<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ボルボ F16】 80年代後半の旗艦トラック

高速道路のSAやPAなどで、国産大型トラックに混じって見かけることがある外国製の大型トラック。平成以降に日本で販売していた海外のトラックメーカーは「Mercedes-Benz」「Scania」「Volvo」といったところですが、Mercedes-Benzは現在、日本市場から撤退してしまいました。

Volvoの大型トラックといえばFH/FMですが、その前身であるF16をご紹介します。
1989年にいすゞとボルボトラックが輸入販売を締結。これによって1990年5月よりいすゞの販売店を通してホルボF16が発売されたのでした。
(販売終了は1994年頃だったかな?)

Volvo_F16_1.jpg
今ではほとんど見かけることが無くなったボルボF16(6×4)を北海道で発見。
だだっ広い駐車場に置かれていた重量物運搬車ですが、他に気になる車両があったために遠目から撮影したのみです。もうちょっと細部を見ておけばよかったと後悔。

このボルボF16は1987年に刷新された大型トラック。
最大出力400馬力以上クラスの欧州トラックメーカーに対抗するために、4バルブ直列6気筒インタークーラー付ターボのTD162Fエンジン(465馬力)日本仕様はTD162FJ(450馬力)と、最新の12速ギアボックスを採用。また、ABSなどの安全装備も搭載されていました。

キャビンは空力性能を突き詰めたというよりは室内空間の確保を優先にしたようで、スクエアなデザインとなっています。

Volvo_F16_2.jpg
同じく北海道で見かけたボルボF16(4×2)。
関東ではボルボF16を見かけないけど、北海道では少数が走っているようです。

上の写真のノーマル車もいいのですが、画像のF16はディティールアップによって更にカッコよくなっています。鏡面仕上げのフロントバンパー、ステップ、フェンダー周りは、塩害地のための錆対策かもしれませんね。

欧州トラックでは一般的な10穴スタッドにアルミホイール、更には煙突マフラー(Smoke Stack)が取り付けてあるせいでアメリカンC.O.Eのようにも見えますね。

Volvo_F16_3.jpg
こちらは三重県の運送会社の正門横に鎮座してあるボルボF16。
現役を退いてから数年が経過しているようですが、目立った痛みもないようです。
スポンサーサイト

| Volvo (sweden) | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして。

先日都内某所にて2枚目の車両と同じ会社のF16を見かけました。(北海道のナンバーでした。)画像の車両とは違う個体で、フルノーマルの状態で、速度表示灯も外されていました。

| YOSSY | 2013/03/20 21:16 | URI | >> EDIT

YOSSYさま

情報ありがとうございます。
都内に乗り入れているF16があるとは知りませんでした。
まさか、2枚目の車両を所有している会社は複数台持っているとは・・・

| Route★ZERO | 2013/03/27 21:34 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/205-066be88f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。