<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【スミダ M型バス】 日本最古のバス ~東京モーターショー

東京モーターショー2011の一般公開(12月3日~11日)に先駆けて出展車を見てきました。

今回より開催地が幕張メッセから東京ビックサイトへ変わり、前回のショーではリーマンショックの影響等により国内商用車メーカーの出展はありませんでしたが、
今回はいすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックスが戻ってきてくれて嬉しく思います。

いすゞが持ち込んだ車両の中に「スミダM型バス」があり、クラシックカー好きな人が喜びそうな車両チョイスでした。

Sumida M-1.jpg
国内で初めて製造された車両で、現存する国内最古の乗り合いバス。

カワイイお姉さんが迎えてくれました・・・

Sumida M-2.jpg
スミダM型バスとは、いすゞの前身である石川島自動車製作所が1929年から製造を開始したバスで、展示されている車両は1932年(昭和7年)製造で修復されたもの。(一部オリジナルの部分を損なわれているらしい)
かっては警察の人員輸送に使われていたようです。

主な諸元
車型    A4型(通称:M型)
駆動方式  4X2 (後軸2輪駆動)
変速機   前進4段 後退1段 マニュアルミッション
エンジン  スミダA4型 4衝程 直列水冷式(排気量:2720cc)
最高出力  40ps
車両寸法  全長:5147mm 全幅:1830mm 全高:2300mm
乗車定員  20人(座席14+立席4+乗務員2)
※経済産業省の「近代化産業遺産」に認定

Sumida M-3.jpg
フロントサスはI型逆エリオット式、半楕円形式というもの。
運転席側の上部にワイパー(電動)がみえるのですが、オリジナルなのかな? 少々違和感あり。

Sumida M-4.jpg
リヤ周りはあっさりしていて、テールライトは中央にある1灯式。
1灯式のテールライトといえば、三菱が1960年(昭和35年)に初めて造った4輪車「三菱500」を思い浮かべます。


IMG_3576.jpg
【おまけ】バス関係の出展では”日野セレガ ハイブリッド プレミアム”がありました。
スポンサーサイト

| Bonnet-type Buses | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕は今までモーターショーには行ったことが無かったんですが、今年は招待券を頂いたので行ってみようかと思います。
友達が新型のスイフトスポーツを買うらしく、アッシー君として下見に連れて行かれる形ですけどね(笑)

クラシックカーもいるんですね。ちょっと楽しみになってきました!!

| EP100 | 2011/12/01 22:34 | URI | >> EDIT

EP100様

古い車を見るのであれば、近隣施設のメガウェブで開催される「お台場モーターフェスティバル」も見ておいた方がいいかも。歴代ランクルやスーパーカーの展示以外にもヒストリックカーの同乗体験など意外なサプライズがあるかもしれません。

東京モーターショー会場内では、ホルボトラック(FH グローブトロッター)に乗り込むことが出来ますよ。

| Route★ZERO | 2011/12/02 12:13 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/04 11:02 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/04 22:07 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/125-2ce6ccdd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。