<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ダイハツ デルタ】 ブサイクなのにカッコイイ!

先日は有休を利用して、借り物の最新型の軽自動車を試乗してきました。
高速道路、ワインディング、一般路等すべて体感するために選んだ目的地は山梨県。

家族から「桔梗屋のグリーンアウトレット1/2”で信玄餅の詰め放題ね!」というミッションを受け、開店15分前に桔梗屋に到着するものの、バスツアー客の参加者たちですでに行列ができていました。詰め放題の成果は信玄餅13個と水羊羹のようなもの2個。これ全部で210円なら物凄く安いですね。

晴れて自由の身になり、山梨県内をブラブラと旧車の探索を開始。

Daihatsu_Delta_1_yama.jpg
数年前より初代ダイハツデルタを目撃している場所に行ってみると・・・

いたいた! デルタっ!

セミキャブオーバースタイルに丸みを帯びたデザインはまるで”おやじ”を思わせます。
小さかった頃はエルフやキャンターの方が好みだったので、デルタには何の感情も湧かなかったのですが、大人になってみて・・・いや、おやじの年齢になってきて初代デルタの良さが分かってきました。

仕事ができれば、見た目は関係ないんです!

皆が幸せになれば素敵に見えるんです!

Daihatsu_Delta_2_yama.jpg
初代デルタのダンプといえば”3転ダンプ”のイメージが強いのですが、この子は一般的なダンプ仕様でした。

キャブの後ろにはスペアタイヤを設置していますが、同じプラットフォームを使うトヨタダイナは左側のリアタイヤ前方に斜めにセットされている事が多いですね。

セミキャブオーバーはキャブオーバーよりもホイールベースは長くなり、高速安定性はいいけど小回りに不利になります。デルタダンプのホイールベースは2,730mmで最小回転半径の5.9m。 当時のキャブオーバー型ダンプのエルフ、キャンター、タイタンなどの最小回転半径は5.2~5.4mと圧倒的に不利になります。

Daihatsu_Delta_3_yama.jpg
フロントにDIESEL 3000とあるから、形式は2トン積のDV28Dと推測。 水冷直列4気筒 2,977cc、85馬力のB型ディーゼルエンジンを搭載し、最高速は85㎞/hほど。 このエンジンユニットはトヨタからの受託生産されたものだと言われています。

顔まわりのデザインは兄弟車のダイナよりも複雑で凝った作りになっており、ヘッドライトの位置もダイナより若干上方にセットされています。


【Daihatsu Delta (DV28D)】
推定製造期間 1972-1977年


1970年10月、ダイハツVシリーズ、Dシリーズの後継としてデルタシリーズを発売。
車名の由来はダイハツのDのギリシャ語読みからとったものである。
1972年3月、デルタのマイナーチェンジを行い、同時にB型ディーゼルエンジンを搭載したディーゼル車を追加した。
1977年9月、デルタ・シリーズをフルモデルチェンジ。

絶滅度 ★★★★☆
レア度 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 山梨県
撮影日 2013年2月


Mazda_Titan_yama.jpg
甲府盆地は70年代の2tクラストラックの宝庫。
希少モデルの日産バイソン、キャブオール、初代タイタンなども見かけます。

画像は自動車整備工場の敷地に置かれた初代タイタンのレッカー車。
撮影の際にアルトに邪魔されましたが、無事な様子で安心しました。

2_Toyota_Celica.jpg
乗用車では旧車イベントでも見かけない”2代目セリカ前期型”を発見。
さすがにボディやシート表面には年式相応のヤレが目立ちますね。
スポンサーサイト

| Daihatsu | 23:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダイハツは2tのパイオニア。
ベスタ→v2000の頃からセミキャブでしたね。
デルタは1972にマイナーチェンジとありますが、それ以前のデルタはどんなグリルだったのか、思い出せません。
機会があればご教示ください。
さて70年代までは、1.5tを境にトヨタは上のクラスがセミキャブ、下がフルキャブ、変わって日産は上がフルキャブ、下がセミキャブでしたね。
セミキャブは小回り、荷室長で不利ですが、この辺は当時問題にならなかったのでしょうか?
今なら衝突安全等でメリットもあるでしょうが、他の理由が知りたいですね。

| 元はとばす | 2013/03/01 14:21 | URI | >> EDIT

知っている車両ばかりでにやにやします(笑)

2t車だといろいろなモノがいるのがこの辺りの良いところですね。先日、甲府市のど真ん中で初代タイタン前期を見つけたときはさすがにビックリしましたが。

この型のデルタも僕は他所では見たことが無いです。3代目ダイナの現役もいなくなってしまったようで、このキャブの現役車を見るのはますます大変になってます…。

| EP100 | 2013/03/01 18:07 | URI | >> EDIT

2代目セリカいいですねー。
どノーマル、シートカバー、そしてXTという微妙なグレード(もしかしてOHV?)。
年配の女性が新車からずっと乗ってきて、歳とって手放したような感じですね。
こういうパーソナルなクーペが現在のラインナップからなくなってしまったのは
とても残念です。

| handam | 2013/03/02 09:33 | URI | >> EDIT

2トンキャブの「一方の雄」としてダイハツ・デルタ、小生も幼児期だった1970年代前半~半ばまで一定数見かけました。
何しろ小生の住む埼玉県志木市では1977年頃までゴミ収集車はデルタ2000の2000ガソリンで、同年の末辺りにやっとT200型三菱キャンターに代わったぐらいです。
さて、セミキャブの初代デルタの時代には骨格・シャーシーを共有するトヨタダイナU10型がショートボディの4ナンバーシングルタイヤ低床バージョンまでダイハツ謹製「B型3000ccディーゼル/85馬力」を搭載していたにも拘わらずダイハツデルタは3000ディーゼルは「ロングボディ」「ダブルタイヤ」「同ダンプ」の三ボディのみに絞られており、4ナンバー系はシングルタイヤ版は高床・低床ともにDG型2530ccディーゼル/75馬力のみの設定になるなど「エンジンの製造元」ダイハツは親会社トヨタに頭を下げて中々思い通りにバリエーション拡充ができなかった点、いかにも「羽をもがれた鳥」を見る思いで哀愁をそそるのではないでしょうか。

| 真鍋清 | 2013/03/02 19:46 | URI |

こんばんは。
先日山梨県に行った際に色々発見しました。
タイタン、バイソン、風のレンジャー、ZMなど…少し走っただけでこれだけ見れたのは驚きでした。
まだまだ隠された名車がいそうですね。

| カネヒデ | 2013/03/02 21:30 | URI | >> EDIT

元はとばす様
1972年のマイナーチェンジではエンジンが変更されているようです。(外観上の変更はよく分かりません)
1972年から1973年にかけてウインカーレンズの形状が変更されていますが、よく見ないと気付かないかも。

兄弟車のトヨタ・ダイナはフロント周りが大きく変更されているのに、デルタの方は大きなデザイン変更はなかったですね。

セミキャブ方式といえば、1998年以降の軽トラックの衝突安全対応で各メーカーの対応が分かれましたね。

安全を重視してセミキャブ方式を採用したホンダ・アクティ、三菱・ミニキャブ、スズキ・キャリイに対し、使い勝手を重視してキャブオーバー型にしたダイハツ・ハイゼット、スバル・サンバーでしたが、結果的にキャブオーバー型に収束した形になってしまいました。

セミキャブオーバー型のロングホイールベースでは、これまでの田んぼ道での切り替えしで、何度も切り返すといった苦情が多かったそうです。

| Route★ZERO | 2013/03/04 22:43 | URI |

EP100様
久しぶりの山梨でしたが、80年代のトラックが少なくなってしまいましたね。そうした中でのセミキャブオーバースタイルのダイナやデルタはかなり貴重になってきました。
北海道ならばこの型のダイナは多少見かけるものの、デルタはあまり見ないですね。

handam様
ブログの趣旨とは違った車両を掲載しましたが、この型のセリカは初代よりも見かけませんね。グレードの方も微妙なようで。街道レーサー的なカスタムでなく、ノーマルというのがいい感じです。

| Route★ZERO | 2013/03/04 22:52 | URI |

真鍋清さま
デルタのゴミ収集車を見てみたかったですね。私の小さかった頃は、家庭の焼却炉でゴミを焼いていたので、ゴミ収集車の記憶はありません。

ダイハツはトヨタグループの一員として軽自動車に特化することになり、小型トラックは同じトヨタグループの日野に任されるようになっちゃいましたね。

また、ダイハツは普通乗用車の参入も出来ないので、多少不満があるかもしれませんね。

| Route★ZERO | 2013/03/04 23:02 | URI |

カネヒデ様
一度にタイタン、バイソン、風のレンジャー、ZMを発見するとは、ラッキーでしたね。特に山梨県は古い大型車は少ないので、ZMを見つけた時はビックリしたのではないでしょうか? 隠された名車の発見を期待しております。

| Route★ZERO | 2013/03/04 23:07 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/206-981e2279

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。