<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【トヨタ ダイナ】 超レア車の超低床キャブ

私がまだ小さかった頃、家に大勢の人が集まると、近所の酒屋さんまで1L瓶ジュースの買い出しに行ってたっけ。
1970年代までは、コーラ、ファンタ、スプライトなどの主要ジュースは”リターナル瓶”で販売されており、飲み終わった瓶を販売店に持っていくと1瓶あたり10円(?)でキャッシュバックできたのです。

1982年頃より重くて嵩張りがちな瓶から、軽くて形状の自由度のある”ベットボトル”が導入されたことによって、配送トラック”ボトルカー”も変化していきました。

そのボトルカーの歴史で、最近のモデルではありますが異端児をご紹介いたします。

Dyna_Easy_Riding_1.jpg
数年前、青森県をツーリング中に突然の雨に見舞われ、ドライブインで雨具の準備をしている所に一台の珍しいボトルカーが入ってきました。6代目になるダイナですが、なんだかキャビンの搭載位置が変ですよね。

これは1997年から1999年にかけて販売された「トヨタ ダイナ イージーライディング」

ドライバーの乗降頻度が多い配送用のルートトラックなどに向けて、イージアクセスが出来るように配慮されたキャビンのレイアウトになっているのが特徴で、フロントアクスルはキャビンの後方にあるので、ハンドル操作や旋回の感覚などは、ノーマルに比べるとかなり違和感があると思います。

「イージーライディング」が発売された当時、経済新聞の新車紹介の記事で見た時の第一印象は「うわっヘンテコな車が出てきたなぁ」と思ったのです。短い販売期間と一代で終了したことから判断すると、世の中に出回った車両数は極めて少数でしょうし、登場から10年以上も経過していることもあり、現役車も少なくなってきている事でしょう。

Dyna_Easy_Riding_2.jpg
キャビンの搭載位置を前側へ移動することによって問題になるのが”アプローチアングル”の確保。

アプローチアングルとは、フロントのタイヤの接地点からバンパーの下端にかけて道路と干渉しないようにある一定の角度を守る設計要件です。この要件をクリアするためにフロントバンパーは丸パイプを曲げただけの天地の薄いタイプを装着しています。

ドアパネルはコストの問題もあってノーマルを流用しているのですが、フェンダー周辺は複雑で独特な形状になっています。鉄板での成型は無理なのでFRP等の樹脂素材で出来ていると思います。

Dyna_Easy_Riding_3.jpg
こちらのイージーライディングは福岡県で見かけたものです。
イージーライディングはコカ・コーラのボトルカー以外に佐川急便などに納入されたと聞きますが、コカ・コーラの場合はワイドボディを使っていたようです。(ワイパーが3連になってます)

Dyna_Easy_Riding_4.jpg
参考までにナローキャブのイージーライディング。
こちらの車両は神奈川県の自動車整備工場が所有しているもので、画像では分かり難いのですが、JAFレッカー仕様になっています。
スポンサーサイト

| Toyota | 21:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

佐川の集配車を見かけたことがあります。
ワイドキャブだった気が・・
でもワイドキャブだと全幅2150はありそうですね。
このKC-ダイナはこのイージーライダー→フルジャストロー→標準→高床4WD→高機動シャシスーパーダイナと標準幅キャブに限っても5種類のキャブ搭載高さがあったんです。
今じゃトヨタはコースター含めハイエース超のトラックバスは全くやる気がありません。
いい時代でしたね。

ところで同じ様に消滅してしまった低運転台のスーパーハイデッカバスは案外運転し易いですよ。
最初は先入観で運転しずらいと思っていましたが、かえって路面が近くてよく見えて杞憂でした。
衝突安全にはダイナ共々問題ありでしょうが。

| 元はとばす | 2012/09/25 00:28 | URI | >> EDIT

元はとばす様

私の方は佐川のイージーライディングを見たことがないですね。1995年に発売された6代目ダイナは多くの種類があったのですね、当時の開発タイミングと期間の長さからバブルの影響を多少受けていたのかもしれませんね。

潜入感というのは怖いもので、普通乗用車(全長4765、全幅1800)よりもサイズ的に小さい小型トラック(全長4690、全幅1695)なんだけど、「大きいから怖くて運転できない」という人も多いんです。

未だに5ナンバー乗用車が支持される一つの要因が、”幅の狭い車=運転しやすい”ですから。

キャブオーバーやバスの低運転台車は、正面衝突した事を考えると怖いですね。(乗用車よりも車重がある分、衝突エネルギーは膨大ですし)

| Route★ZERO | 2012/10/02 08:12 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/184-3b8aced7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。