<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【Hino ZM】 2013年を締めくくる大物を捕獲

2013年の年末は、家族で京都と奈良の観光スポット巡りを実行。
これまで出張などの際に京都の寺院を見尽くしたこともあり、清水寺、銀閣寺、伏見稲荷神社、奈良公園、東大寺、法隆寺と修学旅行の定番コースを巡ってみました。

古い車と同じように古い建築物にも興味があるのですが、昔の人が知恵を絞りだして造り上げた造形には必ず意味があり、現代においてもその技術が踏襲されていることが多くいろいろ勉強になります。 

Kiyomizu-dera.jpg
9:00頃の清水寺。
紅葉の時期もいいですが、薄らと雪化粧をした冬の清水寺もなかなかいい感じです。
12月12日、清水寺本堂で発表された”2013年の漢字”は「輪」でしたが、2輪車や4輪車などを連想してしまうのは私だけではないはずです。

Fushimi_Inari-taisha.jpg
伏見稲荷大社は外国人観光客にも人気のある観光地で、特に有名なのは画像の千本鳥居ですね。

観光地を巡ってみて、子供たちに「何処が一番良かった?」と聞いてみると、
「奈良公園の鹿が可愛かった!」「法隆寺にいたネコが可愛かった!」
子供から言わせると、神社仏閣よりも動物とふれあった方が数倍楽しかったようです。

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
前置きが長くなりました・・・
京都市近郊を車で移動中に70年代後半の日野ZMダンプを発見!
京都エリアは旧型のトラック目撃談があまり聞くことがなく、意外な場所での大物発見ということもあって、思わず「うぉっっ!」と叫んでしまい家族から「ビックリするから叫ぶな」と怒られました・・・

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
元所有者はコンクリート会社だったようですが、現在は廃材などを運搬するのに使われているようです。 ナンバープレートは残ったままですが、車検は切れてしまっているかもしれません。

ボディカラーはコンクリート会社らしい深緑と鶯色の2トーン仕様のZMらしい塗装を施しており、塗装剥がれ、錆などが目立つものの、欠品部品はなさそうです。

Hino_ZM_Kyoto_3.jpg
日野のバスマークと後期型の2段グリル、実にカッコいい組み合わせですね。

Hino_ZM_Kyoto_4.jpg
リアフェンダー付近の造形はあまり見たことのないデザインですが、京都近辺では一般的なんでしょうか? 堅牢なイメージでサイドバンパーとのマッチングも良いし、なかなかいいですね。


【Hino ZM 6×4 Dump】
製造期間 1977-1980年

1969年、日野の大型トラックシリーズをフルモデルチェンジ。
キャビンデザインは中型KLと統一。
日本初の1枚ガラスフロントウインドゥと3連ワイパーを装備。
1971年、マイナーチェンジを実施し「赤いエンジンシリーズ」の直噴エンジンを投入。
キャビンの搭載位置の変更および、中期型グリルを採用。
1975年、ゆとりのビックワン赤いエンジンを搭載。
外観では2段グリルやバンパー等が変更される。
1977年、快適性を向上させた「悠々キャビン」を搭載。
メーターパネルをラウンド化する。
1979年、昭和54年度 排ガス規制適合車の発売。
1980年、助手席側のドアに安全窓が入る。
1981年、ドルフィンシリーズに切り替わる。

絶滅度 ★★★☆☆
レア度 ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
状態  現役車
撮影地 京都府
撮影日 2013年12月

スポンサーサイト

| Hino | 21:58 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。
京都、良いですねぇ。中学の修学旅行で行った事はあるものの、あまり記憶がありません笑
いま、学校関連でお世話になっている方に京都へ招待されているのですが、それもなかなか…

年末にZMとは素晴らしい!!
やはりダンプだと「らしさ」が増しますね。なかなか見ることが無い、サイドアオリが開くボディも良い感じです!
後ろにも怪しいのがいますね笑

私も今年の締めということで、地元を巡りました。既に巡ったことのある場所でしたし、新規発見は全く期待してなかったんですが、FK、FV、キャブオールを新たに見つけ、意外な収穫のある締めとなりました!

来年もよろしくお願いいたします。良い新年をお迎えください!!

| EP100 | 2013/12/31 23:02 | URI | >> EDIT

あけましておめでとうございます。

ダンプのリヤフェンダーの形状は関西に多いようです。
本来は積み込み時にこぼれた土砂がフェンダー上に滞積するのを防ぐ為の機能的理由によるものだったかと記憶しております。

| 元はとばす | 2014/01/01 17:31 | URI | >> EDIT

理屈抜きにノックアウト、ミケロッティキャブのZMダンプ!!!!
同個体に掲げられた香坂みゆきポスターが脳裏に反射します★
ZMはZMでも中期型は「関根恵子」ポスターです。

| 真鍋清 | 2014/01/01 21:30 | URI |

EP100さま

今年もどうぞよろしくお願いします。
ZMダンプの陰に隠れてしまっていますが、後方には日産ディーゼルCW型(6×4):通称レゾナ中期型の重機運搬車が止まっていました。 レゾナ中期型も十分貴重な存在ではありますが、日野ZMの存在感には及びませんね。

まだまだ各地には未発掘の車両が沢山居るんですね。スクラップ、海外流出する前に是非とも拝んでおきたいものです。

| Route★ZERO | 2014/01/02 15:12 | URI |

元はとばす様

あけましておめでとうございます。
なるほど、関西地区に多いダンプ架装でしたか。
重機運搬車にしても地方色があって面白いですね。

| Route★ZERO | 2014/01/02 15:15 | URI |

真鍋清さま

この時代のトラックの室内にはヌードポスターを貼っていたりしたのを記憶しています。 現在でもそのような文化が残っているのであれば、萌え系のポスターなんかが主流になっているかも。

| Route★ZERO | 2014/01/02 15:20 | URI |

あけましておめでとうございます。

京都とは意外なところに現役が居たんですね。
関西はこちらより流入を含めて排ガス規制が厳しい印象なので、現役なのが驚きです。

本年もよろしくお願いいたします。

| FD830 | 2014/01/02 18:07 | URI | >> EDIT

FD830様

今年もよろしくお願いします。
京都市近郊はせいぜいドルフィン世代が見れる程度と思っていましたが、思わぬ大物の発見に驚きました。

地域特性でしょうか、ゴミ収集車などのお堅いイメージの車両がデコレートされていたりと、面白い発見などもありましたよ。

| Route★ZERO | 2014/01/04 13:25 | URI |

塗装がどこか京都市営バス風ですね。ZMも結構残ってるもんですね。

| おけさ | 2014/01/04 20:00 | URI |

おけさ様
何だかんだ言ってもZM,KF系は意外と残っていますね。後継機種であるスーパードルフィンの初期(丸目)やシャッターグリルよりも撮影した個体数が多いのですから。

| Route★ZERO | 2014/01/06 21:15 | URI |

いつも閲覧だけさせていただいてますが、今回は見覚えのある個体が出てきてまいりましたので、はじめてコメントさせていただきます。


こちらのZMなんですが、ここに来たのはここ2、3年のようでそれからは頻繁には動いてないようで、なにやら所有者は古いトラックが好きみたいでまわりに置いてある、レゾナやらもこのZMと同じ所有者みたいです。

この付近にはほかにもボントラ二台いますが、どちらともやはり同じ所有者みたいです。

京都の南の方には案外、古いトラック残ってますよ。

失礼しました。

| 京都人 | 2014/01/06 23:15 | URI | >> EDIT

あけましておめでとうございます

ここを定点観測している大先輩の話を聞いて、早々に行ってきました。

何というか、聞きしに勝る危険な雰囲気に閉口したのが正直な感想です。

周囲の立て看板が物語る通り、役所vsアウトローの最前線といった様相です。
物見遊座なら、周囲に民生TWやらいすゞTSDやら重機類が路駐されているので、効率よく回れてイイと思いますが...

飾ってるパッカー車は通称2廃と呼ばれる一般廃棄物の免許を持つ指定業者でしょう。
雲龍丸も滋賀の業者ですし、関西の伝統ですよ。

| Big Muski | 2014/01/07 12:38 | URI | >> EDIT

京都人さま

興味深い情報を教えて頂き有難うございました。
後日ストリートビュー(2009年8月撮影)で場所を確認すると付近には日野KS、UDレゾナ中期ダンプ、三菱ふそうFKなどが写っていますね。 いろんな意味でディープな世界と言えそうです。

画像の日野ZMダンプは新参者でしたか。 願わくは古都を走る姿を拝んでみたいです。

| Route★ZERO | 2014/01/08 20:01 | URI |

Big Muski様
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
目的地に向けて移動中だったため、付近の散策は行っていませんが、聞くところこの周辺は色んな意味でディープな場所みたいですね。

関東や九州北部エリアでは、パッカー車やバキュームカーをデコった車両を見た記憶がなく、関西系の奥深いデコトラ文化にビックリしました。

雲龍丸は姫路のイメージがありますが、滋賀だったんですね。

| Route★ZERO | 2014/01/08 20:11 | URI |

数年前の記事にコメントすいません(汗)


この辺り古〜いトラックが沢山いますよ♪
探索すればするほど見つかるって感じです笑
また訪れる事がありましたら是非探索して見て下さい^ ^

| Ahilu3535 | 2017/04/03 01:05 | URI | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://route0030.blog.fc2.com/tb.php/239-79dce170

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。