<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Chevrolet LUV】 シェビーバッジ付いすゞファスター

北米市場で”コンパクトピックアップ”というカテゴリーを創出したのは、日産の輸出ブランドであるDATSUNによるもので、農場などの従事者からの評判が良く、小回り性と経済性が認められて販売が着実に伸びたのが発端となります。
その後トヨタも続きコンパクトピックアップを北米に投入し、1970年に入ると2度のオイルショックの影響により、経済的な日本製小型ピックアップは好調に販売を伸ばしました。

そうなると北米ビッグスリーとしては手をこまねいて見ているわけにはいかないず、市場参入の手っ取り早い方法として、当時資本提携をしていた日本メーカーから調達する手を使ったわけです。

CHEVROLET(GM)は”いすゞファスター”をLUVとして販売し、FORDは”マツダプロシード”をクーリエとし、DODGE(CHRYSLER)は三菱から調達し、その場しのぎで対応していたのですが、その後はより多く儲けたいビッグスリーは自社開発を行ってしまい、日本メーカーからの調達は僅かな期間のみとなってしまいました。

Chevy_LUV_1.jpg
画像はメキシコ第2の都市、グアダラハラで見かけたCHEVROLET LUVです。
LUVとはLight Utility Vehicleのスペルから取ったもので、呼び方は「ラヴ」になります。
ベースとなった”いすゞファスター”は、乗用車フローリアンの前半分を使ったピックアップ仕様として生まれたもので、1971年にいすゞとGMの提携後の最初のビジネスとして送りだされたクルマという歴史も持っているのです。

酷使されたと思われるこのLUVは、サイドシルが錆びて穴が開いていたり、ボディがボコボコだったり、フロントバンパーは他車の部品で代用されていたりと使い古されているのですが、日本で見る使用感のある古いトラックと違って、美しく感じないのは何ででしょう?

Chevy_LUV_2.jpg
こちらは静岡県で見かけたCHEVROLET LUVのレプリカになります。
日本仕様の右ハンドル車にシボレーバッジを付けてLUV風に仕立てています。また荷台にはFRP製のキャンパーシェルが載せてあったり、サンルーフ(改造か?)が付いていたりと、アメリカ的な改造が施されています。
スポンサーサイト

| Chevrolet / GMC | 02:45 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

「いすゞの全て」ご覧になりましたか?
このファスター/ロディオの記述も有るかと思ってましたが、残念ながら有りませんでした。
さてこの日本版ファスター=ロディオは80年の学園ドラマ「ただいま放課後」の主人公のテンガロンハットの教員が劇中で乗ってます。
いすゞ提供だったんですね。
この頃はRVに乗ってるだけで個性を主張出来たんですね。
小学校の頃ファスターというペットネームも知らず、「フロリアントラック」かと思ってました。

因みにLUVのほうはレバルのプラモを持ってました。
ハイリフトの4×4でしたが、実車の4×4もダットラ/ハイラックスばりに車高が高かったのでしょうか?

| 元はとばす | 2012/04/28 20:25 | URI | >> EDIT

こんにちは。
国産のこのての車、無くなっちゃいましたね。
昔ダットラに乗っていたことがあり、
少し寂しい気がします。

| FLATELL(フラッテル) | 2012/04/30 17:43 | URI |

元はとばす様
「いすゞ自動車のすべて」の中に、いすゞRVワールドという記事があり、ファスター/ロデオの記事が少々出ていましたよ。

青春ドラマ「ただいま放課後」のスポンサーは、いすゞだった可能性が高いですね。主な視聴者である若者に向けて”ファスターに乗ってもらいたい”といったところでしょうか。

80年代のドラマは熱血/青春ものからバブル期のトレンディドラマに変化していきましたが、ドラマに登場する車はスポンサー企業の車両を使うといったマーケティング手法が多く使われていました。(金妻のプレリュードとか)
しかし、平成経済不況に入ると、家族ものなどが中心になって車の露出が少なくなりました。

LUVのプラモがあったというのは知りませんでした。
1980年に2代目へモデルチェンジした際に4WDが追加されましたが、ハイリフトは見た記憶が無いので真面目な実用4WDとして登場したのかもしれません。(のちのロデオになる)

| Route★ZERO | 2012/05/02 09:53 | URI |

FLATELL(フラッテル)様
60年代~70年代初めまでは、乗用車の普及が今よりも進んでおらず、乗用車の前半分を流用したピックアップトラックがブームとなり、”平日は仕事に、休日はレジャーに”という使われ方を自動車メーカー側が提案していました。

しかし、乗用車と小型トラックの複数所有が進み、トラックはより実用的なキャブオーバー型に代わっていたんですよね。 世界中で見ると、現在ピックアップが売れている地域は北米や東南アジア地区で、どちらも乗用車と実用的な使い方をしており、車両価格の安さと維持費の安さで売れています。

日本でピックアップを普及するには、税制などで恩典(維持する上で税金等の負担が軽い)が無いと難しいと思いますね。

| Route★ZERO | 2012/05/02 10:05 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/155-444ce1b3

TRACKBACK

まとめteみた.【【Chevrolet LUV】 シェビーバッジ付いすゞファスター】

北米市場で”コンパクトピックアップ”というカテゴリーを創出したのは、日産の輸出ブランドであるDATSUNによるもので、農場などの従事者からの評判が良く、小回り性と経済性がの後ト...

| まとめwoネタ速suru | 2012/04/27 03:00 |

まとめteみた.【【Chevrolet LUV】 シェビーバッジ付いすゞファスター】

北米市場で”コンパクトピックアップ”というカテゴリーを創出したのは、日産の輸出ブランドであるDATSUNによるもので、農場などの従事者からの評判が良く、小回り性と経済性がの後ト...

| まとめwoネタ速suru | 2012/04/27 03:00 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。