<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【番外編】 24年前の伝説の走りが蘇る

古い商用車を取り扱う当ブログに関係のない記事ですが、
今、モータースポーツファンの間で話題のCM映像に衝撃と感動を覚えました。

1989年 Formula-1 日本GPの予選で、Mclaren Honda MP4/5を操るアイルトン・セナが鈴鹿サーキットのコースレコード(当時)を樹立するスーパーラップを叩き出し、2位のA.Prostに1.7秒の差をつけてポールポジションを獲得しました。

この時のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを元に、鈴鹿サーキット1周分のエンジン音を再現。エンジン音は動態保存されている実車より音を収録したほどのこだわりよう。さらに、実際の鈴鹿サーキットのコース上にスピーカーとLEDライトを設置し、アイルトン・セナの最速ラップをエンジン音と光の演出で再現した。

Sound of Honda - A.Senna 1989

一般的な発想であればCG動画で再現するところですが、本物の鈴鹿サーキットを使い、音と光で伝説の走りを再現するという発想と、プログラミング、機材の設置作業など、スケールの大きさにビックリ。

このCM映像は約1ヶ月の間に約170万の再生回数という多さで、特に海外からのアクセスが多いのも特徴です。

Mclaren_Honda_MP4-5.jpg
画像はツインリンクもてぎに展示されていた1989 Mclaren Honda MP4/5。
(カーナンバー1がA.Senna車で、2がA.Prost車)

1989年 日本GPの決勝では47周目のシケインで、トップを争うA.SennaとA.Prostが乗る2台のMclaren Honda MP4/5が交錯。しかしA.Sennaはレースを諦めず、オフシャルにマシンを押してもらいシケインをショートカットしてコースに復帰。

ピットインしてフロントカウル交換している間に順位を落とすものの、怒涛の追い上げにより1位でチェッカーフラッグを受けるのだが・・・

A.Sennaのレースリザルトは失格。

失格の原因はシケインのショートカットによるもの。また、同僚のA.Prostとはこの日を境に犬猿の仲となってしまうのでした。

Mclaren_1990.jpg
翌1990年、生でF1を見たかった私は鈴鹿サーキットに足を運んでいました。
しかし決勝レースではスタート直後の1コーナーでA.SennaとA.Prostが再び交錯しリタイヤ。A.Senna選手の走りは約8秒で終了となる大荒れのレースでした。(涙)

画像は決勝レース後のピット前の様子

A_Senna_1990.jpg
レース終了後、ピット裏でA.Senna選手と遭遇。”そっとしておいてくれ”というオーラがプンプンで、声をかける事も出来ず、写真を撮るのがやっとでした。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/228-3f1b778b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。