<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【インド版 オート三輪】 イタリアがルーツの乗り物

国土交通省は軽自動車より小さい1~2人乗りの「超小型車」の普及に向け、安全基準や技術仕様を定めた認定制度を今年度中につくると発表がありました。 前々から言われてきていたこの超小型車の規格、表向きには高齢者や観光客が近距離を移動する車として使うことを想定し、使い勝手が良く環境に優しい乗り物というふれ込みらしい。

一方、国内の新車販売は、普通車はどんどん減少し軽自動車は伸び続けています。
国民の生活が苦しい中、税金等が安く維持費の負担が軽い軽がより注目され、「軽で十分」という考え方に変化してきたのでしょう。

このことによって困るのは、自動車関連の税収が少なくなる”国税庁”
以前から軽自動車税の恩典を廃止して税収を増やすという動きがあったので、この超小型車に税金の恩典を付けて、軽自動車の恩典を廃止するという事態にならなければよいが・・・


さて、この超小型車、

アジア諸国ではこれに近い乗り物が今でも沢山走っています。

Bajaj_RE_CNG.jpg
有名なのはインド全土で普及している”オートリキシャ(auto-rickshaw)”
この車両は2輪メーカーのBajajが生産している”Bajaj RE ”のタクシーで、2スト、4スト、CNG(天然ガス)などのエンジン仕様があります。(首都デリーなどでは環境問題によってCNGのみの制限)

オートリキシャは1961年、イタリアのピアジオ社(PIAGGIO)がApe D型をベースにBAJAJにライセンス生産させたものが始まりで、1971年までPIAGGIOブランドでライセンス生産された後、BAJAJブランドとして今も生産され続けているのです。

そのスぺックは、リアエンジン、2スト単気筒 排気量145.5cc、4スト単気筒 173.5cc、全長2625mm、全幅1300mm、全高1710mm程のサイズを有し、庶民の生活に根付いた乗り物になっています。

Bajaj_RE_Panelvan.jpg
こちらは”Bajaj RE”の派生車のパネルバン仕様。
スーパーへの商品搬入かゴミ回収と思われ、積載量を増やすために、ルーフキャリアを装着していますね。

よく見ると、上の車両とスイングアームの長さが違っており、おそらく荷台を架装するためにはリア搭載のエンジンが邪魔になるので、シート下にエンジンを配置し、スイングアーム内にチェーンを通しているのでしょう。

Bajaj_GC.jpg
こちらは”Bajaj GC1000”と呼ばれるREシリーズのお兄さん的な乗り物です。
エンジンは4スト単気筒 416.6ccで、全長2960mm、全幅1478mm、全高2070mm、最大積載量425㎏。
ヘッドランプが2灯式になるなど、車両サイズの大型化と共に装備の方も豪華になっています。

Mahindra_Champion.jpg
こちらはジープタイプの四輪車を製造しているマヒンドラ社(Mahindra)のChampion。
Bajajのオート3輪車に比べると少数ではありますが、自動車メーカーだけあって、造りも自動車を意識してますね。まず目につくのはバンパーで、小ぶりなドアも取り付けられています。また雨の時にはルーフにロールアップされたスクリーンを降ろして完全防水(?)になるはずです。


国土交通省が進めている「超小型車規格」が導入されると、このような貨物車も登場するのでしょうか?
スポンサーサイト

| Indian trucks | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/165-5bac97d8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。