<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【タタ 1510/1512】 お手本はベンツ

インドの人口は約12億で世界第2位。数年後には中国を抜いて世界1位になると予想されていますが、国民の所得格差は大きくバスにも乗れない人が沢山います。

インドの路線バスは庶民の足として重宝されていますが、人口の多さからバス車内は人でいっぱいになっており、ドアから身を出して乗っている人も珍しくありません。

TATA1510_1512_1.jpg
写真はインドの首都デリーで渋滞中に撮影したTATA 1510/1512です。
乗降扉から身を出した人は自主的に周囲のオートリキシャ(左端)や歩行者に対して交通整理をやって、バスをスムーズに運行させていました。

左側には小さなミラーが付いていますが、満員状態の車内からは見ることも出来ないでしょうし、もともとタクシーや乗用車にはミラーが無いことが多く、ホーンを鳴らすことで周囲の車に対して合図を出しています。

接触事故も多いので(10日間の滞在で移動中の車に2回接触された)バンパーや車体の周囲は傷だらけ・・・接触事故があっても日本のように警察を呼ばす”罵倒し合ってお終い”というケースが多いのです。

TATA1510_1512_2.jpg
こちらもインド デリーのTATA 1510/1512路線バス。上の車体より年式が新しいようでフロントスクリーンは直立し、方向幕が取り付けられています。また乗降扉の位置がフロントオーバーハング内に設置されていますね。

このバスにはエアコンが付いてないけど、エアコンが装着されている最新のバスは利用料金に2~3倍増になるため、乗客は自分の財布事情に合わせてバスを選択して日々の通勤や移動に使っています。

TATA1510_1512_3.jpg
Mercedes Benzとの技術提携によって造られたTATA 1510/1512の表情は、1960年代のMercedes Benz LP系トラックにそっくりですが、1枚ガラスのフロントスクリーンを製造する技術がなかったせいか、2分割式になっています。
スポンサーサイト

| TATA (India) | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/139-34925435

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。