<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Mega Truck】 フランス製の小粋なトラック

自動車業界は低炭素社会の実現に向けて、大手自動車会社も電気モーターを利用したEVの開発・販売をするまでに至りました。とはいってもEV自動車は100年以上も前に発売していたものの、内燃機関との競争に一度敗れた歴史があります。

いつかは石油枯渇による燃料費アップとEVインフラが整うことで、EV車の普及が一気に進むのは間違いないのですが、それがどのタイミングなのかは誰も予想できていません。

Mega_Truck_1.jpg
国産商用車においてのEV自動車は2011年末に”MINICAB-MiEV”が発売されましたが、海外に目を向けると私たちの知らないEV商用車があります。

その一台がこれ、「Mega Multi truck」

フランスに本拠を置くエクサム・メガ社(1983年創業)は、無免許で運転できるクワドリシクル(マイクロカー)の分野ではトップシェアを誇り、乗用車のエクサムと商用車のメガの2つのブランドを持つ企業です。マルチトラックはパワートレインをフロントに搭載し、EV、ディーゼル(クボタ製)、ガソリン等が選べ、パネルバン、ピックアップ、ダンプなど様々なボディを用意しているのが特徴です。

ドイツ シュトゥットガルトで撮影したMega パネルバンは、BIONADEというオーガニック清涼飲料水を運搬するボトルカーとして使われている車両のようですが、同行していたドイツ人にMegaについて尋ねると、「知らない・・・」と素っ気ない返事。

Mega_Truck_2.jpg
クワドシクルの車両規格によって、エンジン車は400cc以下、最高速度45km/hまでという縛りがあり、普通車との混合交通の中では邪魔な存在かもしれませんが、EVと低排気量ディーゼルを搭載しているので”環境アピール”には好都合なのでしょうね。

各機能部品毎のモジュールを部品メーカーから調達し、組み上げたような構造を採用し、車体はアルミ製ラダー・フレームに、樹脂製のボディが搭載されています。(着色されたボディはウレタン樹脂製のようです)

日本でも2011より、正規日本代理店であるエクサム・メガ・オートモビル・ジャパンから日本の軽規格に合わせてMegaを発売しているようですが、未だに一台も見たことがありません。

日本での車両価格(価格は発表当時)
EV車(シャーシ・キャブ)リチウムイオン電池仕様(助成金対象)485万円~
EV車(シャーシ・キャブ)鉛電池仕様(助成金対象外) 285万円~
ガソリン車(シャーシ・キャブ)189万円~

軽トラックであれば60万円から買えるので、価格的に大きなハンデがありますね。
それとEV車の問題点はヒーターによる暖房が不得意なので、キャンピングカーで使っているような”べバスト・ヒーター”のようなものを付けないと冬場は辛そうです。
スポンサーサイト

| Other European | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/174-8a6f30e0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。