<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【いすゞ ロデオ】 希少な4WDピックアップ

日本において1980年代後半から1991年頃にかけて起きた「バブル経済」。
その後、バブルが崩壊し平成不況が20年以上続いてますが、バブルの頃は自動車会社も”イケイケ”で、いろんなな特徴を持った車が発売されました。

例えばトヨタであればセラ、セルシオ。
ニッサンならばGTR、パオ、シーマ。
ホンダはNSXや楕円ピストンを持つバイクのNR750
マツダはロードスター、コスモの復活
スバルはアルシオーネSVX
三菱はGTO
・・・

各社から高級セダンや高級スポーツなど多くが生まれた一方で、商用車においても4WDピックアップを使ったクロカンなども生まれ、90年代前半のクロカンブームに向けて勢いをつけていきました。

そうした華やかな新車フィーバーの中、あまり注目されることが無く発売されたのち、数年後に消滅た車もあります。

その一台が ”いすゞ ロデオ”

Isuzu_Rodeo.jpg
このロデオは栃木県のガソリンスタンドで現在も使われている車両になります。
場所的に農道が多い地区ではあるものの、山間部でないし雪もあまり積もることのない地域なので、サニートラックでも十分実用に耐えると思うのですが、このロデオはハイリフト化された4WDで、悪路に対しての高い戦闘力がある簡易型タンクローリー仕様になっています。

最低でも20年程が経過している車両ですが、目立ったダメージも無く、塗装の弱いと言われる赤いボディーカラーも十分な輝きを放っていました。

1998年から1994年の6年間という製造期間の短さの中、製造台数合計は約1.000台(ファスターとして計上された数値)という少なさなので、かなり希少な車ではないでしょうか。

【Isuzu Rodeo 4WD Super(前期型)】
推定製造期間 1988-1992年頃

1980年にモデルチェンジしたファスターの4WD仕様がそのまま独立し、
1988年に「ロデオ」という単独車種としてデビューした。
エンジンはC223型 2.238ℓ ディーゼルエンジン(70ps)を搭載し、トランスミッションは5MTのみ。
乗車定員は2名で最大積載量は1トン(標準ボディ)
シングルキャブには、標準ボディとロングボディフラットデッキ三方開きがあり、
その他、スーパーシングルキャブとスーパーダブルキャブが存在した。

1992年、マイナーモデルチェンジ
1994年、国内販売終了

ちなみに1989年に登場した「いすゞミュー」は、ロデオの前半分を流用した2シータークロカンである。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★★★★
満足度 ★★☆☆☆
状態  現役車
撮影地 栃木県
撮影日 2012年5月
スポンサーサイト

| Isuzu | 20:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この型のファスター、タイではOEMでホンダブランドでも売られていました。
ホイルのセンターキャップやグリルの[H]マークはMuそのままですが、後部アオリの『HONDA』のエンボス文字はちょっとカッコ良かったです。

| 純自家用 | 2012/05/11 05:40 | URI |

純自家用さま
ホンダは90年代のクロカンブームの際、日本でMuをOEMして「ホンダ・ジャズ」を販売していたことは知っていたものの、タイではピックアップをOEMされていた事については知りませんでした。

一度タイに行ったことはあるものの、見かけた覚えがありません・・・

世界は広いですね。

| Route★ZERO | 2012/05/12 07:23 | URI |

画像のロデオですが、綺麗な赤ですね!!赤はクリアがすぐ禿げるイメージです。また、タンクがまだ日石のままですね!!

ファスターもロデオも見たことないなぁ…なんて思っていたら本日、ファスターを見つけました!!ただ、荷台が3方開きなのとISUZUマークが新字体なのであまりパッとしません。

OEMといえば、ホンダはビッグホーンもOEMでホライゾンとして売ってましたね。あれも希少車じゃないですか?
昔、習い事の偉い先生が所有されてました。東京23区在住の方だったんですが、3.1ディーゼル車でしたので、もう規制に引っ掛かってるはずです。

| EP100 | 2012/05/13 21:16 | URI | >> EDIT

EP100さま
日本ではいすゞ製ピックアップは珍しいですが、タイではいすゞD-MAXというファスターの後継車が人気ですね。

90年代初頭のホンダはトラックシャシーを持っていなかったので、本格的なクロカンがいすゞからOEM調達していたり、クライスラーのチェロキーを販売していました。塗装といえばチェロキーは塗装品質が悪かったので栃木県の旧高根沢工場(NSXファクトリー)で再塗装されてました。

| Route★ZERO | 2012/05/15 08:10 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/157-00ff5de0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。