<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Condor Wide】 荷台もキャビンもワイド×2

ここ数日、昼間の気温は30度を超すようになり、夏を感じさせるようになってきました。
夏バテする前に、土日と有休を付けて北海道に行く計画を立てており、新たな旧型トラックとの出会いに期待しています。

過去に北海道を旅した際には、「日産ディーゼル コンドル ワイド」のレアな車を発見。

UD_CONDOR_WIDE_1.jpg
5月連休前後はジャガイモの種付け作業を始める時期で、長い冬眠から覚めた小・中型トラックが農家の庭先や農地に停められており、その旧型車両を見かける頻度の多さに圧倒されます。このコンドル・ワイドも朝日が昇る時間から農作業の準備をしており、半分寝ぼけたかのような雰囲気でした。

過積載を繰り返したためなのか、キャブと荷台の部分のフレームが曲がっているように見えますが、どうなんでしょう。

UD_CONDOR_WIDE_2.jpg
1980年(昭和55年)12月より、”キャブ幅段差規制”が施行され、キャブ本体幅と荷台幅の段差を片側100mm以内に収める必要があり、三菱ふそうFKやいすゞフォワードは中型トラックのキャブを左右に広げたワイドキャブを登場させ、日野レンジャーはドア~ベッド窓付近のサイドパネルの幅を広げて対応。
そして日産ディーゼル コンドルは大型トラック(C系)のキャブを強引に搭載する手法を採用しています。

コンドルワイドの室内空間は大型並みという利点があるものの、全体のバランスが(特にフロントタイヤが内側に入り込み過ぎ)悪く感じます。
また、丁度この頃、左折時の歩行者巻き込み事故の問題があって、大型トラックのキャブを流用しているのにもかかわらず、左側ドアにはセーフティウインドウが取り付けられています。

この車両の残念な点は、ノンオリジナルのバンパー装着です。いすゞニューパワー(後期型)?と思われる、上下髙のあるバンパーを装着していて、ノーマルとはちょっと違った印象を感じます・・・


【Nissan diesel Condor Wide】
推定製造期間 1980-1983年頃

1980年10月、「コンドル・ワイド(4.25t積)」を発売した。
1983年に2代目コンドルが登場するまで、大型キャブを搭載したコンドル・ワイドはその短い生涯を終えたのでした。

絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 北海道
撮影日 2010年5月

スポンサーサイト

| Nissan diesel / UD | 20:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ワイドキャブもいるんですか…恐るべし北海道。
キャブ幅段差規制なんてのがあったんですね。1度だけ初代コンドルの後期型で標準幅+オーバーフェンダーの6トン車を見たことがあるんですが、あれはそれ以前の生産車と言うわけですか。
特徴的というか、C型がすでに後期であったのに、コンドルワイドは前期グリルがベースなのが良いですね。まあ、後期グリルベースだと濃い顔すぎてまとまらなかったんでしょう(笑)

ニューパワーバンパーは個人的にアリですね。ひとつ言うとナンバーが小さすぎですね。これに大判バンパーだったらバランスが良くなるかと。

| EP100 | 2012/07/13 00:00 | URI | >> EDIT

これは懐かしいですね。
確かこの時期、ふそうのFMも大型のキャブ+ナロウトレッドでしたね。
ダイナ・グランキャブもクラスは違えど同思想ですね。
今もやればいいと思うのですが。

確かこの頃は左巻き込み防止でキャブ段差による死角がクローズアップされていた記憶があります。
但し自工会の自主規制だったかとおもいます。
840フォワードの路面清掃車や1tクラスのキャブコンキャンパーの段差は10cmどころではなく、実際に運転すると死角は大きいですね。

この規制が後の2tワイドキャブをのせた4tの全幅を2、2m以下に抑える事になり、スリーパーとデイキャブ双方幅の違うの架装物を用意しなくてはならない事になり、デイキャブは2tワイドキャブ流用でなく4tスリーパーのベットを削ったショートキャブを載せることになります。

さて、このキャブの初出はs46で、510ブルーバードに始まる3角窓の廃止をトラックで初めて取り入れたC系キャブですが、安全窓の追加で当初の思想がぶっ潰されたのがご愛嬌ですね。
この年にはC系キャブはスクエアな欧州調のキャブにFMCしますから、古く感じましたね。
せめてグリルが4t専用品ならバランスも良かった気もします。

| 元はとばす | 2012/07/14 11:13 | URI | >> EDIT

ニューパワーのバンパーを装備しているだけあって若干不釣合いな印象を受けてしまいますね。
やはり大型トラックに付けるものだと実感しますね。


当時の増トンといえばこれの兄弟、コンドル6やふそうのFMですが当時は増トンのほうが需要があったのでしょうか、これら増トンの方が目撃例が多いような印象があります。


まあ、ふそうの方が多かったという話もありますが・・・。


何はともあれ北海道には毎回脱帽させられてしまいますね(笑)

| 車大好き兄弟 | 2012/07/16 17:13 | URI |

EP100様
キャブ幅段差規制は中型トラックだけでなく、小型トラックのワイドキャブ化が一気に進みましたね。

本文ではコンドル6の説明不足でしたが、この場を借りて説明すると、1979年に登場した6.25t積のコンドル6は中型車のキャブを採用していましたが、途中より(年代は不明)大型車のキャブを採用しました。

目撃された車両はおそらくコンドル6の前期型ではないでしょうか?

| Route★ZERO | 2012/07/16 23:12 | URI |

元はとばす様

ふそう増トン車のFMも中型トラックのFKキャブから途中で大型のキャブに変更されましたね。でも中型クラスのワイドキャブはFKキャブのワイド化で対応したんですよね。

1980年頃の私は小学校低学年でしたが、学校の授業で内輪差の話や車の死角などについて、担任がOHPで説明していた事を覚えています。同時にトラック協会の下敷きを生徒に配布したのを思い出しました。(裏面はトラックの写真、表面は交通安全に関する注意が書かれていた)
この時期は、歩行者巻き込み事故が社会問題になっていたのかもしれませんね。(今でいうアクセルとブレーキの踏み違え事故のように)

| Route★ZERO | 2012/07/16 23:30 | URI |

車大好き兄弟様

増トン車と4トンワイドボディの販売数についてですが、4トンワイドボディの方が多かったのではないでしょうか?(未確認で失礼)

増トン車は8スタッドのホイールという足回りの迫力や速度表示灯などで印象に残りやすいのかもしれません。ふそうFKやフォワードの4tワイドボディは左右にストレッチしただけなのでパッと見だと標準幅と見分けられないですから。

| Route★ZERO | 2012/07/16 23:39 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/173-122270fb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。