシと現れるようなものではないのでついつい反応してしまいますよね(笑)


なので70年代トラックであるこのFSをはじめとする4軸車は相当希少でしょうね・・・・。
それに画像のオープントップ車・・・・・是非今も残っててほしいものです・・・・。


私は以前近所でブラックマスクのFPの検診車なんかを目撃したのですが、最近はご無沙汰ですね・・・・・

| 車大好き兄弟 | 2011/11/11 23:16 | URI |

EP100様
ふそうFシリーズはFV、FP(大型シャシー2軸)、FM(中型シャシー2軸)が多少残っていると思いますが、それ以外は現存数が少ないので見つけられたらラッキーですね。
特にハイキャブモデルは除雪車両以外はしばらく見てませんし、目撃情報も聞かないですから。

| Route★ZERO | 2011/11/12 07:36 | URI |

車大好き兄弟さま

4軸車はどのメーカーもキャビンがフォワード搭載なので、バランス的に3軸車よりも不格好に感じるんですよ。当時の私は異端児扱いしていました・・・

私の近所にFM検診車が居るのですが、目撃されたのはその車両の可能性かも。

| Route★ZERO | 2011/11/12 07:53 | URI |

検診車の件

FMですか!
実は見たのってかなり昔でして、当時はかなり大きく感じられたんですよ。
もう一度出会えればよく見れるのですが・・・・・。


ちなみに白と濃い青の2色の個体なのですが合ってますでしょうか?


合っているなら現在も残っているということで安心できますね。

| 車大好き兄弟 | 2011/11/20 09:53 | URI |

車大好き兄弟さま
大型の顔なので、パッと見だとFPだと思ってしまうのも仕方ありません。

白と濃い青であれば別の個体の可能性が高いですね。

| Route★ZERO | 2011/11/22 08:23 | URI |

♪ありがとうの一言を ありがとうの一言を ありがとうの触れ合いに背かない 日本列島 熱い光の中へ.....三菱ふそう♪♪~
1979年秋、ブラックマスクにチェンジされたふそうトラックシリーズ(大型Fシリーズ、中型FK/FMシリーズ共に)のデビュー時のCMソング、今も空で口ずさめます!
CMの映像はふそう大型車が北海道の大草原を疾走するものだったことを鮮明に憶えております。
あれをTVで目にしたのは折も折、小生が弟の七五三(彼=5歳)に一緒にお宮参りに行く前日の土曜日の夕方でした(時に小生=9歳:小学四年生)。
左折時の巻き込み防止ウィンドウ(三菱ふそうでは「サイトウィンド」と呼んでいた)を新装着し、大型車シェアで日野に続く第二位をキープしたふそうFシリーズはまさしく「国産トラック界のBMW」(日野=王者ベンツと考えた上で)だったかと思います。
良き時代の思い出をありがとう!

| 真鍋清 | 2012/12/11 17:21 | URI |

真鍋清さま

三菱ふそうがこの時代にCMを流していたことは記憶にありません。歌詞まで記入して頂きありがとうございます。

この頃はトラック業界のCM投下が盛んだったんですね。

| Route★ZERO | 2013/01/02 14:31 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/119-e3e58096

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。