fc2ブログ

国内と海外の旧式商用車を紹介

プロフィール

Route★ZERO

Author:Route★ZERO
【海外在住】
海外の味のある乗り物を中心に
写真を撮影しています。

【ご注意】
・写真の無断転載禁止
・撮影場所は答えられません
・問題のある画像があれば
 お知らせください

2 コメント

【KAMAZ】 見た目は古いが・・・

その昔、乗用車領域はレースで培った技術を市販車にフィードバックしながら進化しましたが、トラックの場合は軍用車で培った技術により走破性や耐久性を高めました。

今回取り上げる KAMAZ は、元々ロシアで軍用車を作る国営企業のような存在で、米ソ冷戦時代(1945-1989)には相当の需要と開発資金が流れていたと想像できます。ところがソ連崩壊(ロシア誕生)とともに軍・国営/公営企業等からの有効需要が激減したこともあり、中・大型トラックの需要が著しく落ち込んだそうです。

「KAMAZなんて聞いたことが無い」と思う人が大多数と思いますが、過酷なラリーで有名な「パリダカ」では常勝軍団として君臨しているのです。軍用トラックの製造技術で得た高い走破性を生かし、デザートや大きな段差をいとも簡単に走破する姿は圧巻です。

Kamaz-1.jpg
画像はKAMAZを代表する大型トラックの4/5シリーズ。
(Kamaz 53212と推定 / 2005年6月 ロシア)

日本のバンよりも全長が短く、キャブ後方にはハイマウントされたエアクリーナーが印象的です。キャブスタイルは直線基調でポン付けされたベッドスペースは暫定的なもの。さすがに古臭く感く感じますね。

ロシア郊外は道路網が発達していないため、ちょっとでも雨が降ると泥濘になるし、冬になると凍結した路面を走行するのが当たり前になります。また軍事的な理由なのか橋が少ないので、時には川にトラックのまま飛び込み横断する必要もあります。このような現地事情によりトラックには走破性と耐久性とエアクリーナー位置(水没しても動ける)が重要な設計要件になっているのです。

幹線道路であれば欧州からやってきたトレーラーを見かけることもあります。

Kamaz-2.jpg
こちらは Kamaz 55111 6X4 Dump (2007年8月 ロシア)
痛んだ路面を削り取り新しく舗装をしているのですが、春になるとこうした工事がいたる所で見かけます。というのはロシアは今でもスパイクタイヤを装着しているので、アスファルトを痛めやすいのです。

アーミー色のダンプをよく見かけますが、いざという時に軍用車両としても使うつもりなのかな?

Kamaz-2.jpg
Kamaz 55111 6X4 Dump (2005年6月 ロシア) 
こちらのダンプ荷台は左右にもダンプできる「三転ダンプ」でしょうかね。


【Kamaz Series 4/5】
推定製造期間 1976-1994年頃

1976年、トラック、バス、軍用車両等を生産するKAMAZ(カマ自動車工場)を成立。
組立ラインから最初に送り出したモデルと言われている。
搭載するエンジン例としてV型8気筒ターボディーゼル10.85 L(240ps)等があるがその他の詳細は不明。


Kamaz-2.jpg
どことなく”三菱ふそうザ・グレート”に似ているので、顔面をスワップさせてみました・・・
スポンサーサイト



コメント

車大好き兄弟 2011/11/20 21:23  編集 URL

KAMAZは普通のトラックファンの間ではかなりマイナーな存在だと思います。
どちらかというと軍用向けもかなり種類があるでしょうからミリタリーに精通(戦車や装甲車だけでなく脇の車両達も研究)している方には通じるでしょうね^^


実際ロシアって軍用車両をそのまま民間に持ってくるのがかなり多いようですが、画像のアーミー色のダンプもお下がり、もしくは非常事態に使う気なのでしょうか・・・・。


それにしても共産圏の車は乗用車からトラックまで形式が複雑なので見分けが大変ですわ・・・・
Route★ZERO 2011/11/22 08:29  編集 URL

車大好き兄弟さま
ミリタリー系に強い方であれば、輸送用車両などの情報をいっぱい持ってそうですね。とにかくロシア(ソ連)は昔からこうした情報が少ないので、形式を判別するのに苦労します。
今ならUAZのVAN/TRUCK(1953年から変わらぬデザイン)が新車で入手できるみたいですね。
非公開コメント