<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【日産 C80型 3.5t】 ニッチ市場を狙った意欲モデル

当ブログの開設から1年3ヶ月が経過し、昨日5万回アクセスを達成しました。
振り返ると開設後はしばらくは月に20人以下のアクセス数でしたが、ここ数ヶ月は200人を超えることも珍しくなくなりました。 

商用車は乗り物系の趣味の中では王道とは言えず誰が見てもニッチな分野ではありますが、今後も商用車の価値を向上させるように微力ながら紹介していきます。

5万回アクセス達成記念車両は 「日産 C80型 3.5トン トラック」

Nissan_C80_1.jpg
トミカリミテッドビンテージでモデル化された事もあって、近年ではC80型の知名度は上がっていると思うのですが、いかんせん現役車両は皆無であり、廃車体ですらほとんど報告がないほどの希少価値の高い車両です。

若い世代から見ると「3.5トン積みとは、中途半端なトラックだな」と思うかもしれませんが、C80型の生まれた背景として「車両に関する法規」と「道路運送法」に影響されていました。

昭和30年代の後半に入って「車両制限令」という次第に都市内の大型車交通規制が厳しくなる条例が発令され、続く昭和42年には道路運送法改正により、小型貨物自動車運送業者の使用車両制限が2トンから3.5トン車まで引き上げられた。

こうした影響によって、5~6トンクラスから3トンクラスへの移行が増加していき、昭和40年頃の3トン、3.5トン市場は”三菱ジュピター”の独占状態が続いていたので、三菱ジュピターに対抗すべく、日産は本格的3トン・3.5トンクラスに新シリーズを開発する事を決めたのです。

昭和40年10月21日、こうしてニッサン3.5トン車”C80型”と3トン車”SC80N型”は発売されたのでした。
 
Nissan_C80_2.jpg
積載効率の優れたセミキャブオーバー型トラックで、パワートレインは初代プレジデントの初期にも搭載された新設計H30型3ℓガソリンエンジンと、サファリやシビリアンにも搭載されたSD33型3.3ℓディーゼルエンジンを搭載。

キャビン、シャシー、足回りはもとより、パワートレインを新設計とした新鋭トラックとして、新市場の開拓と拡販が期待されたのですが、耐熱性不足などの続発したクレームに悩まされ、販売の面も予想に反して低調な売れ行きという状態。

また当初より危惧されていた新規開発に伴う採算性にも、その後苦しむことになったのでした。

デザインの方は個人的にまとまりがあって好きです。この頃のニッサンはブルーバードなどが人気で、顔回りは乗用車的なデザイン処理がなされているように感じます。(ワイパーは小ぶりでカワイイです)

Nissan_C80_4.jpg
標準ボディとしては長尺/短尺2種類の平荷台とダンプがあり、特殊車両としてボトルカーやレッカー車などもあったようです。 近郊エリアで小回りが効き、かつ重量のある商品を配送するトラックとして使われていたようですね。

60年代の車両だけあって、リアコンビランプやバックランプは小型のものが取り付けられており、サイドバンパーは取り付けてありませんでした。

Nissan_C80_3.jpg
アオリの波板など、光と影のコントラストが印象的だったので、意識しながら撮影してみました・・・

一連の画像は静岡県の業者が所有されている1973年式のC80型3.5t積みトラック。
左側のミラー以外はオリジナル状態を保っており、約40年前の車両という事を考えると非常に状態が良いですね。

【1973 Nissan Type C80 3.5t】
推定製造期間 1965-1973年
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★★★
状態  現役車
撮影地 静岡県
撮影日 2012年5月


Nissan_C80_TLV.jpg
トミカリミテッドヴィンテージより、高床荷台、ボトルカー、レッカー車がモデル化されています。
スポンサーサイト

| Nissan | 03:43 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

5万ヒットおめでとうございます!
単なる「草ヒロ」や「生存報告」にとどまらず、当該車両の解説など「体系的で個々の事例にこだわらない普遍的な解説」で指示を得ているのでは?と思います。
出来れば※欄での情報交換が活発になると、より望ましいですね。

さて日産のC80ですが、現在の2tワイドのポジションでしょうか。
このクラスは注目度も低く、それだけに興味深いクラスですが、当該クラスには三菱ジュピターのほか、日野KMでしょう。
いずれも後継のふそうT6や日野KLなどGVWフル8t登場後が本当にブレイクした気がします。
言い換えるとこのクラスは当時でも中途半端だったのでしょうね。

さて日産は何を思ってC80を新規開発したんでしょうね
当時、ダイナといすゞTY以外、既にフルキャブが主流で敢えてセミキャブと言う意味がわかりません。
日産もどの程度やる気が有ったのでしょうか?

最終型が何年式なのかはご教示いただくとして、すでに70年代中盤では余り見かけなかった気がします。
末期は殆ど売れていなかったのかもしれませんね。

また搭載エンジンのSD33ですが、シビリアンにも搭載されたんでしょうか?
このクラスの6気筒は大して静かにも力強くもならない割に、エンジンが長くなる、ボアが小さくトルクが細いなどで各メーカとも一時期しかラインナップされませんでした。
トヨタのH、日産のSD、マツダのZB、三菱の6DRなどです。
個人的にはその矛盾がすきで、今もトヨタ1HZに乗っています。
直6らしい音とフィーリングはいいんですが、何せ力が有りませんねえ。。。

| 元はとばす | 2012/05/29 12:10 | URI | >> EDIT

元はとばす様
1964年に日産C80型が発売された背景として、三菱ジュピターが独占状態だった3.5tクラスへ参入し、ジュピターがボンネット型だったところをセミキャブオーバー化して、荷台面積を稼ぐという狙いでした。 一方ジュピターも同時期にキャブオーバー化し、1964年にはふそうT620型の4トン積が発売されていました。
T620型は今の中型クラスの基礎を作ったモデルで、普通免許で乗れる最大のトラックとして当時は売れに売れたそうです。

日産C80型もシャシからボディに至るまで専用設計したから、本気度は高かったと思うのですが、本文にあるように車体が熟成されていなかった上、4t積トラックに市場が移ったので、中途半端な商品になったのでしょうね。

C80型が自動車ガイドブックへ掲載された最後が1973年になってます。

SD33型ディーゼルもその後排ガス対応され(ED33?)、その後シビリアンに搭載され続けました。

| Route★ZERO | 2012/05/31 08:32 | URI |

5万おめでとうございます!
ここまで伸びた理由はやはり「濃く詳しい説明」にもあるでしょう。現在のトラックと比べて遥かに複雑で多岐に渡る形式・・・それらを分かり易く説明しているところも楽しみの一つとなっているはずです。
私も本当に参考にさせてもらっていますよ。


たしかにトミカリミテッドビンテージ(TLV)に登場してから知名度はかなり上がったのは確かですが時代が時代だけに見たくても見れない存在なのは確かですね。


少しお伺いしたいことがあるのですがこれは3.5トン若しくは4トンですがこの顔のトレーラーもあるらしいですね。
形式とかは変わるのでしょうか

| 車大好き兄弟 | 2012/05/31 09:17 | URI |

車大好き兄弟さま

今後ともよろしくお願いします。

トミカリミテッドビンテージ(TLV)は、同一車種でバリエーションが豊富なので、今のお小遣いの中で収集するのは厳しいです・・・

C80顔のトレーラーは資料等でも見た事がないです。
ですが1960年代の初代キャブオール(C141系)にはトレーラーがあり、日産の新車を運搬するキャリアーカーとして使用されていました。 当時は道路網が発達していなかったこともあって、小型トラックサイズで一台でも多くの新車を運べるように考えていたのかもしれません。

| Route★ZERO | 2012/06/02 21:29 | URI |

日産C80。
同車は小生が幼児だった(4-5歳)1974年の時点で自宅のある埼玉県志木市外れのゴミ収集車として走っているのを日常的に目にしておりました。
同地域のゴミ収集車の主流はダイハツ・デルタ2000(セミキャブオーバー式のU10ダイナの姉妹車)でしたが、C80がその6気筒ディーゼルサウンドとともに姿を見せると何だか得したような気分になったものです。
他に当方にとって馴染みのあるC80としては隣町新座市の材木商が1981年まで使っていたガソリン車の平ボディ版ですが、こちらはこちらで♪ルルルル、グディーン♪~というプレジデント用6気筒3.0リッターユニットが醸し出す排気音を奏でながら道を走る姿に心惹かれていました。
さてC80のトレーラー、これは幼児期に読んだ「小学館の育児絵本」で散々目にしました―「きゃりあかー」のページに書かれており、赤白青の「日産陸送」カラーの個体でブルーバード510を数台積載している姿がイラスト化されておりました。

| 真鍋清 | 2012/10/26 21:52 | URI |

真鍋清さま

幼児期の記憶を鮮明に覚えているなんてスゴイですね。
しかも車名、エンジン音などを気にしている幼児なんですから。

C80に関しては、埼玉県内でもいろんな分野で導入されていたんですね。当時の写真とかがあれば見てみたいものです。

C80のトレーラーの他、初代キャブオールのトレーラーもあったみたいですね。

| Route★ZERO | 2012/10/29 22:36 | URI |

このタイプのトラック(日産C80)。実写版ルパンや大都会シリーズに登場したトラックなのでは…?

たしかこの日産C80型トラック、映像作品では「ルパン三世 念力珍作戦」、大都会シリーズで登場していますね(たしか色は赤・青・白のトリコロールだったような気も)。「ルパン三世 念力珍作戦」で登場した日産C80は超能力を持った遮光型土偶を輸送するトラックとして登場している。大都会シリーズではPART2では一般車及び盗難車としてちょくちょく登場していますが、PART3第05話「野良猫の牙」では遂に破壊されます。

| マイケル村田 | 2013/03/12 18:18 | URI | >> EDIT

マイケル村田さま
アニメシリーズのルパン三世は好きで見ていましたが、実写版は見た事がないですね。田中邦衛さんが次元役でしたっけ。

西部警察だったら小学生の頃に見ていましたが、大都会は見た事が無いと思います。

C80型はスクリーンやTVドラマでちょこちょこ出ていたんですね。知りませんでした。

| Route★ZERO | 2013/03/27 21:30 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/164-6086fc8c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。