<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【三菱ミニキャブ】開発中止のお知らせ

2013年5月30日、三菱自動車は軽トラックなど商用車の新規開発を中止する方針を決めた。 生産台数が少なく、採算も取りにくいため生産も段階的に縮小。 日産自動車と共同開発した軽乗用車や電気自動車(EV)などに経営資源を集中し、商用車はスズキから調達する方向で調整する。三菱自は再建に向けて優先株処理と復配を急いでいる・・・

2012年4月にスバルがサンバーの自社開発・生産が中止したのに続き、今度は三菱がミニキャブが撤退のニュースに驚くばかりです。でも、ある程度予測は出来ていたんですよね。

三菱自動車は電気自動車に開発資源を集中したため、従来のガソリン車のモデルチェンジは遅れに遅れ、一世代前のモデルを売っている状況。最近の新型車ではアウトランダーP-HEVが販売当初は好評なスタートをきったものの、駆動用リチウムイオン電池の不具合が発生して、ボーイング787機のバッテリートラブルと相まって評判を落とす結果になってしまいました。また、リコール隠し問題によって企業イメージの低下も致命的でした。

参考として国産自動車メーカーの研究開発費(2011年度)の結果を見てみると
①トヨタ自動車 8,733億円
②本田技研工業 5,821億円
③日産自動車  4,793億円
④スズキ    1,230億円
⑤マツダ    1,027億円
⑥富士重工業   539億円
⑦三菱自動車   392億円 
(※ダイハツはトヨタと合算か?)

明るいニュースとしては、6月には日産・三菱の企画開発会社であるNMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)よりニッサンDAYZと三菱EKワゴンのハイトワゴンタイプの軽自動車が発売になります。表向きは「ニッサンの高級感と品質と三菱の軽のノウハウを融合させた」と言われているけど、実は軽自動車の開発ノウハウを持たない日産が研究開発費を負担し、資金力の乏しい三菱が開発したものと想像できます。自動車業界内では軽自動車領域で元気のない2社が手を組んでもしょうがないのでは?との厳しい意見も聞かれます。

軽トラック・バンに話を戻すと、自社開発しているモデルはスズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼット、ホンダ アクティの3車種。キャリイとハイゼットは車両価格の安さから価格コンシャスなユーザーに支持されており、アクティはMR方式という独特の駆動方式によって空荷での走行性も良く、耐久性で優位であるものの、車両価格が他の2車よりも割高なのが欠点。(注意:私の認識上)これ以上軽商用車のモデルが消滅しないことを祈ります。

MINICAB_5.jpg
画像は2011年8月に岐阜県で目撃したレアな「ミニキャブ5」
軽の規格変更に伴って1976年4月に誕生した過渡期モデルで、パワフルかつ静粛性に優れる500cc・水冷4サイクルエンジンを搭載し、ボディの新設計にともない荷台長も拡大。

1977年3月には、ミニキャブ5をベースにボディサイズと排気量を軽規格いっぱいまで拡大(550cc化)。車名も「ミニキャブ ワイド55」に変更されたため、「ミニキャブ5」は実質販売期間は1年と短命モデルでした。
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 13:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

三菱の軽商用中止の報に驚きました。
というか、以前軽の車種整理の話が新聞に載ながらも、その後中止していたパジェロミニ後継車の開発がスタートしたなど明るい話題も聞いていたので・・・。
日産にも『クリッパー』としてOEMしていたはずでこちらも鈴木OEMになるのでしょうか?
本田も次期アクティバンは無しとか。

我々の幼少期の70年代中盤は、例えば同じ日産でも旧プリンス系と日産系の商用車が2tクラスやマイクロバスでも作り分けていましたし、トヨタでもライトバンはコロナとカリーナをわざわざ作り分けるなど理由の如何はともかく、豊富な車種は当たり前かと思っていました。

趣向性の強い乗用車ならともかく、軽トラなんてどこも一緒だろ?、みたいになってしまうのは自由主義経済下では致し方ないのでしょうが、商用車好きにとっては不遇の時代ですね。

| 元はとばす | 2013/06/02 21:10 | URI | >> EDIT

ミニキャブも統合ですか…
サンバーという軽トラ界の重鎮が消えた時はショックでしたが、まさか三菱も…5ナンバー乗用モデルが廃止された時点でなんとなく察してはいましたが、いざ決まってみると寂しいものです。

ミニキャブ5!!実は良く見る現役個体があったんですよ。1度走行中なのを撮影できました(ブレブレだったんですが)が、それ以来、畑の奥に入っている姿しか見られず、それがつい先月新車の現行ミニキャブに変わっていました。

それにしても、あっという間にこちらでも550cc初期までのモデルがいなくなってしまいました。
先月も1台、4代目ハイゼットがナンバー外してましたし…

| EP100 | 2013/06/07 14:27 | URI | >> EDIT

元はとばす様
日産クリッパー(軽トラック)は、スズキ・キャリーをOEMすると聞きました。Hondaはどうなんでしょう?

小型の商用車は統合化が進み、無難な車種しか残っていない状況で寂しいですね。

経済が明るい見通しがあって、企業や消費者に体力 がつけば、またいろんなアイディアの商用車が登場するかもしれませんが、その頃になると海外で生産された小型トラックを輸入しているかもしれません。

| Route★ZERO | 2013/06/08 11:47 | URI |

EP100様

サンバーが消滅したのは驚きでしたね、赤帽の特別仕様サンバー(赤いシリンダーヘッド)伝説が強烈なインパクトとして残っています。またRR駆動であったため、田んぼのポルシェと呼ぶ人もいたり。

そちらのミニキャブ5の画像を見せて頂きましたが、オリジナル度が高くていい感じでしたね。運転手も帽子の上から手ぬぐいを頭巾のように結んでいて、昭和という感じでした。

| Route★ZERO | 2013/06/08 12:09 | URI |

昔の三菱は質実剛健だったんですけどねぇ。。。

海外では『MITSUBISHI』から『FUSO』へブランドを切り替える地域があるそうで。がんばれ三菱! 

ところで画像のミニキャブ5のカラーリングですが、ディーラーのサービスカー上がりのような気がします。
初代ランサーやΣのバンが思い浮かびます。

| 純自家用 | 2013/06/08 18:03 | URI |

純自家用さま
海外では三菱が好調な地区と言えば、東南アジアやロシアなどのインフラが整っていない地域に人気があるというイメージです。

国内においては90年代後半からのGDI(直噴)エンジン化を積極的に進めたのですが、エンジン内のカーボン蓄積によるトラブルが続出し、その後はリコール隠し、i-MiEVが思ったよりも売れない・・・負の連鎖に苦しんでいますね。

画像のカラーリング、言われてみるとサービスカーで見たような気もします。

| Route★ZERO | 2013/06/11 07:02 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/219-4720c53e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。