<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Fuso T65 Series】 ムック本で思い出した車

2012年6月30日に ”昭和40年代の東京トラック風景”というムック本が発売され、個人撮影の貴重なトラックの写真に驚きを持って拝見しましたが、同様の ”昭和40年代のトラック風景”というムック本が昨日8月3日に発売されました。

自宅に近い本屋の2店舗はどちらも取り扱っておらず、ちょっと離れた大型の本屋で何とか入手することが出来ました。

Trucks_Special.jpg
定価2,500と高いのですが、映画「トラック野郎」が上映されるよりもはるか前に撮影されたトラックばかりで、歴史的な資料として十分すぎる質の高い内容でした。

紙面に登場するトラックは単車系のトラックのみではありますが、鮮魚・海産物輸送車両が集まる港や市場で存在感を出すために、キャビンはメッキパーツと少量のアンドンでグレッドアップした装飾を施され、ボディには看板文字を描き存在感を主張したトラックたちの姿を拝むことができます。

写真に収められたトラックは、ふそう大型トラック(T810系、T951)ふそう中型トラック(T620系、T650系)、日野大型トラック(60年代のKB型)、日野中型トラック(KM型、KL型)、日産ディーゼル・サングレイト辺りが豊富に登場しています。中でも日野レンジャーKMはネット上でも画像が少ないので、とてもありがたく感じました。(いすゞ車は少ない)

Fuso_T65Series_Mie_1.jpg
このムック本に登場するトラックを見ていると、2008年の夏に三重県で撮影した三菱ふそうT65系アルミバンを思い出します。 このT65系は撮影地、車両の年代、飾り具合など、ムック本時代の車両に非常に近い印象です。

フロントグリルのメッキは剥げてますが、メッキバンパーやSTDホイールキャップとともに豪華に仕立てており、シートキャリアには山型アンドンを2つ、呉羽製アルミバンの前面に大型の山型アンドンを取り付けていますが、残念ながら文字は読むことが出来ません。 また、当時はキャビンに帯を入れていたり扇形の2トーン色に塗装されているのが一般的だったようですが、純正色アラスカグリーンのままというのは珍しいかも。

後期型グリルの装着と上部支持のミラーステー形状、フロントパネルの4.5tonのエンブレムなどから、1972年から1973年頃の車両と推測しています。

Fuso_T65Series_Mie_2.jpg
色褪せてしまっていますが、ドアパネルにはリベット留めされた ”魚河岸プレート”がしっかり残っています。

鮮魚・海産物輸送用のトラックには欠かせないシンボル的なモノですね。

Fuso_T65Series_Mie_3.jpg
リアの観音扉にはマンガチックな鯛のイラストと波しぶきが描かれており、シンプルながら個性的な絵柄ではないでしょうか。

ボディ側面には看板文字が入っていたと思われますが、消されてしまっています。
スポンサーサイト

| Mitsubishi / FUSO | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/226-5d652620

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。