<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

北海道のトラック事情

北海道で見かけるトラックといえば、企業が保有している最新式トラック(トレーラーが多い)もあれば、牧場や農家が個人所有している旧型トラックもゴロゴロしているし、自動車に占めるトラックの割合も非常に高い土地です。

また、降雪地であり不整地も多く、全輪駆動トラックなどの特殊なトラックやも頻繁に見かけます。私のようなメカ好き男子にとっては、何もかも刺激的で勉強させられる一面もあるのです。

Hokkaido_Volvo.jpg
画像はVolvo FH系・・・Globetrotter(ハイルーフ)でなく標準ルーフは珍しい。


ブログをお読みの方は
「何故こんなに古いトラックが多く生存しているの?」
と思いでしょう。


その理由を古いトラックを所有している酪農関係者に聞くと、

①【ディーゼル車規制の対象外】 
  自動車NOx・PM法の基準をクリアしていなくても公道を走れる。
②【年間の走行距離が少ない】  
  狭いエリアでの使用がメインで、一年を通して使う期間も限られる。
③【車の保管条件が良い】     
  ガレージや倉庫等で保管されているので、紫外線や雨風から守れる。
④【普段から整備されている】   
  オフシーズン等に自分で整備したり、定期的に整備業者が来てくれる。
⑤【気象条件】            
  夏日が少ないので、クーラー無しの車でも我慢できる。

また「まだまだ使える」や「エンジンの調子がいい」と聞くことが多く、
買い換える理由はないとのこと。

Hokkaido_Forward.jpg
Isuzu Forward 中期型 (1980-1984)
普通免許で運転可能な小型~中型トラックがほとんどを占めており、
大型トラックは敷地内限定での使用は見かける。
(新旧含めた軽トラックは積載効率が悪いためか極端に少ない)

Hokkaido_Dyna.jpg
Toyota Dyna後期型 (1972-1977)
平ボディ車であれば、より多くの荷物を運べるワイドボディ仕様が珍しくなく、
最大積載量を●えて積むのは日常的だとか。
ダンプ仕様は “土砂厳禁” の幅広+ロングというスペシャル架装を行っており、
一部メーカーでは『十勝ダンプ』と呼ばれています。

トラックの撮影許可をもらうために話しかけると、「こんなボロでもいいの?」とか
「汚れているよ?」と言う人もいれば、「どうだ!年代物だろう!」という方もいますが、
ほとんどの方が長年苦労を共にしたトラックに愛着を持って接しているように感じます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

友達の勤めてた会社には未だにZMダンプといすゞニューパワーの前の直6のダンプが保管されてるはずです。数年前までは現役だったのは間違いないです。
近所の砂利屋には日野HHの重トレーラーに近くの水産加工場にはC系UD(ダルマ)の重トレーラーヘッドも置いて有りました。今考えるとお宝ばかりの道東地方でした…

| ミスター | 2012/08/22 00:37 | URI |

重要かつ最大の理由は「所得」の問題です。
これを言ってしまうと元も子もないんですが(苦笑)

無論排ガス規制の件も大きいですが、日本の地方は疲弊しきっています。
先日、高校の同級会が
ありましたが、そのほとんどが「地元に愛着はあるけれど・・・」と大学に進学したきり都会から戻ってきません。
ましてや北海道などの第一次産業中心の場合、一部勝ち組の例外をのぞくと価格競争は更に厳しさを増しています。

趣味ならいざ知らず、生産財として車を使う立場では車も更新したいのが本音。
でも先立つものもなく、とりあえず年に何回か動けばよい場合、結局は下手な中古を買ってくるより今までの車を騙し騙し使う方が支出が少ない・・・という結論になるのです。

趣味の世界に現実社会を持ち込むのも野暮ですが、管理人さんが敢えて書かなかった最大の理由を本当に気づかない方もいらっしゃるかもしれないと、雰囲気壊すかもしれませんが敢えて書き込みました。
地方の自営業の厳しさをこの古いトラックが物語っています。

| 元はとばす | 2012/08/22 13:11 | URI | >> EDIT

ミスター様
いすゞニューパワーの前というと、1970年代前半のSPZかSRZ辺りでしょうか。この型は10年以上見た記憶がありませんね。

平成初期であれば、各地で日野ZMダンプやら日野HH重トラクタやら見つけるのに苦労はしなかったのですが、当時は遊び盛りだったし、デジカメが普及していなかったので、気軽に写真撮影出来る環境ではなかったですね。

実にもったいない日々を過ごしたもんです。

| | 2012/08/28 02:11 | URI |

元はとばす様

コメントの通り古い車を使い続ける理由として、経済的な理由が大きな問題ですが、デリケートな部分なので控えていました。

記事を書くにあたって、私自身メーカーや車種によって好き嫌いはあるものの、読者に出来るだけ不快な思いをさせないように心掛けているので、ズバッと的を得た文章とはいかないのが悩ましくもあり難しいところです。

第一次産業だけでなく、円高による国内製造業の不振/海外移転など、経済がズタズタになっています。       
「国民の生活が一番」と言っている政治家は何のために居るんでしょうかね。

| Route★ZERO | 2012/08/28 02:47 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/181-52085c97

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。