<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【光岡ビュート】 高田号がそこにいた

【商用車ネタではありません・・・】

2011年8月、都内のスーパーで怪しげな札幌ナンバーの光岡ビュート(初代)を発見。

わざとウェザリング(風化させた塗装)させたボディが変なオーラを出していたが、最近のカスタム車の一部でボンネットだけを錆に覆わせる手法が確立されているので、そうしたカスタムの一つだと思っていました。

Tantei_BAR_1.jpg
初代ビュートは、2代目マーチをベースにしたコンプリート車両で、フロント&リア周をジャガーMk2風に改造した一種のパイクカーです。

Tantei_BAR_2.jpg
ちょっと大げさすぎるウェザリングに違和感を感じたものの、携帯のカメラで一応撮影。


先日の休日に買い物に行った際、DVDを物色中にこのビュートの正体が分かりました。

こいつはなんと”映画出演車”だったのでした!

映画のタイトルは 「探偵はBARにいる」

この車の正体が分かり、胸の中にあったモヤモヤ感が一気になくなってスッキリしました。

Tantei_BAR_3.jpg
2011年の秋に公開された映画で、札幌のススキノで私立探偵をやっている大泉洋と、その相棒兼運転手の高田(松田龍平)が乗っていた車だったのでした。劇中の車の名前は「高田号」、肝心なシーンで調子を悪くする性格のようです。

ルパン三世の愛車であるFiat 500を多少意識したような車両チョイスですね。

機会があればDVDを見てみようかな。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。・・・・・・同型のビュートは「怪談レストラン」にも

はじめまして。
秋田県横手市(かまくらと焼きそばの町)出身・在住の20代です。愛車はU14ブルーバードSSSアテーサ(ブラック)で、現代の一部の車、80年代後半~90年代前半の車が主な好みです。ハンドルネームは、そのU14SSS「アテーサ」と、父の愛車であるT31エクストレイルライダーから取りました。(ちなみに父は以前Y32セドリッククラシックSVに乗っていて、中古ではありましたがなんと昨年初頭まで17年余り乗っていました。)

「探偵はBARにいる」は、本編の内容こそよく知らなかったのですが、事前にTVで放送されたタイトル名と予告はちらっと見ました。

実は、同型の初代ビュートはアニメにも登場していました。
2009年放映のテレビ朝日アニメ「怪談レストラン」16話で、主人公の小学6年生の女の子・大空 アコ(おおぞら アコ)のクラス担任、石本 ミチコ(いしもと ミチコ)先生の学生時代の友人(男性)の愛車として登場しました。

卒業前の冬、サークル仲間だったミチコ先生とその友人ら4人は、思い出づくりの大義名分のもと、ドライブついでに幽霊が出るとうわさのトンネルに出向きました。このトンネルは、車にひき逃げされた女性の幽霊が出ると有名で、夜にトンネルの中間でクラクションを3回鳴らすと現れるということでした。
所有者である友人ら前席の男性陣2人と、左後ろ(ミチコ先生のとなり)に座る女学生の計3人は、最初のうちは面白がっていて、お化け嫌いだったミチコ先生だけがただ1人乗り気でないまま、車はトンネルへ向かいました。

ゆっくりとトンネルに入り、所定の位置に停車してクラクションを3回鳴らし、しばらくはなにも起こらなかったのですが、運転している友人が「……オレのこと、信じてくれるよな……?」と、尋常ではないようすで聞いてきます。
そんな彼のようすを見た他の3人が思わず彼の足もとを見ると、運転席のフロアから2本の青白い腕が伸びて、彼の両足をがっしりとつかんでいました。
一部始終を目撃した3人は車を飛び出し、2人はトンネル後方の入り口へ逃げたのですが、ミチコ先生のマフラーがドアの取っ手にからみつき、一時的に身動きがとれなくなります。先生は必死に首に巻いたマフラーを振りほどき、一目散に先に逃げた2人を追ってトンネル入り口へ向かいました。

3人は、待っていれば彼もこちらに来るだろうと思ったのですが、一向に姿を見せないのでおそるおそる戻ってみると、彼も車の姿も見当たりませんでした。待っている間、走り去るエンジン音はしなかったので、パニックのあまり前進して前方の出口から出たとは考えにくく、3人は困惑しました。

その後、先生は卒業前後まで、彼の消息を一切つかんでおらず、会って話さえしていませんでした。

冒頭で、アコら教え子たちと授業の一貫で河川のクリーンナップをしていた先生は、川べりに置かれたスクラップ車数10台に出くわします。主に70~80、90年代ごろの車が平たくなって、無造作に積み上げられたその中に、ほぼ原型を留めた姿のビュートが置かれていました。
この車こそ、学生時代の先生が恐怖体験をし、所有者であった消えた友人の愛車その車だったのです。右後ろのドアには、先生の振りほどいたマフラーが取っ手にからみついたまま残っていました。(ただし、先生もアコたちも気づいていません。)
上記の先生の体験は、この後で過去の回想として語られたものです。

先生とアコらがその場を離れる際、後ろからクラクション(ヨーロピアンデュアルホーンのようなサウンド)が3回鳴り響き、先生は思わず後ろを振り返るのでした…………。

この話は、YOUTUBEに動画が投稿されています。「怪談レストラン 16」と検索すると、3つに分けられた怪談レストラン16話の動画が現れますが、その2つ目と3つ目に例のビュートが登場しています。よろしければご覧になってください。

| アテーサライダー | 2013/07/06 15:31 | URI | >> EDIT

アテーサライダー様
根っからの日産党の家庭で育ったようですね。
光岡ビュートのベースは日産マーチなので、気になるのでしょうか。

「怪談レストラン」懐かしいですね、上の子供が一時期ハマっていて、実写映画も見に行ってたりしました。 16話に光岡ビュートが出ていた事は全く知らず、先程YOUTUBEで見てみました。

最近ではアニメなどでは結構実車を忠実に表現していますね。 ちなみに広告や発表資料で車のイラストを使用する場合、特定の車種が分からないように架空の車種にすることが多いです。 その理由はお分かりかもしれませんが”クレーマー対策”なんです。 

| Route★ZERO | 2013/07/07 14:19 | URI |

ビュートの錆び具合が・・・・/サニーと車庫証明

こんばんは。ありがとうございます。

前のコメントで書きそびれてしまったのですが、冒頭の川べりのスクラップ車に混じって置かれていたビュートの車体の錆び具合が、ボディーの色こそ違うもののまさにこの「高田号」のウェザリングとほぼ同じような感じでした。
直接的な因果はないにせよ、あまりにそっくりだったのでコメントしたしだいであります。

先ほど我が家は日産党とおっしゃいましたが、実は昔はそうでもありませんでした。
父はY32の前は、やはり中古の赤のベンツ190Eに乗っていました。故障が多く、父はかなり苦労していた記憶があります。
さらにその前は、同じく中古の茶色い縦目のルーチェレガートにも乗っていました。故障はあまりなかったのですが、最後はドアの1か所が閉まらなくなり、190Eに入れ替えとなりました。「日産党」になったのは、Y32が入り、自分が数年前に免許を取って、初めての自分専用の愛車としてU14が入ったときからだと思っています。

ただし、父は自分が生まれるはるか以前(70年代)、B110サニーセダンに乗っていたことがわかっています。
数年前に仏間を整理していたとき、ある机の引き出しから昔の古い車庫証明が出てきました。

「B110 ダットサン サニー ハコガタ アキ5 ヌ ○○-××」

などと書かれていました。

「ダットサン」は、昔の日産車ブランドの古い呼び名で、「アキ5」は今の「秋田500」(少し前は秋田55・57・58・59)にあたる、地名1文字・数字1文字のシングルタイプの分類番号です。自分は「秋○○」という数字2文字の番号はよく見たのですが、1文字は見た記憶がありません。初めて見たのは、自分がいつも通る県道沿いのお宅の玄関先に停まっていた70年代の緑色のクーペ車(車種不明)でした。

例の車庫証明から、このB110サニーの現役時代の番号は、「秋5ぬ○○-××」という表記であったことがわかります。
残念ながらその車庫証明はいつしか捨てられてしまったようですが、昔をしのばせる、貴重な資料だったと思いました。

| アテーサライダー | 2013/07/08 01:48 | URI | >> EDIT

アテーサライダー様

親が昔乗っていた車なんて、意外と知らないもんですよね。
私の親についても、何を乗っていたのかを話したことは無いし(車名を知らないらしい)、写真も残っていません。

B110サニーの古い車庫証明が出てきて以来、この車についてもっと知りたくなったのではないでしょうか。
B110サニーと聞くと、日本一速い男”星野一義”をイメージします・・・

| Route★ZERO | 2013/07/14 22:21 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/167-15fb5ed6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。