<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【トヨタFC型】 大型放水銃を持った消防ポンプ車

今回も群馬ネタになってしまいますが、たまたま通った道路沿いに古い車を置いている場所を発見。 そこにはトヨタの古いポンプ車をはじめ、縦目グロリア、ダイハツ3輪トラックが鎮座しておられました。 

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_1.jpg
3台の中で最も注目したのは、画像のトヨタのボンネット型消防ポンプ車。

この丸っこいスタイルは戦後の1951年に登場したBX型/FX型のデザインを踏襲し、1954年にフルモデルチェンジとなったBA型(ディーゼル)/FA型(ガソリン)の系統になります。 始動性とパワーを要求する点と、ホイル取り付けスタッドボルトが5本締めであるから、ガソリンエンジン搭載のショートホイルベース仕様のFC型のようです。

このクラスの消防車といえば、いすゞのTXシリーズの方が印象強く、トヨタFA型/FC型の消防車は初めて見ました。 年式を予測すると、ヘッドライト下の長方形の補助灯の有無と、フロントグリルのTOYOTAのエンブレムの大きさ、ワイパー形状などにより、1961年頃のモデルと思われます。(テールライトは赤単色仕様)

ちなみに、1961年前後より緊急車両の赤色回転灯が普及していくんですよね。

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_2.jpg
ボディ側面はスッキリとした印象です。

水槽タンクを持つこのポンプ車は、現場に急行すると同時に水源に頼ることなく、水槽上の放水銃によって強力な消火活動ができるという特徴をもっています。

また、この頃の給水用吸管は、ストレートタイプから柔らかいソフト吸管となり丸められて収納されるようになるました。

Toyota_FC80_Fire_pumpcar_3.jpg
一刻を争う現場で活躍するために生まれてきた車両なのに、顔つきが優しそうなのは、のどかな時代だった事を感じさせます。 現代は威嚇するような顔をした車両が多いのですが、この優しそうな目に今の車がどう映るのだろうか。


【Toyota FC Fire pumpcar】


1954年2月、BX型/FX型を改良したBA型/FA型の販売を開始。
1956年2月、マイナーチェンジを行われる。
1964年、後継機種のFA100型/DA100型が登場するに伴い、生産終了。

推定年式 1961-1962年
絶滅度 ★★★★★
レア度 ★★★★★
満足度 ★★★☆☆
状態  保存車
撮影地 群馬県
撮影日 2013年9月

スポンサーサイト

| Toyota | 12:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

挙げ足とりならすみません。
B型エンジンはF型エンジンの前身の直6OHVの3.4lのガソリンエンジンで、初代トヨタジープBJ型にも搭載していました。
ディーゼルの『二代目』BはJ型ディーゼルの代替でクチビルダイナ/デルタの登場に合わせダイハツが開発した直4ディーゼルエンジンですね。

さて、産業エンジンとして現在まで生産されてきたF型やD型エンジンですが、この度遂にリストラされるとか。
代替はハイエースの1KD等らしいく新聞記事では『ダウンサイジング』等と取り上げられて居ましたが、これって単なる生産コストの削減ですよね?
本来の『ダウンサイジング』とはずいぶん違うような・・・

| 元はとばす | 2013/09/23 19:59 | URI | >> EDIT

ちょいとパンプキン風味のこの顔、滅多に拝めませんよね。まだ保存されてて何より。以前、東北で元教習車という珍品を見たことありますよ。

| おけさ | 2013/09/27 22:34 | URI | >> EDIT

元はとばす様

エンジンに関する詳細を送って頂きありがとうございます。
フォークリフト等で生き残っているとは聞いていましたが、遂にリストラですか。

乗用車でいうダウンサイジングエンジンは過給器(ターボやスーパーチャージャー)が必要であって、本来の目的は”燃費向上”です。特に欧州メーカー中心にここ数年で広まってきたし、トラックの世界ではV10とかV12時代から直列6気筒ターボになりましたね。

ハイエースのエンジンンについては状況が分かりませんが、排気量が減少しているのであれば、『ダウンサイジング』と言っても間違いないです。コストダウンは生産台数の多さに比例しますので、ハイエース系エンジンであっても、専用部品が多い少量生産であればコストメリットは期待できません。


| Route★ZERO | 2013/10/01 08:29 | URI |

おけさ様

初代Ford Fシリーズなどを思い浮かべますね。

画像のトラックのご先祖様にあたる初期トヨタ製トラックは、米メーカーの部品と互換性を持たせた作りになっていたので、インチで作られていたりと米メーカーを参考にして設計されていたのが伺えます。

ほとんどこの型のトラックは見かけないので、元教習車を見かけられたのはラッキーでしたね。

| Route★ZERO | 2013/10/01 08:38 | URI |















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/232-bb65dcef

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。